2021年10月11日 (10:15)

土岐市役所でセラテクノ土岐展の第2弾【2講座の成果を披露】

土岐市は、本日、10月11日(月曜日)から、
「土岐市立陶磁器試験場・
セラテクノ土岐展in市役所」の第2弾を、
土岐市役所(土岐津町土岐口)本庁舎(1階)・
多目的スペースB(西側)で開いた。
会期は10月14日(木曜日)までで、
最終日は午後4時30分まで。
01TN1_5466.jpg02TN1_5377_202110111037371fe.jpg03TN1_5388.jpg
土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
(肥田町肥田)の取り組みを紹介する展示で、
7月の第1弾に次ぐ、第2弾(第2回)。
今回は「児童生徒能力開花応援事業・
夏休みワークショップ@陶磁器試験場」に伴う、
がば鋳込み(いこみ)で風鈴づくり」と、
「ミニトンネル窯で絵付け体験」の
2講座の成果を披露した。
土岐市立陶磁器試験場(土岐市美濃焼振興室)が、
土岐市内の小学生を対象にした、
夏期講座を開くのは、今回が初めて。
04TN1_5403.jpg05TN1_5430.jpg06TN1_5427.jpg
「がば鋳込みで風鈴づくり」には、
小学5・6年生の親子、12組24人が受講。
会場では24個の風鈴がつるされ、扇風機や、
サーキュレーター(空気循環器)の風を受けて、
心地良い音を鳴らしている。
舌(ぜつ)の部分に工夫が見られ、
鮭(さけ)の切り身が入ったおにぎりや、
魚をくわえた猫などに注目が集まっている。
07TN1_5412.jpg08TN1_5423.jpg09TN1_5436.jpg
「ミニトンネル窯で絵付け体験」には、
小学3・4年生16人が参加し、
磁器製のピンバッチやストラップなどを制作。
陶磁器試験場が開発した「ミニトンネル窯」で、
上絵付けを焼き付けた。
10TN1_5449.jpg11TN1_5457.jpg12TN1_5439.jpg
問い合わせは、セラテクノ土岐
(TEL0572─59─8312)まで。
このページへチップを贈る

2021年10月05日 (11:01)

東濃西部3市で第41回交通安全ポスターコンクールの展示会

第41回交通安全ポスターコンクールの展示会が、
東濃西部3市の各市役所で、順次、開かれる。
10月5日(火曜日)から8日(金曜日)までは、
土岐市役所(1階)多目的スペースで、
10月13日(水曜日)から18日(月曜日)までは、
瑞浪市役所本庁舎(1階)ロビーで開く。
多治見会場については、未定。
※写真は土岐市役所の様子。
01TN1_4782.jpg02TN1_4826.jpg
交通安全ポスターコンクールは、
東濃三市安全都市連絡協議会
(事務局=土岐市)が主催。
多治見市・土岐市・瑞浪市の小・中学生、
118人が応募し、審査の結果、
入賞・入選作品など、31点が選ばれた。
03TN1_4809.jpg04TN1_4815_20211005112255ec1.jpg
入賞者らは次の皆さん。
《小学生の部》
【最優秀賞】日比野佳那
(瑞浪市立日吉小学校5年・ひびのかな)
【岐阜県東濃県事務所長賞】森耀孝
(多治見市立小泉小学校2年・もりてるたか)
【多治見警察署長賞】土屋瑠里歌
(土岐市立駄知小学校2年・つちやるりか)
【二席】楓陽向
(多治見市立根本小学校1年・かえでひなた)
【二席】山内羽菜
(瑞浪市立明世小学校3年・やまうちはな)
【二席】松岡昇弥
(瑞浪市立土岐小学校2年・まつおかしょうや)
【佳作】森田暖己
(多治見市立根本小学校6年・もりたはるき)
【佳作】愛知樹里
(瑞浪市立稲津小学校5年・あいちじゅり)
【佳作】平岡蒼都
(多治見市立脇之島小学校5年・ひらおかあおと)
【入選】奥村幸久
(多治見市立笠原小学校6年・おくむらゆきひさ)
【入選】濵田倖輔
(瑞浪市立稲津小学校5年・はまだこうすけ)
【入選】渡邉蒼唯
(瑞浪市立瑞浪小学校6年・わたなべあおい)
【入選】齊藤瑛斗
(多治見市立滝呂小学校5年・さいとうえいと)
【入選】原汐那
(瑞浪市立瑞浪小学校2年・はらしおな)
【入選】梅村唯愛
(瑞浪市立稲津小学校5年・うめむらゆいな)
05TN1_4838.jpg06TN1_4840.jpg
《中学生の部》
【最優秀賞】築山心緒
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・つきやまみお)
【岐阜県東濃県事務所長賞】今井紗矢
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・いまいさや)
【東濃地区交通安全協会長賞】鵜飼紘矢
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・うかいひろや)
【二席】倉智ゆうな
(土岐市立濃南中学校3年・くらちゆうな)
【二席】加藤妃向
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・かとうひなた)
【二席】纐纈大翔
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・こうけつだいと)
【佳作】加知正太郎
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・かちしょうたろう)
【佳作】柴田蘭
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・しばたらん)
【佳作】小木曽柑菜
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・こぎそかんな)
【入選】大島彩生
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・おおしまさき)
【入選】土本爽優美
(土岐市立土岐津中学校2年・つちもとさゆみ)
【入選】井箟瑠奈
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・いのうるな)
【入選】伊藤大貴
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・いとうだいき)
【入選】大脇愛華
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・おおわきまなか)
【入選】武市萌愛
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・たけいちめい)
【入選】工藤未夢
(瑞浪市立瑞浪南中学校2年・くどうみゆ)
07TN1_4789.jpg08TN1_4801.jpg
このページへチップを贈る

2021年10月03日 (17:10)

天野裕夫さんの彫刻展が瑞浪市市之瀬廣太記念美術館で【会期を変更】

企画展「天野裕夫彫刻展・大湫大杉のカタチ」が、
瑞浪市市之瀬廣太記念美術館
(明世町戸狩)で開かれている。
会期は当初、9月11日(土曜日)から、
11月14日(日曜日)までとしていたが、
緊急事態宣言で、臨時休館となったため、変更。
新たな展示期間を、10月1日(金曜日)から、
11月28日(日曜日)までとした。
01TN1_3203_20211003182718ca5.jpg02TN1_3230_2021100318272126b.jpg03TN1_3241.jpg
彫刻家の天野裕夫さんについては、
過去記事」を参照。
web01-amano.jpgweb02-amano.jpg
瑞浪市大湫町出身・在住の天野裕夫さんは、
昭和29(1954)年3月1日生まれ。
瑞浪市市之瀬廣太記念美術館での展覧会は、
平成7(1995)年、
平成29(2017)年に次いで、3回目。
04TN1_3247.jpg05TN1_3271.jpg06TN1_3274.jpg
今展では、大湫町の「大湫神明神社の大杉」を、
素材にした作品を中心に、22点を展示。
大湫神明神社の大杉(大湫の大杉)は、
令和2(2020)年7月11日に、
豪雨の影響などで倒伏したが、
倒伏前の平成24(2012)年には、
枯れ枝の伐採など、維持保存処置事業を実施。
天野裕夫さんは当時から、伐採の際に出た枝と、
ブロンズなどを組み合わせた作品を制作している。
今回は、天野裕夫さんの作品を展示することで、
大杉の魅力を伝えるとともに、大杉の保存活用に、
努めている地域の取り組みも紹介する。
07TN1_3218.jpg08TN1_3223_20211003182721b1a.jpg09TN1_3254.jpg
天野裕夫さんは「木彫家ではないので、
木を彫って、何かの形にするのではない。
『この木で何かを作ろう』というのではなく、
木材から得られたインスピレーション、
『見立て』を大切にした。
石とブロンズの組み合わせよりも、
木とブロンズの組み合わせの方が、
接合がしやすく、相性が良い。
大杉とのコミュニケーションで生まれた作品を、
見ていただきたい」と語った。
web03-天野裕夫-彫刻展-チラシweb04-mokuroku-2021.jpgweb05-大杉年表
問い合わせは、瑞浪市市之瀬廣太記念美術館
(TEL0572─68─9400)まで。
10TN1_3264_20211003182722681.jpg11TN1_3279.jpg12TN1_3236.jpg
※写真は9月10日(金曜日)に撮影。
このページへチップを贈る

2021年10月01日 (12:38)

特別展「小山冨士夫と美濃」が土岐市美濃陶磁歴史館で開幕

世界的な陶磁研究者の小山冨士夫
(1900─1975)と、
陶磁器デザイナーの日根野作三
(1907─1984・本名=作蔵)を中心に、
昭和時代の美濃焼業界を振り返る特別展
「小山冨士夫と美濃
─昭和の窯業界のあゆみとともに─」が、
本日、10月1日(金曜日)から、
土岐市美濃陶磁歴史館(泉町久尻)で始まった。
会期は2期に分かれており、
前期は今年の12月5日(日曜日)まで。
後期は12月9日(木曜日)から、
来年の2月13日(日曜日)まで(文中敬称略)。
01TN1_4161.jpg02TN1_4168.jpg03TN1_4179.jpg
04TN1_4187.jpg05TN1_4213.jpg06TN1_4202.jpg
07TN1_4214.jpg08TN1_4218.jpg09TN1_4230.jpg
岡山県倉敷市出身の小山冨士夫小山富士夫)は、
キリスト教徒の家庭に生まれ、
当初は陶工の道を志した。
しかし、作品が売れず、陶磁研究者への道に転向。
現在の陶磁研究の基礎を築いた。
「永仁の壺事件」以後、陶芸を再開。
「窯場荒らし」と称して、
知己の陶芸家の窯場を借りて、作陶に励んだ。
そのころ、美濃陶芸村構想を掲げていた、
二宮安徳・初代土岐市長に招かれ、
神奈川県鎌倉市から土岐市への移住を決めた。
土岐市泉町久尻(五斗蒔地区)に、
「花の木窯」を構え、ガス窯のほか、
斜面を利用した薪窯(まきがま)
「蛇窯」(じゃがま)を築窯。
昭和48(1973)年5月に、
初窯焼成と窯開きを行ったが、
昭和50(1975)年10月7日に、
花の木窯で急逝した(享年75歳)。
10TN1_4239.jpg11TN1_4240.jpg12TN1_4243.jpg
13TN1_4247.jpg14TN1_4251.jpg15TN1_4254.jpg
特別展は2部構成で、小山冨士夫
陶芸家としての一面を紹介する第1部に対し、
第2部では、戦後、需要激増を受け、
粗製乱造が常態化した陶磁器業界において、
日根野作三が教えるクラフトデザインの精神が、
美濃窯業界に根付く過程をたどっている。
16TN1_4255.jpg17TN1_4259.jpg18TN1_4265.jpg
19TN1_4267.jpg20TN1_4275.jpg21TN1_4270.jpg
クラフトデザインの重要性を説く日根野作三は、
昭和27(1952)年に、
土岐市下石町で製陶所を営む安藤知山
(1909─1959・本名=知治)とともに、
「小谷陶磁器研究所」を設立。
意匠デザインの指導を通じて、
窯業界を担う作り手を輩出した。
昭和33(1958)年に、
土岐市陶磁器試験場が完成すると、
場長に安藤知山が就任。
日根野作三は指導者となり、
小谷陶磁器研究所の役割は、試験場へ移行した。
美濃窯業界は、経済成長とともに、
機械化・量産化が進んだが、クラフトを、
「手工を主とし、近代感覚を持った
現代の生活用具」と定義した日根野作三の教えは、
現在も、製陶所や陶芸家らに受け継がれている。
22TN1_4280.jpg23TN1_4295_202110012231274be.jpg24TN1_4300.jpg
25TN1_4304_202110012231363e9.jpg26TN1_4307.jpg27TN1_4309.jpg
28TN1_4329.jpg29TN1_4317.jpg30TN1_4326.jpg
会場では、種子島の土を焼き締めた、
小山冨士夫の種子島茶わん「満月」」や、
日根野作三のデザイン帳など、
前期・後期を合わせて、約160点を展覧。
2人の友人・教え子の作品なども並べ、
地場産業「美濃焼」に与えた影響力と、
現代に通じる芸術性を示している。
web01-小山冨士夫と美濃web02-小山冨士夫と美濃
問い合わせは、土岐市美濃陶磁歴史館
(TEL0572─55─1245)まで。
web01-出品リストweb02-出品リストweb03-02出品リストweb04-02出品リスト
このページへチップを贈る

2021年09月17日 (12:07)

庄内川河川事務所がWEBパネル展【H23台風15号から10年】

国土交通省・中部地方整備局・
庄内川河川事務所などは、
「平成23年9月 台風第15号豪雨から10年
『これまでの歩み』WEBパネル展」を、
庄内川河川事務所のホームページで公開している。
web-panel10.jpg
今年、令和3(2021)年は、
平成23(2011)年9月19日~9月20日に、
庄内川沿川地域(多治見市・名古屋市・春日井市)に、
甚大な被害をもたらした台風第15号から、
節目の10年にあたる。
そこで、各関係機関と連携し、
この台風による豪雨を振り返るとともに、
これまでの対策や今後の取り組みなどについて、
WEBパネル展として、紹介している。

WEBパネル展「これまでの歩み」は下記のURLから。
https://www.cbr.mlit.go.jp/shonai/about/h2309taihu15_10th/index.html
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。