広告表示


2024年05月17日 (16:47)

瑞浪市の水野光二市長がJR東海に意見書【大湫町の水事案】

瑞浪市は、本日、5月17日(金曜日)に、
水野光二市長名による意見書を、
JR東海に提出した。

意見書は、大湫町地内の井戸やため池などで、
水位の低下または枯渇の状態が、
発生していることについて、
リニア中央新幹線日吉トンネル
(南垣外工区)新設工事の発注者である
JR東海へ出したもの。

瑞浪市によると、意見書には、
地元住民からの意見を集約したものと、
市としての意見・見解を合わせた。

瑞浪市としての意見・見解は、
①リニア掘削工事の即時停止および、
今回の事態に至った原因究明、
新たな水利の確保など、対策を講じること。
②これまで以上に、
地元に寄り添った対応を求める。
③地元住民および行政機関に対して、
迅速かつ積極的な情報開示。
また、早い段階で、
丁寧な説明および報告を行うこと。
以上、3点となっている。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2024年05月17日 (13:40)

瑞浪市が市職員採用PR動画を公開【おりべネットワークが制作】

瑞浪市は、瑞浪市職員を募集している
地方公務員として働くことの魅力を発信しようと、
瑞浪市職員採用PR動画
(職員採用プロモーション動画)を制作。
5月8日(水曜日)から、
瑞浪市公式YouTubeチャンネルで、
公開している。
web-TN3_5758.jpgweb-TN3_5747.jpg
市職員採用PR動画としては、
3年ぶりの制作。
事業費は約60万円で、映像制作は、
おりべネットワーク株式会社
(本社・多治見市音羽町)に委託した。
公開している映像は、
3分程度の本編2本と、
本編を30秒程度に編集した、
ショートバーション2本の計4本。
web01-mizu-r6-annai.jpgweb02-mizu-r6-annai.jpg
web03-mizu-r6-annai.jpgweb04-mizu-r6-annai.jpg
「まちをつくる人になる」をテーマに、
シティプロモーション課と、
商工観光課の市職員が出演し、
「やりがい」を語ったり、
業務内容を紹介したりしている。
【シティプロモーション課編】

【商工観光課編】
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2024年05月16日 (17:28)

瑞浪市議が大湫町を視察【リニア掘削工事による水事案】

瑞浪市では、リニア中央新幹線日吉トンネル
(南垣外工区)新設工事の影響により、
大湫町地内の井戸やため池などで、
水位の低下または枯渇の状態が発生している。
01TN3_5538.jpg02TN3_5548.jpg03TN3_5558.jpg
04TN3_5607.jpg05TN3_5624_20240516192609f67.jpg06TN3_5589.jpg
本日、5月16日(木曜日)には、
瑞浪市議会から、
成瀬徳夫議長とリニア特別委員会の市議、
計8人が現地を視察した。
07TN3_5669.jpg08TN3_5682.jpg09TN3_5693.jpg
10TN3_5713.jpg11TN3_5719_2024051619271316d.jpg12TN3_5720.jpg
瑞浪市議の一行は、「天王様の井戸」や、
共同水源「北組水源②(第二)」などを視察。
大湫コミュニティーセンターでは、
大湫町の纐纈富久区長会長から、
現状や要望などを聴いた。
13TN3_5708.jpg14TN3_5734.jpg15TN3_5730.jpg
なお、JR東海は、ボーリング調査を行うため、
掘削工事を一時中断するとのこと。
※掲載写真は地元住民の許可・協力により撮影。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2024年05月15日 (16:54)

水野光二瑞浪市長がJR東海に要望【大湫町の水事案について】

瑞浪市の水野光二市長は、
大湫町地内の井戸やため池などで、
水位の低下または枯渇の状態が、
発生している事案について、所見を述べた。

瑞浪市では、
リニア中央新幹線日吉トンネル新設
(南垣外工区)工事が、
日吉町と大湫町で行われており、
工事の発注者であるJR東海は、
当該事案と工事との因果関係を認めている。

【水野光二市長のコメント】
地元住民は、工事の進捗(しんちょく)により、
次第に拡大する井戸枯れ等の事態に、
大変心配している。
地元では、これから田植えのシーズンも迎える。
JR東海におかれては、
まずは、地元住民の生活の保障を最優先とし、
至急、今回の事態の原因を分析して、
恒久的対策を考えていただきたい。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2024年05月15日 (15:31)

麗澤瑞浪中の生徒が瑞浪市のまちづくりに提言【市職員らが審査】

麗澤瑞浪中学・高等学校
(瑞浪市稲津町萩原・藤田知則校長)の
中学2年生64人が、17のグループに分かれて、
「瑞浪市のまちづくり」をテーマにした、
探究学習に取り組んだ。
01TN3_5393.jpg02TN3_5399_20240515171616a03.jpg03TN3_5410.jpg
本日、5月15日(水曜日)には、
「瑞浪市まちづくりプロジェクト発表会」を、
同校(2会場)で開催。
生徒たちは瑞浪市職員らに提言を行った。
04TN3_5426.jpg05TN3_5428.jpg06TN3_5430.jpg
麗澤瑞浪中学校では「総合的な学習の時間」を、
「RISE」(ライズ)と名付けて、週に1度、
探究学習に取り組んでいる。
「瑞浪市のまちづくり」をテーマにした探究学習は、
令和2(2020)年度から開始。
本日発表した2年生は、
昨年度、令和5(2023)年度の
1年生の時から取り組んでおり、年度をまたいだ、
継続研究の成果を披露した。
07TN3_5443.jpg08TN3_5451.jpg09TN3_5464.jpg
発表に対する審査は、稲津町のNPO法人
「明日の稲津を築くまちづくり推進協議会」の
勝股清治理事長(きよはる)のほか、
瑞浪市役所市民協働課の市職員3人が務めた。
10TN3_5468.jpg11TN3_5479.jpg12TN3_5487.jpg
生徒らは、
「自然を生かした観光施設の魅力発信」や、
「廃棄野菜ジュースの制作」、
「万人受けのグランピング場」、
「いろいろな人と出会える
インクルーシブ公園」などを提案。
13TN3_5492.jpg14TN3_5495.jpg15TN3_5499.jpg
審査員らは、
「瑞浪市の観光施設を紹介してくれたが、
実際に訪れたことはあるのか。
それとも、観光パンフレットなどを、
参考にしたのか」とか、
「廃棄野菜が出る率は、日本全体の数値なのか、
それとも瑞浪市の数値なのか」、
「万人受けのグランピング場を提案しているが、
高齢者には、どんなサービスを提供するのか」、
「今後の参考にするためにも、
既にインクルーシブ公園がある自治体は、
どこか」などと、質問を投げ掛けていた。
16TN3_5503.jpg17TN3_5505.jpg18TN3_5526.jpg
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示