アマゾン-工具


2023年01月22日 (10:06)

森川家伝来の絵画を展示【瑞浪市陶磁資料館】

企画展「大湫宿 森川家伝来の絵画」が、
昨日、1月21日(土曜日)から、
瑞浪市陶磁資料館(明世町山野内)で始まった。
会期は2月19日(日曜日)まで。
01TN3_8600.jpg02TN3_8680.jpg03TN3_8622.jpg
森川家は、現在の瑞浪市大湫町地内、
旧中山道・大湫宿の問屋で、
江戸時代後期には、尾張藩から、
塩の専売を認められ、財を築いた。
幕末・明治時代になると、分家。
建物としては、
本家の「西森川家住宅」(通称・西森)のほか、
分家の「旧森川訓行家住宅」(通称・丸森)と、
分家の「旧森川善章家住宅」(通称・新森)が、
残っている。
3つの建物とも、改築・改修などが行われ、現在、
西森は「YAMAMORI荘」(やまもりそう)に、
丸森は観光施設(観光案内所・無料休憩所など)に、
新森は古民家カフェ橘(たちばな)になっている。
04TN3_8657.jpg05TN3_8652.jpg06TN3_8635.jpg
今展では、西森を清掃・修繕(リフォーム)した際、
瑞浪市教育委員会が調査し、
見付かった作品など、17点を展示。
作者は、竹中海岳・野村白寿坊・法橋龍座・
小木曽文洲(尾張藩の御用絵師)・
村瀬太乙(むらせたいおつ・犬山の儒学者・
三好学博士の漢詩と書道の師)ら。
唐紙をはがした「まくり」を軸装にしたり、
屏風(びょうぶ)を写真パネルにしたりした。
特に、大湫白木番所の役人で、
俳句もたしなんだ文化人、
渡邉原洲(渡辺原州・原洲永造)の絵画は、
初公開とのこと。
江戸後期の大湫宿における、
文化史の一端がうかがえる。
web01-mizu-2023-morikawa-kaiga-EPSON014.jpgweb02-mizu-2023-morikawa-kaiga-EPSON013.jpg
なお、瑞浪市教育委員会は、
今回の「絵画展」を第1弾とし、
来年度は第2弾として、
森川家の古文書の展示・解説を行う予定。
web03-mizu-2023-morikawa-kaiga-EPSON008.jpgweb04-mizu-2023-morikawa-kaiga-EPSON009.jpg
瑞浪市明世町山野内1─6/
TEL0572─67─2506/
一般は200円で、高校生以下は無料/
開館時間は午前9時から午後5時まで/
休館日は毎週月曜日・1月31日(火曜日)・
2月14日(火曜日)/
このページへチップを贈る

2023年01月12日 (15:13)

美濃焼伝統工芸品協同組合が2023新作展【22日(日)まで】

美濃焼伝統工芸品協同組合(佐々木辰二理事長)は、
1月7日(土曜日)から、
土岐市美濃焼伝統産業会館(泉町久尻)で、
「2023美濃焼伝統工芸品新作展」を開いている。
会期は1月22日(日曜日)まで。
01TN3_6728.jpg02TN3_6797.jpg03TN3_6799.jpg
新作展には美濃焼伝統工芸品協同組合から、
土岐市・多治見市・可児市に住む組合員、
16人が出品。
会場では日常食器や花入れなど、
各作家・各窯元が得意の技法で仕上げた美濃焼、
約500点を販売している。
04TN3_6732.jpg05TN3_6785.jpg06TN3_6750.jpg
土岐市泉町久尻1429─8/
TEL0572─55─5527/
開館時間は午前9時から午後4時30分まで/
休館日は1月16日(月曜日)/
07TN3_6745.jpg08TN3_6741.jpg09TN3_6787.jpg
このページへチップを贈る

2022年12月11日 (15:26)

オギソ画廊で第1回「絵の学校祭」【OG絵の学校が創設1周年】

オギソ画廊・オギソ画材(瑞浪市土岐町)は、
令和3(2021)年11月に、
「OG絵の学校」を創設。
本日、12月11日(日曜日)から、
「第1回 絵の学校祭
先生・生徒の作品展&ワークショップ」を開いた。
会期は12月18日(日曜日)まで。
会期中無休。
01TN1_0115.jpg02TN1_0114_20221211160636073.jpg03TN1_0104_20221211160640198.jpg
OG絵の学校の講師は、オギソ画廊のオーナーで、
画家の小木曽由雄さん(82歳)をはじめ、
地元東濃地区在住の画家・イラストレーター・
陶芸家ら、6人(来年は7人)が務めている。
04TN1_0069_20221211160639cb6.jpg05TN1_0094.jpg06TN1_0076.jpg
会場には、油彩画・水彩画・木炭デッサン・
陶器の絵付けなど、講師と生徒の作品、
計44点を展示。
自分の趣味を、自分のイニシャルで描いた、
イラスト作品などに注目が集まっている。
07TN1_0090.jpg08TN1_0111.jpg09TN1_0081.jpg
今回は作品展のほか、
講師による「ワークショップ」も開く
(参加費無料・予約不要)。
時間はいずれも、
午後1時から午後3時まで。
web01-ogisogazai-EPSON181.jpgweb02-ogisogazai-EPSON182.jpg
ワークショップの日程と講師は次の皆さん。
12日(月曜日)小池昌晴(水彩画)
13日(火曜日)鈴木望(木炭デッサン)
14日(水曜日)古山哲雄(油絵)
15日(木曜日)中山尚子(似顔絵)
16日(金曜日)有賀正季(陶器絵付け)
web03-ogisogazai-EPSON183.jpgweb04-ogisogazai-EPSON180.jpg
瑞浪市土岐町7272─1/
TEL0572─67─0882/
営業時間は午前10時から午後5時まで/
このページへチップを贈る

2022年12月02日 (11:31)

スペース岳で「えと&温々展」【手作り品のぬくもりを感じて】

グループ展「えと&温々(ぬくぬく)展」が、
本日、12月2日(金曜日)から、
ギャラリースペース岳
(土岐市妻木町)で始まった。
会期は12月11日(日曜日)まで。
01TN1_6571_20221202114625ba6.jpg02TN1_6590.jpg
ギャラリースペース岳では毎年、
陶磁器を中心にした「干支(えと)展」を開催。
平成25(2013)年の展示をもって、
干支が一巡した。
平成26(2014)年からは、
手織り・手編みの作品を中心にした、
「温々展」(ぬくぬくてん)も始め、
干支展と合わせて、同時開催している。
03TN1_6598.jpg04TN1_6562.jpg
今年の「えと展」には、
山口正孝さん(土岐市泉町定林寺・ヒサミ陶苑)、
岸川俊子さん(愛知県春日井市)、
有賀正季さん(瑞浪市稲津町)、
小野隆さん(土岐市肥田町)、
浅井純子さん(愛知県瀬戸市)、
森三喜男さん(土岐市妻木町)が出品。
村上洋子さん(多治見市笠原町)、
柴田光次郎さん(土岐市泉町)も出品する予定。
05TN1_6604_20221202114648d1c.jpg06TN1_6591.jpg
出品者は陶芸家や製陶所(窯元)の経営者らで、
来年の干支、卯(う)年をテーマに、
陶製やガラス製、切り絵などにした、
ウサギ(兎・うさぎ)の作品、
計約60点を展示・販売している。
07TN1_6573.jpg08TN1_6580.jpg
一方、今年の「温々展」には、
岩田和子さん(多治見市昭栄町)、
森隆子さん(土岐市土岐津町)が出品。
林洋子さん(土岐市妻木町)も出品する予定。
手編みのセーターやベスト、帽子など、
計約60点を展示・販売している。
09TN1_6583.jpg10TN1_6613.jpg
これからの季節にピッタリの女性物が多く、
クリスマスのプレゼントとしても最適。
干支展も開かれているので、
正月の準備もできそうだ。

土岐市妻木町391─4/
営業時間は午前10時から午後5時まで/
12月8日(木曜日)は定休日/
TEL0572─57─3360/
このページへチップを贈る

2022年11月26日 (19:58)

パレオパラドキシアの骨4点を展示【瑞浪市化石博物館】

瑞浪市化石博物館(明世町山野内)は、
瑞浪市釜戸町で発見された、
哺乳類(ほにゅうるい)の化石
「パレオパラドキシア」の
クリーニングを進めている。
01TN1_6130.jpg02TN1_6128.jpg03TN1_6124.jpg
11月15日(火曜日)までに、
骨4点の取り出しに成功。
本日、11月26日(土曜日)から、
同館での展示を開始した。
本年度中は公開する予定で、
今後も、クリーニングが済んだ化石を、
順次追加していくとのこと。
04TN1_6140.jpg05TN1_6187.jpg06TN1_6180_2022112622431393a.jpg
クリーニング作業の完了は、
令和5(2023)年度末を予定しているが、
パレオパラドキシアの化石が見たい!」
との要望が、多数寄せられた。
そのため、進捗(しんちょく)状況は、
3パーセント程度だが、
一般公開することを決めた。
07TN1_6192.jpg08TN1_6166.jpg09TN1_6159.jpg
現在、確認できている骨は、約110点。
展示しているのは、肋骨(ろっこつ)1点
(15本あるうちの最も短いもの。右側)・
胸骨1点・後ろ足の指の骨1点・
足(脚)の一部の骨1点。
10TN1_6202.jpg11TN1_6199.jpg12TN1_6173.jpg
なお、瑞浪市は、
ガバメントクラウドファンディングを活用した、
謎の絶滅生物、真の姿に迫る!?
瑞浪産パレオパラドキシア
全身骨格化石復元プロジェクト
」を実施中。
令和4(2022)年12月31日(土曜日)まで、
「パレオパラドキシア瑞浪釜戸標本(仮)」を、
研究・公開するための資金を募っている。
web-mizu-2022-furusato-tax.jpg
問い合わせは、瑞浪市化石博物館
(TEL0572─68─7710)まで。
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム