2022年05月20日 (23:08)

土岐市美濃陶磁歴史館でMoMCAサテライトミュージアム

企画展「Revolution
現代のオブジェが桃山の織部と響きあう!?」が、
明日、5月21日(土曜日)から、
土岐市美濃陶磁歴史館(泉町久尻)で始まる。
会期は8月7日(日曜日)まで。
01TN1_5383_20220520235309a55.jpg02TN1_5394.jpg
今展は、岐阜県現代陶芸美術館
(多治見市東町・セラミックパークMINO内)と、
土岐市美濃陶磁歴史館とのコラボ展。
今年の10月に、開館20周年を迎える、
岐阜県現代陶芸美術館は、設備改修工事のため、
令和3(2021)年11月8日から、
令和4(2022)年9月16日まで休館している。
03TN1_5406.jpg04TN1_5424.jpg
休館中の期間、岐阜県現代陶芸美術館では、
岐阜県内各地の展示施設で、
同館のコレクションを紹介する、
「MoMCAサテライトミュージアム」を開催している。
※MoMCA(もむか)とは、
岐阜県現代陶芸美術館の英名
「Museum of Modern Ceramic Art, Gifu」の略称に、
由来する愛称。
05TN1_5440.jpg06TN1_5505.jpg
本年度、令和4(2022)年度は、
土岐市・岐阜市・可児市の3会場で開催する。
土岐市会場の土岐市美濃陶磁歴史館では、
岐阜県現代陶芸美術館の所蔵品の中から、
現代陶芸を開拓した作家17人(故人を含む)が、
昭和・平成時代に手掛けたオブジェ24点を展示。
07TN1_5487.jpg08TN1_5495.jpg
また、それら現代陶芸に対するように、
土岐市美濃陶磁歴史館の所蔵品のうち、
江戸時代初頭に制作された、
「黒織部茶碗」や「鳴海織部向付」など、
13点が並べてある。
09TN1_5436_20220520235355037.jpg10TN1_5475.jpg
茶陶に用いた桃山時代の織部焼と、
明確な用途がない現代陶芸のオブジェは、
目的や使い道こそ異なるが、自由で、
革新的な造形や意匠を追求しようとした気概は、
400年の時を超えてもなお、
同じだということに、気付かせてくれる。
web01-MoMCA-toki-2022.jpgweb02-MoMCA-toki-2022.jpg
問い合わせは、土岐市美濃陶磁歴史館
(TEL0572─55─1245)まで。
このページへチップを贈る

2022年05月20日 (12:30)

小嶋勝さんがスペース岳で初個展【額皿など約30点を披露】

陶芸を趣味にしている小嶋勝さん
(土岐市妻木町・85歳・こじままさる)が、
本日、5月20日(金曜日)から、
ギャラリースペース岳(妻木町)で、
作陶展「陶を楽しむ」を開いた。
会期は5月29日(日曜日)まで。
01TN1_5219.jpg02TN1_5254_20220520125243f5a.jpg
小嶋勝さんは20歳ごろから、
自営業として、上絵付けに従事。
上絵付け一筋だったが、65歳になった時に、
新たな分野にも挑戦しようと、一念発起。
陶芸グループ「華陶会」に入会し、
ロクロ成形など、作陶も手掛けるようになった。
市美展や絵付コンテストなどに出品し、
入賞を重ねている。
03TN1_5233.jpg04TN1_5227.jpg
グループ展などで展示したことはあるが、
個展は今回が初めて。
直径45センチ~50センチの額皿や、
抹茶茶わん、干支(えと)の置物など、
約30点を並べている。
05TN1_5249.jpg06TN1_5235.jpg
小嶋勝さんは「家にしまってあった作品を、
皆さんに見てもらいたくて、個展を開いた。
陶芸をやって思ったことは、
『普通の人は普通の作品しかできず、
個性がある人は個性的な作品ができる』、
ということ。
作品だけを見て、作家名まで分かることが、
本物と言えよう。
最近は、真っすぐな線が描けなくなり、
土練りもつらくなってきた。
ただ今回、人生の集大成として、
これまでの作品を並べてみて、
我ながら良い物ができたと、
自画自賛している」と語った。
07TN1_5244.jpg08TN1_5210.jpg
土岐市妻木町391─4/定休日は木曜日/
TEL0572─57─3360/
営業時間は午前10時から午後5時まで/
このページへチップを贈る

2022年05月19日 (19:10)

土岐市陶芸協会が第31回「協会展」【小品展も同時開催】

土岐市陶芸協会(川合正樹会長)は、
5月18日(水曜日)から、
「第31回協会展」を、
土岐市美濃焼伝統産業会館
(土岐市泉町久尻)で開いている。
会期は6月30日(木曜日)まで。
01TN1_5081_2022051919355136e.jpg02TN1_5091.jpg03TN1_5182.jpg
土岐市陶芸協会は、40歳代から80歳代まで、
土岐市在住の陶芸家、27人で構成。
今展には、会員21人(物故会員1人を含む)が、
1人1点ずつ、大鉢や大皿など、
大作を展示している。
会員は、日展系・新工芸系・伝統工芸系と、
作風が異なるが、同じ協会に所属し、
同じ会場に出展するという、面白さが楽しめる。
04TN1_5192.jpg05TN1_5173.jpg06TN1_5106.jpg
また、会員による「小品展」も同時開催。
こちらは会員12人が、食器や酒器など、
約60点を展示・販売している。
各作家が得意の技法で手作りした、
日常使いの作品を買うことができる。
07TN1_5126.jpg08TN1_5136.jpg
土岐市泉町久尻1429─8/
午前9時から午後4時30分まで/
入館料無料/休館日は月曜日/
TEL0572─55─5527/
09TN1_5163_20220519193604ddb.jpg10TN1_5116.jpg
このページへチップを贈る

2022年05月01日 (19:54)

アトリエサナーレの師弟が押し花2人展【瑞浪市の「ときわ」で】

押し花教室「アトリエサナーレ」による作品展が、
明日、5月2日(月曜日)から、
瑞浪市地域交流センター「ときわ」
(寺河戸町)で始まる。
会期は5月30日(月曜日)まで。
01TN1_9788.jpg02TN1_9758.jpg03TN1_9836.jpg
出展者は、アトリエサナーレを主宰する、
小畑真由美さん(多治見市光ケ丘・57歳)と、
小畑さんの生徒の片桐絹子さん
(瑞浪市高月町・83歳)の師弟2人。
小畑真由美さんは、押し花のインストラクターで、
株式会社日本ヴォーグ社が運営する、
ふしぎな花倶楽部・中部かきつばた」に所属。
片桐絹子さんは、平成25(2013)年7月から、
押し花を習い始め、現在は月1回、
小畑さんの自宅に通い、レッスンを受けている。
04TN1_9804.jpg05TN1_9802.jpg06TN1_9798_2022050121572025c.jpg
今展は、片桐絹子さんの押し花制作が、
10年目を迎えたのを機に、
指導する小畑真由美さんとの2人展を企画。
片桐さんは36点、小畑さんは4点、
計40点の押し花アートを展示している。
片桐絹子さんが使う花は、主に自宅で育てている、
パンジーやタンポポ、コスモス、アジサイなど。
孫の成人式の写真を、押し花で飾った作品は、
家族愛にあふれ、ぬくもりが感じられる。
07TN1_9827.jpg08TN1_9820.jpg09TN1_9848.jpg
片桐絹子さんの長女、
吉川瞳さん(瑞浪市下沖町・吉は土に口)は、
「母にとって押し花は、リウマチのリハビリであり、
認知症の予防にもなっている。
毎月、教室に通うことを楽しみにしており、
ピンセットを使いながら2時間、集中している。
10年も続いているのは、
ほかの生徒さんとの交流も、
あるからだと思う」と語った。
10TN1_9839.jpg11TN1_9746.jpg12TN1_9870.jpg
問い合わせは、
瑞浪市地域交流センター「ときわ
(TEL0572─66─1282)まで。
web03-sana-re-EPSON020.jpgweb01-sana-re-EPSON022.jpgweb02-sana-re-EPSON021.jpg
このページへチップを贈る

2022年04月29日 (16:46)

瑞浪市陶磁資料館で糸魚川コレクション展【お猪口120点を】

企画展「趣向の器 のぞき
糸魚川コレクション展」が、
本日、4月29日(金曜日)から、
瑞浪市陶磁資料館で始まった。
会期は7月10日(日曜日)まで。
01TN1_8933_20220429184916961.jpg02TN1_8966.jpg03TN1_8955.jpg
のぞき(埜増喜)とは、筒形の小さな器で、
現在では、猪口(ちょこ・ちょく)と呼ばれる物
《東濃地域では「お猪口」(おちょこ)》。
糸魚川コレクションとは、
故・糸魚川淳二氏(名古屋大学名誉教授)の妻、
糸魚川登美子さん(瑞浪市日吉町)が収集したもの。
糸魚川登美子さんは、
平成31/令和元(2019)年3月に、
瑞浪市陶磁資料館に、956点を寄贈している。
04TN1_8944.jpg05TN1_8964.jpg06TN1_8925.jpg
糸魚川コレクションの展示は、今回が初めてで、
寄贈品のうち、厳選した約120点を並べた。
江戸時代後期から昭和時代前半まで、
生産・使用された物で、
手描き・型紙摺絵・銅版転写・ゴム判など、
絵付け技法の変遷も、たどることができる。
現代の食卓・酒席では、ほぼ使われなくなった器、
のぞき・お猪口だが、多彩な模様が施されており、
小さな器ながら、美術的な要素が楽しめる。
web01-itoigawa-EPSON010.jpgweb02-itoigawa-EPSON017.jpg
瑞浪市明世町山野内1─6/
TEL0572─67─2506/
開館時間は午前9時から午後5時まで/
入館料は一般が200円で、
高校生以下は無料/
web03-itoigawa-EPSON013.jpgweb04-itoigawa-EPSON015.jpg
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。