2022年05月18日 (10:56)

稲津小学校5年生が3年ぶりの田植え体験【米作りの苦労を】

瑞浪市立稲津小学校《稲津町小里・
奥村尚浩校長(おくむらたかひろ)》の
5年生34人が、学校近くの田んぼ
(稲津町小里・小井沢川沿い)で、
田植え作業を体験した。
01TN1_4465.jpg02TN1_4475.jpg03TN1_4506.jpg
04TN1_4526.jpg05TN1_4530_20220518115225123.jpg06TN1_4535.jpg
稲津小学校の5年生は、毎年、
総合的な学習の一環として、米づくりに挑戦
約200平方メートルの田んぼ(水田)を、
地元住民から借り受けて、取り組んでいる。
以前は、もち米「ココノエモチ」の苗を植え、
収穫後、もちつきをして、もちにしていた。
衛生上、もちつきができなくなったため、
五平餅(ごへいもち)に変更。
そのため、平成26(2014)年からは、
うるち米(普通の米)の苗を植えている。
今年は「ミネアサヒ」を定植した。
07TN1_4538.jpg08TN1_4567.jpg09TN1_4559.jpg
10TN1_4562.jpg11TN1_4575.jpg12TN1_4581.jpg
なお、新型コロナウイルス感染症対策として、
令和2(2020)年と、
令和3(2021)年の2年間は、
児童による田植えは行わず、機械で済ませた。
ただし、稲刈りについては、
この2年とも、児童が実施。
児童による田植えは、3年ぶりとなった。
13TN1_4594.jpg14TN1_4586.jpg15TN1_4590.jpg
16TN1_4606.jpg17TN1_4621.jpg18TN1_4603.jpg
今年は、5月16日(月曜日)に、
JAとうと(陶都信用農業協同組合)経済部の
伊納由美係長らを学校に招き、
事前学習(社会科・座学)を開催。
米作りの流れや田んぼの役割などを学んだ。
19TN1_4624.jpg20TN1_4633.jpg21TN1_4634.jpg
22TN1_4674.jpg23TN1_4637.jpg24TN1_4640.jpg
本日の田植え作業体験には、
田んぼの世話をする中山修さん(稲津町・おさむ)や、
稲津公民館の正村京司館長、保護者らが協力。
苗の植え方を教わった児童らは、
素足で田んぼに入った。
最初のうちは、泥の感触に、
「怖いよ~」とか「気持ち悪い」などと、
歓声を上げていたが、しばらくすると、
夢中になって植えだした。
25TN1_4649.jpg26TN1_4651.jpg27TN1_4658.jpg
28TN1_4669.jpg29TN1_4680.jpg30TN1_4695.jpg
なお、児童らは、
10月中旬に稲刈りを、
10月下旬に脱穀を行う予定。
収穫した米は、
新型コロナウイルス感染症の影響で、
収穫祭」が開けない場合は、
自宅に持ち帰ったり、
宿泊研修で食べたりする。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2022年05月16日 (17:20)

瑞浪市教育研究所が教職員にデジタル情報配信を開始

瑞浪市教育研究所は、今年の5月から、
Google(グーグル)が提供する、
インターネットサービスを活用した、
教職員向けの情報発信を開始した。
01TN1_4403_202205161749182c0.jpg02TN1_4405.jpg
瑞浪市教育研究所では、
教職員に対する情報発信手段として、
2カ月に1度、紙媒体による、
「教育みずなみ」を発行。
瑞浪市の教職員約290人に、
1人につき1部ずつ、配布している。
また、昨年度からは随時、特別号として、
「研究所だより」も発行してきた。
03TN1_4391.jpg04TN1_4382.jpg
瑞浪市教育委員会(瑞浪市教育研究所)は、
昨年度、令和3(2021)年度を、
ICT元年みずなみ」と位置付け、
タブレット端末を活用した、教育指導を推進した。
本年度、令和4(2022)年度は、
「ステップアップ(第2段階)」として、
授業におけるICTの効果を、検証・実証する。
さらに、児童・生徒・保護者らに向けて、
各学校で発行している紙媒体、
「学校だより」や「学級通信」なども、
デジタル化し、データ配信ができないか、まずは、
教育研究所と教職員との間で、取り組むことにした。
05TN1_4410.jpg06TN1_4412_20220516174908882.jpg
Google Sites
(グーグルサイト)および、
Google Classroom
(グーグルクラスルーム)を活用。
「ICT Communication MIZUNAMI」の頭文字から、
「ICM通信」と名付け、第1号「令和4年4月号」を、
5月2日(月曜日)に発信した。
第1号では、山田幸男教育長の話や、
先駆的にICTに取り組んでいる教師へのインタビュー、
WEB配信授業の方法などを、
動画で紹介している。

「研究所だより」の発行は取りやめるが、
「教育みずなみ」の発行は継続。
「ICM通信」は月1回発信し、
紙とデータの『ハイブリッド配信』を行う。
なお、瑞浪市教育研究所によると、
教職員向けの情報発信ツールとして、
「Google Sites」および、
「Google Classroom」を活用するのは、
岐阜県内の教育研究所では、初めてとのこと。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2022年05月16日 (11:05)

瑞浪市内全7小学校でスナッグゴルフ授業を【ゴルフの町みずなみ実行委員会】

ゴルフの町みずなみ実行委員会
(板垣廣光実行委員長・
事務局=瑞浪商工会議所)は、
本年度、令和4(2022)年度から、
瑞浪市内の全小学校(7校)で、
「スナッグゴルフ授業」を開始する。
本年度、第1回目の授業が、本日、
瑞浪市立土岐小学校(土岐町)で開かれ、
6年生59人が挑戦した。
01TN1_4185.jpg02TN1_4192.jpg03TN1_4205.jpg
04TN1_4199.jpg05TN1_4227.jpg06TN1_4215.jpg
瑞浪市内には、13のゴルフ場があり、
「ゴルフの町みずなみ」を掲げながら、
市を挙げて、PRを図っている。
ゴルフの町みずなみ実行委員会では、
将来のゴルフ人口を増やそうと、
ゴルフの初心者向けスポーツで、
子供の教育にも役立つ、
スナッグゴルフ」に注目。
平成30(2018)年度から、
「スナッグゴルフ体験会」を開催しているほか、
令和3(2021)年11月には、
瑞浪市内の小学4~6年生を対象にした、
スナッグゴルフ大会」を初開催した。
web-miyake-EPSON063.jpg
授業の一環として、小学生に教えるのは、
平成29(2017)年6月に開始した、
瑞浪市立瑞浪小学校(北小田町)が最初で、
令和3(2021)年度には、
瑞浪市立釜戸小学校(釜戸町)でも実施。
本年度、令和4(2022)年度からは、
小学4年生から6年生まで、
各校によって対象学年は異なるが、
瑞浪市内全7小学校において、
「スナッグゴルフ授業」をスタートさせる。
07TN1_4221.jpg08TN1_4289.jpg09TN1_4296_20220516130615f7a.jpg
10TN1_4253.jpg11TN1_4264.jpg12TN1_4268.jpg
現在、スナッグゴルフの指導者として、
プロゴルファーやティーチングプロ、
ゴルフ場の支配人、自治会関係者、
瑞浪市スポーツ推進委員ら、42人が登録。
本日は、延べ15人が来校し、児童に教えた。
グラウンドの広さを考慮し、
2組(クラス)をグループに分け、
時間をずらしながら行った。
13TN1_4286.jpg14TN1_4323.jpg15TN1_4276.jpg
16TN1_4241.jpg17TN1_4301.jpg18TN1_4240.jpg
児童らは最初に、ランチャー(アイアン)と、
ローラー(パター)の2種類のクラブについて、
握り方や打ち方を学習。
ショットとパターの練習をした後、
グラウンドに設けた4ホール
(スナッグフラッグ)を回った。
力みすぎて、空振りやOBになる児童もいたが、
元気いっぱい楽しんでいた。
19TN1_4189.jpg20TN1_4310.jpg21TN1_4339.jpg
22TN1_4348.jpg23TN1_4352.jpg24TN1_4338.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2022年05月13日 (12:36)

瑞浪市が酒波神社の銅鏡1面を買い戻す【所在不明の出土品】

瑞浪市は、大正時代に、瑞浪市日吉町の
酒波神社(さかなみじんじゃ)から出土し、
所在不明となっていた銅鏡1面を、
名古屋市昭和区の古物商から購入。
瑞浪市陶磁資料館(明世町山野内)で、
5月13日(金曜日)から、
6月12日(日曜日)まで展示する。
01TN1_2394.jpg02TN1_2404.jpg03TN1_2408.jpg
04TN1_2413.jpg05TN1_2420.jpg06TN1_2422.jpg
考古学者で民俗学者の故・林魁一氏
(1875~1961・はやしかいいち)が、
昭和7(1932)年に記した、
「美濃國土岐郡日吉村經塚及び發見遺物」
(考古学雑誌・第22巻・第9号)によると、
酒波神社の境内、本殿裏手の塚に、
経典を埋めた「経塚」(きょうづか)があり、
大正時代に発掘したところ、鏡や壺(つぼ)、
古銭、短刀(刀子)などが見付かったという。
07TN1_2480_202205131417063cd.jpg08TN1_2392.jpg09TN1_2380.jpg
鏡については、5面あったとされるが、
林魁一氏が書いた昭和7(1932)年の時点で、
既に2面が所在不明となっていた。
林氏は、残りの3面について、拓本をとっており、
今回の購入品は、そのうちの1面と、
同じ物であることが確認できた。
10TN1_2414_202205131417258e2.jpg11TN1_2464.jpg12TN1_2474.jpg
13TN1_2427.jpg14TN1_2437.jpg15TN1_2446.jpg
鑑定は、瑞浪市文化財審議会で行われ、
鏡の専門家・久保智康さんが臨時委員として参加。
瑞浪市文化財審議会では、
①直径が9・1センチ、最大厚は0・5センチ、
重量は46・3グラム。
②約800年前の平安時代末期から鎌倉時代初期
(12世紀末~13世紀前半)に制作。
③背面の文様から、「洲浜山吹双鳥鏡」
(すはまやまぶきそうちょうきょう)と命名。
など、本物と判断し、
購入価格55万円(税込み)も妥当とした。
web01-R3-3th-mizu-.jpgweb02-R3-3th-mizu-.jpgweb03-R3-3th-mizu-.jpgweb04-R3-3th-mizu-.jpg
なお、酒波神社の経塚からの出土品については、
今回、瑞浪市が購入した鏡1面のほか、
「和鏡」(わきょう)1面が、
土岐市の文化財(工芸品)に指定されている。
この和鏡については、土岐市教育委員会が、
発行した冊子「土岐市の文化財」に、
「酒波神社の経塚から発掘」と明記してあり、
林魁一氏が残した拓本の鏡1面と、合致している。
ただし、残りの鏡3面をはじめ、そのほかの出土品、
壺・刀子・古銭などは、逸したままとなっており、
瑞浪市は情報提供を呼び掛けている。
web01-mizu-mirror-EPSON056.jpgweb02-mizu-mirror-EPSON057.jpg
web03-mizu-mirror-EPSON057.jpgweb04-mizu-mirror-EPSON056.jpg
問い合わせは、瑞浪市陶磁資料館
(TEL0572─67─2506)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2022年05月11日 (16:42)

瑞浪市がWEB版「合同企業説明会」を開設【2022年は28社を紹介】

瑞浪市は、特設ウェブサイト
「瑞浪市Web合同企業説明会
『オール瑞浪・企業フェス2022』」を開設。
公開期間は、
令和4(2022)年4月18日から、
令和4(2022)年12月28日まで。
01TN1_2050.jpg02TN1_2067.jpg
瑞浪市Web合同企業説明会
「オール瑞浪・企業フェス2022」は、
下記のリンクから。
http://all-mizunami.com/

瑞浪市は、就職を希望する高校生に、
瑞浪市内に事業所を持つ企業などを知ってもらおうと、
平成29(2017)年度から、瑞浪市合同企業説明会
「オール瑞浪・企業フェス」を、『対面式』で開催。
平成29(2017)年度は32社が、
平成30(2018)年度は43社が、
平成31/令和元(2019)年度は45社が参加し、
各企業の採用担当者らが、高校生・保護者・教職員に、
自社の特長をPRした(就職説明会ではない)。
web01-all-mizunami-2022.jpgweb02-all-mizunami-2022.jpg
令和2(2020)年度と令和3(2021)年度は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
開催できなかった。
本年度、令和4(2022)年度の
対面式については、現在検討中とのこと。
web03-all-mizunami-2022.jpgweb04-all-mizunami-2022.jpg
令和3(2021)年度からは、対面式に加え、
『WEB版』の合同企業説明会も開設。
WEB版の合同企業説明会2022では、
瑞浪市役所や瑞浪商工会議所なども含め、
28社を紹介しており、うち20社は動画も掲載
(昨年度は43社で、うち41社が動画を掲載)。
WEB版については、インターネットでの紹介のため、
高校生に限らず、大学生や一般求職者も対象とし、
サイト内の問い合わせフォームから、
各企業へ質問などができる。
03TN1_2061_2022051116271484b.jpg
また、本年度も、WEB版の公開に合わせて、
QRコードを掲載した「リーフレット」を作成。
リーフレットは4000部を印刷し、
瑞浪高校や中京高校、中京学院大学などに配布した。
特設ウェブサイトの構築費やリーフレットの制作費など、
瑞浪市Web合同企業説明会の事業費は、約120万円。

問い合わせは、瑞浪市役所・経済部・商工課
(TEL0572─68─9805)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。