2022年05月09日 (11:19)

鶴の子会が岐阜県内の五座を巡業【一般発売は明日10日(火)】

中村屋一門による、
「鶴の子会─芝居小屋 五座巡業─」が、
岐阜県内の芝居小屋で行われる。
web01-nakamuraya-2022.jpg
主催は株式会社ファーンウッド21。
恵那市出身の歌舞伎俳優、
中村いてう(いちょう)さんら、
中村屋の若手歌舞伎役者6人が出演する。
瑞浪市では、6月12日(日曜日)に、
美濃歌舞伎博物館「相生座
(日吉町・あいおいざ)で開かれる。
web02-nakamuraya-2022.jpg
開場は午後1時で、開演は午後2時
(※かしも明治座は時間に注意)。
料金は全席3500円。
チケットの一般発売は、
明日、5月10日(火曜日)午前10時。

相生座公演のチケットの問い合わせは、
相生座(TEL0572─68─0205)まで。
このページへチップを贈る

2022年05月08日 (21:34)

小里川ダムが9日(月)からドローダウン【洪水期に向けて】

国土交通省・中部地方整備局・
庄内川河川事務所は、
小里川ダム(恵那市山岡町)において、
ドローダウンによる放流を行うと、発表した。
期間は5月9日(月曜日)から、
5月31日(火曜日)まで(予定)。
【下の写真は、過去記事より】
15DSC_5301.jpg27DSC_1710.jpg
ドローダウンとは、ダムの貯水位を、
最低水位まで下げる操作のこと。
小里川ダムでは、洪水に備えるため、
非洪水期(10月16日~5月31日)から、
洪水期(6月1日~10月15日)への移行に際し、
ダム貯水池の水位を、約360メートルから、
最低水位の353・0メートルまで低下させるため、
常用洪水吐(水量を調節する設備)から、
放流を行っている。
42DSC_1814.jpg07TN1_3335.jpg
庄内川河川事務所では、
小里川ダム下流域の水位が上昇するため、
立ち入らないように呼び掛けている。
なお、天候や貯水位などの状況次第で、
計画を変更する。
このページへチップを贈る

2022年05月07日 (19:31)

ミュージアム中仙道で第8回「和!みっけ」【明日8日(日)に】

第8回「和!みっけ 美術館で手づくり市」が、
明日、5月8日(日曜日)に、
ミュージアム中仙道
(瑞浪市明世町戸狩)で開かれる。
時間は午前10時から午後3時まで。
出店者は下の画像を参照。
web01-r4-05-08-wamikke-8th.jpgweb02-r4-05-08-wamikke-8th.jpg
なお、午後1時からは、
地歌舞伎ひろめ隊」による、
地歌舞伎公演が行われる。
問い合わせは、ミュージアム中仙道
(TEL0572─68─0505)まで。
このページへチップを贈る

2022年05月06日 (22:13)

明日7日(土)に瑞浪市民公園でナイトマーケット

瑞浪暮らしの彩りマーケット実行委員会は、
明日、5月7日(土曜日)に、
「瑞浪暮らしの彩りナイトマーケット」を、
瑞浪市民公園(瑞浪市明世町)で開く。
web-kurashi-2022-05-EPSON029.jpg
合同会社おひさまが協力。
イベントの内容は、
①暮らしを彩るマーケット
②ゆったりライブ(HoSoVoSo)
③星空を見るワークショップ。
時間は午後4時から午後9時まで。

瑞浪暮らしの彩りマーケットのインスタグラム
https://www.instagram.com/mmarket.mznm/)へ。
このページへチップを贈る

2022年04月26日 (16:32)

第46回「土岐美濃焼まつり」は5月3日(火)から【3年ぶり】

協同組合土岐美濃焼卸センター
(加藤東衛理事長)は、
5月3日(火曜日)から、
5月5日(木曜日)までの3日間、
土岐市泉北山町の織部ヒルズ
(土岐美濃焼卸商業団地)で、
「第46回・土岐美濃焼まつり」を開く。
時間は午前9時から午後5時まで。
雨天決行。
TN1_8404.jpg
土岐美濃焼まつりは、有田・瀬戸と並ぶ、
「日本3大陶器まつり」の1つ。
新型コロナウイルス感染症対策のため、
令和2(2020)年の第44回と、
令和3(2021)年の第45回は中止。
平成31/令和元(2019)年
第43回以来、3年ぶりの開催となる。
web01-2022-46th-tokiminoyaki.jpg
今回は「グルメテント市」には35テントが、
「大テント市」には74テントが、
「作陶家・クラフト工芸通り」には、
131テントが並ぶ。
来場者の密を避けるため、
会場の面積を従来の2倍、
約30万平方メートルに拡大。
総テント数としては、コロナ禍以前に比べ、
3割減の出店となる。
web02-2022-46th-tokiminoyaki.jpg
会場では、陶磁器の廉売のほか、
「ロクロ体験コーナー」(有料)や、
「絵付け体験コーナー」(有料)、
「大道芸パフォーマンス」、
「インスタグラム写真コンテスト」、
土岐織部ライオンズクラブによる、
「献血・骨髄バンク登録」(4日のみ)
なども行われる(お買い物抽選会は行わない)。
web04-2022-46th-tokiminoyaki.jpg
なお、今年は、
①会場内への車両の進入は禁止。
臨時駐車場を利用する。
②JR土岐市駅と会場を結んでいた、
シャトルバスは運行を中止。
など、交通面の変更に注意が必要。
土岐美濃焼卸センターでは、
初日の3日は混雑が予想されるため、
4日または5日の来場を勧めている。
web03-2022-46th-tokiminoyaki.jpg
問い合わせは、協同組合土岐美濃焼卸センター
(TEL0572─55─1322)まで。
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。