2021年10月23日 (13:58)

駄知どんぶりまつり2021は24日(日)まで【駄知町と下石町で開催】

駄知どんぶりまつり2021が、
本日、10月23日(土曜日)から、
土岐市の駄知町と下石町で始まった。
明日、10月24日(日曜日)まで。
01TN1_8174.jpg02TN1_8186.jpg03TN1_8200.jpg
04TN1_8189.jpg05TN1_8202.jpg06TN1_8208.jpg
令和2(2020)年の「駄知どんぶりまつり」から、
駄知町だけではなく、下石町の窯元なども参加。
駄知町の「窯元蔵出しめぐり」と、
下石町の「窯元めぐり」を、同時に開催している。
参加窯元は、駄知町からは、
快山窯・鶴琳窯・不動窯・藤山窯・
丹山窯・朱山窯・南楽窯・宗山窯・
清山窯・南窯の10窯(昨年は7窯)で、
下石町からは、
和陶苑・ろば工房・隆月窯・
竜仙窯・鈴木陶苑・荒神窯・
豊大窯・いちい窯の8窯(昨年は7窯)。
07TN1_8209.jpg08TN1_8216.jpg09TN1_8212.jpg
10TN1_8236.jpg11TN1_8240.jpg12TN1_8241.jpg
13TN1_8244.jpg14TN1_8243.jpg15TN1_8247.jpg
駄知町の会場では「窯やのウォークラリー」
(毎日先着100人の完歩者に景品が当たる)や、
「だちせんマルシェ」も開催。
マルシェの会場は、
南山公民館(南公民館)の駐車場で、
自然薯(ジネンジョ)やアクセサリー、
はちみつなどを販売している。
16TN1_8253.jpg17TN1_8267.jpg18TN1_8269.jpg
19TN1_8257_20211023154830a51.jpg20TN1_8261.jpg21TN1_8275.jpg
22TN1_8283.jpg23TN1_8287.jpg24TN1_8293.jpg
だち窯やネット(主催者)の
丹羽哲男事務局長(49歳・丹山窯)は、
「好評だった昨年に引き続き、今年も、
下石町の窯元などに参加していただき、
土岐市内2町での同日開催が実現できた。
日本一の陶産地・土岐市をPRするためにも、
いずれは他地区の窯元にも参加してもらい、
土岐市内全域での開催を目指したい。
そのためには、ただ商品を並べるだけではなく、
売り方・見せ方をどうするのか、
値段設定をどうするのか、統一する必要がある。
新型コロナウイルス感染症対策を講じながら、
お客さんが戻ってくることを期待したい」と語った。
web01-dachi-2021-EPSON043.jpgweb02-dachi-2021-EPSON044.jpgweb03-dachi-2021-EPSON047.jpg
24日(日曜日)は、午前9時から午後4時まで。
問い合わせは、だち窯やネット事務局の丹山窯
(TEL0572─59─4188)まで。
web04-dachi-2021-EPSON048.jpgweb05-oroshi-2021-EPSON046.jpgweb06-oroshi-2021-EPSON045.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2021年10月22日 (12:09)

土岐市消防本部が丸美陶料で訓練【高圧ガス保安週間】

土岐市消防本部は、
「高圧ガス保安活動促進週間」に伴う火災訓練を、
丸美陶料株式会社(本社工場=土岐市妻木町・
小川計爾代表取締役社長)で行った。
01TN1_7759.jpg02TN1_7763.jpg03TN1_7770.jpg
04TN1_7776.jpg05TN1_7779.jpg06TN1_7786.jpg
高圧ガス保安活動促進週間は、
経済産業省が実施するもので、
本年度、令和3(2021)年度の期間は、
10月23日(土曜日)から、
10月29日(金曜日)まで。
土岐市消防本部では、平成27(2015)年に、
平成24(2012)年以来3年ぶりとなる、
同促進週間に合わせた消防訓練を、
土岐市内にある、別の高圧ガス施設で実施。
以後毎年、この時期に行っており
本年度は、丸美陶料株式会社の協力を得て、
災害対応訓練を行った。
07TN1_7796.jpg08TN1_7800.jpg09TN1_7806.jpg
10TN1_7817.jpg11TN1_7819.jpg12TN1_7828.jpg
丸美陶料株式会社では、
タイル用製土・ファインセラミックス原料・
窯業用原料などを製造販売。
本社工場には、LPガスのタンク
(最大貯蔵量2900キログラム)があり、
放水用として、小型動力ポンプ
(可搬ポンプ)を所有している。
13TN1_7837.jpg14TN1_7840.jpg15TN1_7848.jpg
16TN1_7874.jpg17TN1_7866.jpg18TN1_7878.jpg
本日の訓練は、大規模な地震により、
ガスが漏えいし、引火したと想定。
丸美陶料の社員、約20人が参加し、
119番通報をしたり、
消防車を誘導したりした。
土岐市消防本部からは、
指揮車・水槽車・化学車の計3台、
消防職員約20人が出動。
現場指揮本部を設営したほか、延焼を防ぐため、
建物やタンク周辺に放水した。
放水終了後には、丸美陶料の社員に、
消火器の使い方を教えた。
19TN1_7882.jpg20TN1_7885.jpg21TN1_7889.jpg
22TN1_7895.jpg23TN1_7898.jpg24TN1_7902.jpg
丸美陶料の小川兼護専務取締役(けんご)は、
「当社の消防訓練は、可搬ポンプを動かして、
放水する程度だったが、今回は、
土岐市消防本部の皆さんのおかげで、
119番通報や初期消火訓練など、
貴重な体験をすることができた。
また、参加した社員も、
あえて就業中に実施したことで、
より実践的な訓練ができたと思う。
当社にはガスタンク以外にも、重油タンクなど、
火災が発生する可能性が高い施設がある。
今後も、緊急時の対応方法や、
負傷者が発生した場合の応急処置など、
ご教授いただきたい」と述べた。
25TN1_7915.jpg26TN1_7927.jpg27TN1_7936.jpg
28TN1_7947.jpg29TN1_7951_202110221327342fd.jpg30TN1_7964.jpg
土岐市南消防署の水野智文署長は、
「今回の訓練は、震災を想定したが、
大地震が発生した場合は、本日のように、
消防隊が駆け付けられるとは限らない。
恐らく、社員の皆さんの活動が、
非常に大事になってくると思う。
消火器の使い方を覚えてもらったが、
こういった小さなことの積み重ねが重要。
日ごろから、災害対応訓練に、
取り組んでいただきたい」と講評した。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2021年10月12日 (15:01)

志野・織部が土岐市に50万円を寄付【可児秀雄さんの作品の売上金など】

株式会社志野・織部
(本社=土岐市泉北山町・酒井宏尚代表取締役)は、
美濃焼の振興に役立ててほしいと、50万円を、
土岐市に寄付した。
寄贈式が土岐市役所で開かれ、
酒井宏尚代表取締役が加藤淳司市長に、
目録を手渡した。
01TN1_5780.jpg02TN1_5820.jpg
株式会社志野・織部は、
土岐市と協同組合土岐美濃焼卸センター
(加藤東衛理事長)による第三セクターで、
道の駅「志野・織部」(泉北山町)を運営。
寄付金50万円のうち、20万円は、
御嵩町の指物大工・可児秀雄さん(89歳)が、
制作した木工作品の売上金で、
残りの30万円は、株式会社志野・織部の資金。
03TN1_5786.jpg04TN1_5806.jpg
可児秀雄さんは、平成19(2007)年から、
平成31/令和元(2019)年までの間、
鉛筆立てや鍋敷き、五平餅の木枠などを、
道の駅「志野・織部」に委託し、販売。
その売上金を、土岐市や御嵩町、
東濃特別支援学校などに寄付しており、
寄付金の総額は、500万円を超えている。
米寿(べいじゅ・数え年88歳)を迎えたのを機に、
可児秀雄さんは創作活動を終え、残った作品は、
道の駅「志野・織部」に無償譲渡。
今回、作品が完売したため、その売上金20万円に、
株式会社志野・織部からの30万円を加え、
計50万円を、土岐市へ寄付することになった。
05TN1_5816.jpg06TN1_5795.jpg
寄贈式には、協同組合土岐美濃焼卸センターの
加藤東衛理事長らも同席。
株式会社志野・織部の酒井宏尚代表取締役は、
「売上金の使い道について、
可児秀雄さんに伺ったところ、
『ご自由に』とのご返答だったので、
土岐市に寄付をさせていただきます。
新型コロナウイルス感染症の影響で、
道の駅『志野・織部』の売り上げも、
一時は落ち込みましたが、現在は、
良い方向へ向かっています。
さらに土岐市に貢献できるように、
これからも頑張ります」と述べた。

なお、土岐市は、受け取った50万円を、
土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐で使う、
「3Dプリンター」の購入費(更新)に充てる。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2021年10月06日 (15:12)

麗澤瑞浪中学校の1年生が瑞浪市を学ぶ【オンライン型探究学習会】

麗澤瑞浪中学・高等学校
(瑞浪市稲津町萩原・藤田知則校長)の
中学1年生61人が、
「オンライン型探究学習会」で、
瑞浪市の現状や課題などを学んだ。
01TN1_5081.jpg02TN1_5089.jpg03TN1_5085.jpg
04TN1_5060.jpg05TN1_5070.jpg06TN1_5021.jpg
麗澤瑞浪中学校では、
週1回の「総合的な学習の時間」を、
「RISE」(ライズ)と名付け、
探究学習に取り組んでいる。
今回のオンライン型探究学習会は、
瑞浪市の現状を把握した上で、
課題の解決方法や、まちの活性化について、
中学生の視点から、考えるというもの。
瑞浪市の生涯学習出前講座を利用したもので、
令和2(2020)年度に引き続き、2年目。
07TN1_4997.jpg08TN1_5010.jpg09TN1_5017.jpg
10TN1_5045.jpg11TN1_5047.jpg12TN1_5039.jpg
講師は、瑞浪市役所市民協働課の
中筬高弘主査(37歳・なかおさ)と、
稲津町のNPO法人
明日の稲津を築くまちづくり推進協議会」の
勝股清治理事長(きよはる)が務め、
瑞浪市役所・西分庁舎(瑞浪市上平町)から、
オンラインで、生徒に話し掛けた。
瑞浪市職員の中筬高弘さんは、
瑞浪市の人口推移や工業団地の状況、
JR瑞浪駅周辺の再開発などを説明。
勝股清治理事長は、稲津町の行事や、
まちづくりの取り組みなどを語った。
13TN1_5055.jpg14TN1_5051.jpg15TN1_5026_20211006160220405.jpg
生徒らは、20グループに分かれており、
今後、グループごとに研究テーマを設定。
学内選考を通過したグループが、
来年2月の「探究学習発表会」に臨む。
発表会では、瑞浪市職員らを学校に招き、
調査・研究の成果を披露するとともに、
課題解決策を、瑞浪市に提案する予定。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2021年10月04日 (13:54)

瑞浪市とショクブンが見守り協定を締結【36事業者目】

瑞浪市は、10月1日(金曜日)に、
株式会社ショクブン(本社=名古屋市守山区・
吉田朋春代表取締役社長)と、
「瑞浪市高齢者等見守り活動に関する協定書」を、
締結したと発表した。
TN1_4776.jpg
瑞浪市では、日常業務の中で、
地域住民とのかかわりを持つ事業者に、
瑞浪市内の一人暮らしの高齢者や、
高齢者世帯などを、見守ってもらっている。
株式会社ショクブンの主な業務は、
家庭用総合食材の宅配と業務用食料品の販売。
ショクブンの瑞浪営業所(瑞浪市薬師町)には、
約150件の利用者登録があり、
今回の協定締結により、弁当の宅配などの際、
高齢者らの異変を察知した場合は、
瑞浪市役所高齢福祉課に連絡することになった。
web-mizu-shokubun.jpg
瑞浪市が見守り協定を締結したのは、
今回で36事業者目。
なお、協定締結先の事業者から、
年間3~5件の通報が寄せられ、
瑞浪市は対象者の自宅を訪問するなど、
安否確認を行っている。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。