広告表示


2023年10月22日 (17:42)

子供と人形が式三番叟を共演【第17回「半原文楽の日」】

岐阜県重要無形民俗文化財
《指定=昭和33(1958)年》
「半原操り人形浄瑠璃」(半原文楽)が、
瑞浪市日吉町の半原公民館
(文楽館)で上演された。
01TN3_1388.jpg02TN3_1382.jpg03TN3_1387.jpg
半原操り人形浄瑠璃(半原文楽)は、
日吉町の半原区(渡邉茂春区長)が主催。
40歳から81歳までの区民ら25人でつくる、
半原操り人形浄瑠璃保存会
(安藤午一会長・69歳)のメンバーが演じた。
04TN3_1400.jpg05TN3_1405.jpg06TN3_1410.jpg
半原区では、10月の第4日曜日を、
「半原文楽の日」として定めており、
文楽館で毎年、定期公演を行っている。
平成31/令和元(2019)年に、
第16回の公演を催したが、
令和2(2020)年・令和3(2021)年・
令和4(2022)年の3年間は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、中止。
今年、令和5(2023)年は、
第17回として、4年ぶりに開催した。
07TN3_1416.jpg08TN3_1429.jpg09web-TN3_1446.jpg
17回目の今回は、
「式三番叟」(しきさんばそう)・
「傾城阿波の鳴門・八段目・
順禮歌の段(順礼歌の段)」・
「絵本太功記・十段目・尼ヶ崎の段」の
3演目を披露した。
web01-Bunraku-2023-1022-EPSON052.jpg
「式三番叟」では、半原区に住む、
瑞浪市立日吉小学校の児童4人
(5年生1人・4年生1人・
2年生1人・1年生1人)が出演。
人形の動きをまねた「子供素踊り」を披露した。
子供素踊りは、将来の人形遣いを育成したり、
古里の思い出をつくったりするためのもの。
4人の小学生は、
式三番叟の「翁」(おきな)と一緒に、
愛らしい「素踊り」を演じた。
web02-Bunraku-2023-1022-EPSON054.jpg
また、半原操り人形浄瑠璃保存会は、
「傾城阿波の鳴門・順礼歌の段」を、
初めて上演した。
人形1体につき、「主遣い」・「左遣い」・
「足遣い」の3人で、巧みに操った。
三位一体の妙に、詰め掛けた約80人の観客は、
拍手を送ったり、おひねりを投げたりした。
下の動画は「式三番叟」を収録。
カテゴリ : 動画&特集記事のURL

2023年10月08日 (23:20)

雨の中で流鏑馬400年祭【参道を人馬一体で駆ける】

八幡神社(黒田正直宮司)と、
土岐市流鏑馬行事保存会(渡辺慶信会長)は、
土岐市指定無形文化財の
「流鏑馬」(やぶさめ)神事を、
八幡神社(土岐市妻木町)に奉納した。
あいにくの雨天に見舞われたが、人馬一体、
少年騎手らは勇ましく馬を走らせた。
web01-toki-yabusame-400-2023-EPSON024.jpg
八幡神社の流鏑馬は、
江戸時代初期の元和9(1623)年に、
妻木の領主だった妻木雅楽助家頼
(旗本7500石)が旅所を造営し、馬1頭を、
八幡神社に寄進したことが始まりとされる。
今年、令和5(2023)年は、
400年の節目の年に当たるため、
「流鏑馬四〇〇年祭」と銘打った。
web02-toki-yabusame-400-2023-EPSON026.jpg
明治3(1870)年を最後に、
流鏑馬は廃絶したが、
明治14(1881)年に再興。
明治14(1881)年の再開以降、
矢を射らない、弓を引くだけの流鏑馬
(弓取り式)を行ってきたが、
平成30(2018)年からは、
矢を上空へ放つようになり、
さらに令和2(2020)年からは、的を設置し、
馬を静止させた状態だけではなく、
走らせた状態からの騎射も行うようになった。
そのため、令和4(2022)年から、
「馬上射芸」を正式に復活させた。
01-DSC00614.jpg02-DSC00615.jpg
平成30(2018)年に、
サラブレッドから木曽馬に変更。
今年の馬は9頭で、
土岐市流鏑馬行事保存会が飼育している
木曽馬「新一」と、木曽馬の里木曽馬乗馬センター
(長野県木曽郡木曽町)が所有する木曽馬7頭、
三国ウエスト農場(愛知県瀬戸市)が所有する
道産子(北海道和種)「松風」1頭に騎乗した。
03-DSC00616.jpg04-DSC00617.jpg
流鏑馬の少年騎手(乗り子)と、
お神楽の巫女(みこ)は、
土岐市立妻木小学校の5・6年生が務めた。
馬を走らせながら矢を放つ「馬上射芸」は、
流鏑馬保存会指導部の中学生1人と、
高校生4人の合計5人が披露した。

下の動画は「流鏑馬神事」を撮影。
カテゴリ : 動画&特集記事のURL

2022年10月09日 (21:32)

雨の中で流鏑馬神事【土岐市妻木町の八幡神社】

八幡神社(黒田正直宮司)と、
土岐市流鏑馬行事保存会(渡辺慶信会長)は、
土岐市指定無形文化財の
「流鏑馬」(やぶさめ)神事を、
八幡神社(土岐市妻木町)に奉納した。
あいにくの雨天に見舞われたが、
少年騎手らは勇ましく馬を走らせた。
01-DSC00595.jpg02-DSC00596.jpg03-DSC00603.jpg
毎年10月の第2日曜日に催しているが、
令和2(2020)年と令和3(2021)年は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、中止とし、
流鏑馬の「代替行事」を実施した。
今年、令和4(2022)年は、
湯立神事や火縄銃の実演など、
中止にした神事や行事もあったが、
本来の祭りとして、執り行った。

八幡神社の流鏑馬は、江戸時代初期の
元和9(1623)年に、妻木の領主だった、
妻木雅楽助家頼(旗本7500石)が旅所を造営し、
馬1頭を、八幡神社に寄進したことが始まりとされる。
明治3(1870)年を最後に、流鏑馬は廃絶したが、
明治14(1881)年に再興した。
04-DSC00604.jpg05-DSC00605.jpg06-DSC00606.jpg
明治14(1881)年の再開以降、
矢を射らない、弓を引くだけの流鏑馬
(弓取り式)を行ってきたが、
平成30(2018)年からは、
矢を上空へ放つようになり、
さらに令和2(2020)年からは、的を設置し、
馬を静止させた状態だけではなく、
走らせた状態からの騎射も行うようになった。
そのため、今年、令和4(2022)年からは、
「馬上射芸」を正式に復活させた。

今年の馬は9頭で、
土岐市流鏑馬行事保存会が飼育する木曽馬
「新一」と、木曽馬の里木曽馬乗馬センター
(長野県木曽郡木曽町)が所有する木曽馬7頭、
三国ウエスト農場(愛知県瀬戸市)が所有する
道産子1頭。
07-DSC00607.jpg08-DSC00608.jpg09-DSC00610.jpg
流鏑馬の少年騎手(乗り子)と、
お神楽の巫女(みこ)は、
土岐市立妻木小学校の5・6年生が務めた。
馬を走らせながら矢を放つ「馬上射芸」は、
流鏑馬保存会指導部の中学生1人・高校生1人・
社会人1人の計3人が披露した。

ちなみに、八幡神社の流鏑馬は、
来年、令和5(2023)年に、
400年の節目を迎える。

下の動画は「流鏑馬神事」を撮影。
カテゴリ : 動画&特集記事のURL

2021年10月10日 (17:37)

流鏑馬代替行事で疫病退散を祈願【妻木八幡神社で昨年と同様に】

土岐市妻木町の八幡神社(黒田和彦宮司)では、
毎年10月の第2日曜日に、土岐市指定無形文化財の
「流鏑馬」(やぶさめ)神事が奉納される。
昨年と同様、今年、令和3(2021)年も、
新型コロナウイルス感染症対策で、中止にした。
本日、10月10日(日曜日)は、
流鏑馬の代替行事が行われたが、非公開で実施。
そのため、参加者は、
土岐市流鏑馬行事保存会(渡邉慶信会長)の会員や、
八幡神社の関係者、地元の自治会役員、
少年騎手・巫女(みこ)の保護者らに限った。
01-DSC00584.jpg02-DSC00588.jpg
八幡神社の流鏑馬は、江戸時代初期の
元和9(1623)年に、妻木の領主だった、
妻木雅楽助家頼(旗本7500石)が旅所を造営し、
馬1頭を、八幡神社に寄進したことが始まりとされる。
明治3(1870)年を最後に、流鏑馬は廃絶したが、
明治14(1881)年に再興した。

流鏑馬神事の中止に伴い、鉄砲隊の武者行列や、
花馬・獅子舞・神輿渡御(みこしとぎょ)なども、
取りやめとなり、露天商の出店もなかった。
流鏑馬の弓矢(弓取り式)については、
矢をつがえず、弓を引くまねだけだったが、
平成30(2018)年の神事から、
先にスポンジが付いた矢を、上空へ放つようになった。
昨年、令和2(2020)年からは、
的を設置し、馬を静止させた状態だけではなく、
走らせた状態からの騎射も行った。
03-DSC00591.jpg04-DSC00594.jpg
馬は木曽馬4頭で、
土岐市流鏑馬行事保存会が飼育する「新一」と、
木曽馬の里木曽馬乗馬センター
(長野県木曽郡木曽町)が所有する3頭。
騎手(乗り子)は計9人で、内訳は、
社会人1人(25歳)・高校1年生1人・
西陵中学校の生徒5人
(3年生3人・2年生1人・1年生1人)・
妻木小学校の6年生1人(乗馬未経験)の
妻木町在住者8人と、木曽馬の里の中川剛場長。
なお、巫女として、神楽舞を披露した、
妻木小学校の6年生5人については、全員初出演。

的には、新型コロナウイルス感染症の終息を祈願し、
妻木小学校の6年生35人が、寄せ書きを施した。
騎射では、矢をつがえるのに手間取り、
的を通り過ぎてしまう騎手(乗り子)もいた。
中学1年生と小学6年生の少年騎手2人は、
「疫病退散!ホホーイ」などと掛け声を発しながら、
参道を駆け上がった。
※写真はビデオカメラで撮影。
下の動画は流鏑馬代替行事の様子。
カテゴリ : 動画&特集記事のURL

2021年07月21日 (22:24)

小里川ダムのスペシャル動画を公開【ツイッター&インスタで】

国土交通省・中部地方整備局・
庄内川河川事務所は、
本日、7月21日(水曜日)から、
小里川ダムにまつわるスペシャル動画4本を、
順次公開する。
web01-origawa-2021-07.jpgweb02-origawa-2021-07.jpg
森と湖に親しむ旬間
(7月21日~7月31日)に合わせて、
小里川ダムとその周辺の施設などを紹介。
ドローンで撮影した迫力の映像や、
普段は立ち入ることができない、
転流トンネルの映像などを、
順次アップしていく。

【庄内川河川事務所の公式ツイッターURL】
https://twitter.com/mlit_shonai

【小里川ダム管理支所の公式インスタグラムURL】
https://www.instagram.com/origawadam/?hl=ja

問い合わせは、小里川ダム管理支所
(TEL0573─59─0056)まで。
カテゴリ : 動画&特集記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示