2022年09月29日 (19:39)

小野隆さんが切り絵展【妻木町のスペース岳で明日から】

土岐市美術作家連盟の副会長で、
切り絵作家の小野隆さん
(土岐市肥田町肥田・74歳・たかし)が、
明日、9月30日(金曜日)から、
ギャラリースペース岳(土岐市妻木町)で、
個展「切り絵展」を開く。
会期は10月10日(月曜日・祝日)まで。
01TN1_2570.jpg02TN1_2556.jpg
青森県出身の小野隆さんは、
18歳の時に、土岐市に移住。
絵画が好きで、
土岐市駄知町の製陶会社で勤務する傍ら、
趣味として、デッサンや水墨画を描いてきた。
58歳の時に、切り絵作家で、
日本切り絵百景館」(群馬県)を設立した、
後藤伸行さんの作品に感銘。
定年退職後の生きがいづくりとして、
平成19(2007)年10月から、
独学で、切り絵の制作を始めた。
中津川市落合井巾(いはば)に工房を構え、
切り絵のほか、作陶にも励んでいる。
平成27(2015)年からは、
駄知公民館(駄知町)で、切り絵講座を開き、
切り絵の魅力を広めている。
03TN1_2618_20220929222315e47.jpg04TN1_2601.jpg
会場には、ハガキサイズから20号まで、
約40点を展示・販売(一部、非売品あり)。
旧中山道の馬籠宿や妻籠宿、
白川郷の合掌造りなどをテーマに、
丁寧な作品が並ぶ。
昨年から制作を始めたのは、薄い和紙
「土佐和紙」・「典具帖紙」を使った作品。
色付き(グラデーション)の和紙や、
自分で色付けた和紙の上に、
切り絵を重ねることで、
現代的な作品に仕上げている。
05TN1_2593.jpg06TN1_2586_20220929222324195.jpg
小野隆さんは、
「基本的に切り絵は、白と黒で表現する、
モノクロの世界。
水墨画と違い、中間色が無いのが難しい。
和紙で色を加える方法は、
同じ花の切り絵でも、冷たい印象を、
温かな作品に変えることができる。
今後は古里の祭り『青森ねぶた祭』の作品を、
増やしていきたい」と語った。
07TN1_2549.jpg08TN1_2581.jpg
土岐市妻木町391─4/入場無料/
営業時間は午前10時から午後5時まで/
10月6日(木曜日)は定休日/
TEL0572─57─3360/
このページへチップを贈る

2022年09月17日 (18:25)

瑞浪芸術館で李朝陶磁と絵画展【坐忘さんの収集品と作品を】

「李朝陶磁と座忘絵画展~美への遍路~」が、
本日、9月17日(土曜日)から、
NPO瑞浪芸術館(瑞浪市稲津町)で始まった。
会期は9月25日(日曜日)まで。
01TN1_9729.jpg02TN1_9734.jpg
今展は、静岡県浜松市で、美術ギャラリー
「坐忘」(座忘・ざぼう)を営んでいる、
金本一夫さん(かねもとかずお)の
絵画作品と陶磁コレクションを展覧。
李朝陶磁とは、朝鮮半島にあった王朝
李氏朝鮮」(りしちょうせん)の時代
(1392年~1897年)に作られた、
陶磁器のこと。
03TN1_9791.jpg04TN1_9796_20220917193153060.jpg
会場には、『坐忘さん』こと、
金本一夫さんが収集してきた、
「三島徳利」や「粉引片口」、「白磁大壺」、
「白磁鉄彩筒型瓶」など、約40点を展示・販売。
また、坐忘さん(座忘)が描いた、
水彩による抽象画、約10点も飾っている。
05TN1_9784.jpg06TN1_9761.jpg
なお、瑞浪芸術館では明日、
9月18日(日曜日)午後2時から、
坐忘さんによる「ギャラリートーク」が行われる。
07web-2022-09-rityou-mizu.jpg
瑞浪市稲津町萩原1220─2/会期中無休/
入館料は一般が500円で、学生は300円/
開館時間は午前10時から午後5時まで/
TEL0572─66─2170/
このページへチップを贈る

2022年09月15日 (12:21)

オギソ画廊で「6人の異星展」【シェアギャラリー第7弾】

瑞浪市土岐町のオギソ画廊(オギソ画材)は、
シェアハウスのギャラリー版として、
「シェアギャラリー」を開設。
第7回シェアギャラリー「6人の異星展」が、
本日、9月15日(木曜日)から始まった。
会期は10月16日(日曜日)まで。
07TN1_9391.jpg08TN1_9376.jpg
オギソ画廊では、作家同士の交流や、
来場者とのコミュニケーションを、
増やすきっかけにしようと、
シェアギャラリーを設けた。
令和2(2020)年9月には、
第1回展「6人の異星」を、
令和3(2021)年9月には、
第2回展「6人の異星」を、
令和3(2021)年11月には、
第3回展「6人の異星」を、
令和4(2022)年2月には、
第4回展「6人の異星」を、
令和4(2022)年4月には、
第5回展「6人の異星」を、
令和4(2022)年6月には、
第6回展「6人の異星」を開催した。
09TN1_9372.jpg10TN1_9369.jpg
今回の第7回展には、
第1回展・第2回展・第3回展・
第4回展・第5回展・第6回展とは別の6人を、
オギソ画廊を経営する、
小木曽由雄さん(画家)が選んだ。
6人の年齢幅は70歳代から80歳代までで、
油彩画や水彩画、鉛筆画など、
計40点を展示・販売している
(一部、非売品あり)。

出品者は、
矢頭重保さん(恵那市大井町)、
01-TN1_9341.jpg
田中眞固さん(瑞浪市益見町)、
02-TN1_9314.jpg
中村久子さん(土岐市泉西窯町)、
03-TN1_9361.jpg
太田茂さん(多治見市美坂町)、
04-TN1_9332.jpg
知原千代子さん(土岐市泉町定林寺)、
05-TN1_9349.jpg
福岡冨美代さん(土岐市泉神栄町)の6人。
06-TN1_9317.jpg
この6人でのグループ展は、今展が初めて。

開廊日は毎週、木曜日から日曜日まで
(月曜日~水曜日は定休日)。
時間は午前10時から午後5時まで。
問い合わせは、オギソ画廊
(TEL0572─67─0882)まで。
このページへチップを贈る

2022年08月18日 (16:14)

グループ悠画が第26回展【今年は瑞浪市のオギソ画廊で】

第26回グループ悠画展が、
本日、8月18日(木曜日)から、
瑞浪市土岐町のオギソ画廊
(オギソ画材)で始まった。
会期は8月28日(日曜日)まで。
04TN1_4658.jpg05TN1_4655.jpg
グループ悠画は、東濃5市在住の
美術作家や芸術家らでつくる仲良し集団。
バロー文化ホール(多治見市文化会館)で、
年1回、大作を中心に展示しているが、
大規模改修工事中のため、今年は、
メンバーの小木曽由雄さんが営む、
オギソ画廊(オギソ画材)で開いた。
06TN1_4649.jpg07TN1_4643.jpg
会場では、70歳代から80歳代までの
メンバー6人が、木版画や水彩画、
油彩画、レリーフなど、小品を中心に、
約50点を飾っている(一部、販売品あり)。

出品者は次の皆さん。
◎阿部正枝(多治見市根本町)
01TN1_4620.jpg
◎小木曽由雄(瑞浪市土岐町)
02TN1_4634.jpg
◎鈴木望(土岐市肥田町)
◎洞田和雄(中津川市落合)
◎松本宙士(恵那市山岡町・本名=原田博)
03TN1_4613.jpg
◎ヤマジヨシノリ(土岐市土岐津町)

会期中無休(入場無料)。
開設時間は午前10時から午後5時まで。
問い合わせは、オギソ画廊
(TEL0572─67─0882)まで。
このページへチップを贈る

2022年08月13日 (13:51)

中上良子のデザインをたどる【土岐市美濃陶磁歴史館で初の回顧展】

企画展「中上良子
陶磁器デザイナー・エマイユ作家として」が、
本日、8月13日(土曜日)から、
土岐市美濃陶磁歴史館(泉町久尻)で始まった。
会期は11月13日(日曜日)まで。
※敬称略。
01TN1_4235.jpg02TN1_4241.jpg03TN1_4316.jpg
陶磁器デザイナーで、
エマイユ(七宝)作家の故・中上良子
(1932─2005・なかがみよしこ)は、
現在の岐阜県高山市の出身。
画家の徳永富士子に洋画を学び、
岐阜県立高山高等学校を卒業すると、
「太洋陶園」(多治見市)に入社した。
太洋陶園で、絵付け作業に従事していた際、
陶磁器デザイナーの日根野作三
(1907─1984)に、芸術センスや、
絵画の才能を見いだされた。
04TN1_4265.jpg05TN1_4283.jpg06TN1_4290.jpg
日根野作三の紹介で、
土岐市下石町の「知山陶苑」へ移ると、
銅版転写のデザインに携わるようになった。
動植物や幾何学模様などをモチーフに、
繊細なデザインを考案すると、
銅板への彫りや腐食も、自分自身で行うことで、
線の強弱や手仕事感なども、表現していった。
07TN1_4251.jpg08TN1_4244.jpg09TN1_4255.jpg
陶磁器デザイナーとしての評価を得ると、
七宝のデザインも、求められるようになった。
図案を提供しているうちに、絵画的な七宝
「エマイユ」ならではの色彩に魅せられた。
エマイユ制作のすべてを手掛けるようになると、
陶磁器とエマイユを融合させるなど、
独自の世界を開いた。
10TN1_4321.jpg11TN1_4336.jpg12TN1_4278.jpg
日根野作三は、中上良子について、
「私は幾人かの女性デザイナーを見て来た。
女性は男性におとるものではないが、
陶ジキのDesignにおいて中上良子の様な
勝れた素質をもった女性は一人もなかった。
中上君は名声も欲しないし、
銭もうけにも淡白たる女性である。
下石(オロシ)の田舎に引こもって黙々と
自分の世界を開くことに自分の人生を
かけているのであろう」と評している。
web01-yoshiko-nakagami-EPSON074.jpgweb02-yoshiko-nakagami-EPSON075.jpgweb03-yoshiko-nakagami-EPSON065.jpgweb04-yoshiko-nakagami-EPSON067.jpg
問い合わせは、土岐市美濃陶磁歴史館
(TEL0572─55─1245)まで。
web05-yoshiko-nakagami-EPSON069.jpgweb06-yoshiko-nakagami-EPSON071.jpgweb07-yoshiko-nakagami-EPSON077.jpg
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム