2022年05月19日 (12:50)

高速移動のプラズマ乱流を発見【核融合科学研究所が世界初】

核融合科学研究所(土岐市)の釼持尚輝助教・
居田克巳教授・徳澤季彦准教授らの研究グループは、
核融研の大型ヘリカル装置(LHD)に、
独自に開発した計測機器を設置。
LHD内部の高温プラズマを計測したところ、
熱よりも速く移動する乱流を、
世界で初めて発見したと、発表した。
計測機器の開発には、米国・ウィスコンシン大学
ダニエル・J・デン・ハートッグ教授の協力も得た。
01TN1_4918.jpg02TN1_4930.jpg03TN1_4935.jpg
04TN1_4941.jpg05TN1_4946.jpg06TN1_4954.jpg
将来、核融合発電を実現するには、
1億度以上のプラズマを、磁場で閉じ込め、
長時間維持することが必要。
しかし、磁場で閉じ込めた高温プラズマの中では、
プラズマの密度や温度に、不均一性が生じるため、
大小さまざまな渦を伴った流れ、
「乱流」が発生する。
この乱流が、プラズマをかき乱すため、
閉じ込めていたプラズマの熱を、外側へと流し、
温度を下げてしまうことが、問題になっている。
07TN1_4956.jpg08TN1_5056.jpg09TN1_4966.jpg
10TN1_5061.jpg11TN1_4982.jpg12TN1_4990_2022051913232808c.jpg
熱と乱流の関係を解明しようと、
釼持尚輝助教(けんもち)らの研究グループは、
①乱流を計測するための電磁波を発して、
受信する機器。
②温度を計測するための電磁波
(レーザー。①とは別の波長帯)を発して、
受信する機器。
③熱を計測するため、プラズマが発する電磁波
(①・②とは異なる波長帯)を受信する機器。
以上、これら3種類の計測機器を開発。
これまで熱と乱流は、
時速5000キロ(飛行機程度の速度)で、
ほぼ一緒に移動していると、知られていた。
今回、開発した計測機器を用いて実験したところ、
熱よりも8倍速い、時速40000キロ
(ロケット程度の速度)で移動する乱流を、
世界で初めて発見した。
13TN1_5007.jpg14TN1_5020.jpg15TN1_5030_202205191323320aa.jpg
釼持尚輝助教らは、
「プラズマの乱流は、非常に複雑なため、
全容解明には、いまだ至っていない。
ただ今回の実験で、知られていなかった、
乱流の動きを観測できたことは、
プラズマの温度変化を予知する上で、
重要な発見と言える。
今後行われる、プラズマの温度を、
リアルタイムで制御する手法の開発に、
寄与できたと思う。
また、太陽風やオーロラなど、
自然界のプラズマ乱流現象を、
解明する際にも役立つ」と語った。
16TN1_5045.jpg17TN1_5052.jpg18TN1_5068.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2022年05月12日 (11:47)

土岐商工会議所が高校生向けの合同企業説明会【第3回は41社】

土岐商工会議所(大島健太郎会頭)は、
セラミックパークMINO(多治見市東町)で、
第3回「高校生のための合同企業説明会」
(後援・土岐市)を開いた。
01TN1_2185.jpg02TN1_2183_202205121215281f1.jpg03TN1_2171.jpg
合同企業説明会は、地元の高校生に、
土岐市内の企業(法人)を紹介するもので、
求人と採用をつなげるイベント
(いわゆる就職説明会)ではない。
土岐商工会議所では、
高校生を対象にした合同企業説明会を、
平成30(2018)年と、
平成31/令和元(2019)年に開催。
令和2(2020)年と令和3(2021)年は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、中止にした。
3年ぶり3回目の開催となった今回は、
新型コロナウイルスワクチンの接種会場の関係で、
会場を、第1回・第2回のセラトピア土岐
(土岐市土岐津町高山)ではなく、
セラミックパークMINOで開いた。
04TN1_2121.jpg05TN1_2169.jpg06TN1_2085.jpg
07TN1_2086.jpg08TN1_2096.jpg09TN1_2144.jpg
企業側は、製造業・電気工事業・
建設業・小売業・運輸業・不動産業など、
土岐市内に事業所を持つ、41社
(第1回は29社・第2回は40社)が参加し、
自社の魅力や福利厚生、将来の展望などを、
高校生にアピールした。
10TN1_2090_20220512121634e5b.jpg11TN1_2162.jpg12TN1_2105.jpg
13TN1_2111.jpg14TN1_2137.jpg15TN1_2107.jpg
高校生は、土岐市内の3校、
岐阜県立土岐商業高校・岐阜県立土岐紅陵高校・
岐阜県立東濃フロンティア高校に、
岐阜県立多治見工業高校(多治見市)を加えた、
4校から、2・3年生、計約190人が参加。
時間が区切られており、説明が受けられるのは、
生徒1人につき、最大4社まで。
参加した高校生は、採用担当者らに、
質問を投げ掛けたり、
熱心にメモをとったりしていた。
16TN1_2117.jpg17TN1_2160.jpg18TN1_2164.jpg
19TN1_2094.jpg20TN1_2141.jpg21TN1_2155.jpg
主催した土岐商工会議所の担当者は、
「コロナ禍においても、土岐市内の企業は、
求人意欲が高く、開催を待ち望まれていた。
企業にとっては、採用試験や面接を行う前に、
若者の素直な意見が聴ける良い機会。
一方、高校生にとっては、
社員の生の声が聴ける貴重な機会であり、
早い段階で、自分の将来について、
具体的に考えることができる。
対面方式の利点は、企業のパンフレットや、
ホームページだけでは分からない、
リアルがあること。
土岐商工会議所としては、
今後も、企業・学校・生徒を結ぶ、
『橋渡し役』を務めていきたい」と語った。
web01-tokicci-2022-EPSON054.jpgweb02-tokicci-2022-EPSON055.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2022年04月27日 (11:55)

核融研がプラズマ断熱層の高性能化を解明【プラズマの流れを計測】

核融合科学研究所(土岐市下石町)の
小林達哉助教・清水昭博助教らの研究グループは、
同所の大型ヘリカル装置(LHD)を用いた、
軽水素実験と重水素実験について、
プラズマの状態を比較。
プラズマの内部の流れを計測したところ、
軽水素プラズマに比べ、重水素プラズマの方が、
強い流れが発生することを発見した。
01TN1_8416.jpg02TN1_8449.jpg03TN1_8461.jpg
04TN1_8462.jpg05TN1_8466_20220427122602619.jpg06TN1_8473.jpg
プラズマの中心部を取り囲むような
強い流れが発生すると、その流れによって、
「断熱層」が形成される。
断熱層が形成されると、プラズマの中心部から、
外へと伝わる熱が少なくなるため、
中心部の熱が上昇する。
プラズマの高温化には、断熱層の解明が必要だが、
小林達哉助教・清水昭博助教らの研究グループは、
今回の比較実験により、重水素プラズマの方が、
断熱層の性能が高いことも、明らかにした。
07TN1_8493.jpg08TN1_8496.jpg09TN1_8504.jpg
10TN1_8517.jpg11TN1_8527.jpg12TN1_8555.jpg
計測には「重イオンビームプローブ」と呼ばれる、
先進的なプラズマ計測機器を使用。
時速800万キロまで加速させた金イオンを、
プラズマに入射し、プラズマを通過してきた、
高速ビームのエネルギー変化量を計測した。
13TN1_8542.jpg14TN1_8534.jpg15TN1_8562.jpg
小林達哉助教・清水昭博助教は、
「将来、核融合発電を実現するには、
プラズマの強い流れと高性能な断熱層の形成が、
重要になってくる。
今後は、なぜ重水素プラズマの方が、
強い流れが形成しやすいのか、
理論・シミュレーション研究と歩調を合わせながら、
解明していきたい」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2022年04月25日 (16:20)

岐阜トヨペット土岐店が瑞浪市で特定外来生物を駆除【オオキンケイギク】

岐阜トヨペット株式会社(本社・羽島郡岐南町)は、
本日、4月25日(月曜日)を、
「GIFU TOYOPET C3(シーキューブ)
connection Day」と題し、全社を挙げて、
地域貢献活動を展開。
土岐店(土岐市泉町定林寺)の社員14人は、
瑞浪市松ケ瀬町を流れる土岐川の堤防沿いで、
特定外来生物「オオキンケイギク」の駆除を行った。
01TN1_8308.jpg02TN1_8315.jpg03TN1_8311.jpg
自動車の販売・整備・点検などを手掛ける、
岐阜トヨペット株式会社では、
3年前から年2回、地域貢献活動を実施。
瑞浪市もテリトリーにしている土岐店は、
「何か役に立つことはできないか」と、
瑞浪市役所に相談したところ、
オオキンケイギクの駆除を依頼された。
04TN1_8341.jpg05TN1_8337.jpg06TN1_8343.jpg
オオキンケイギク(大金鶏菊)は、
キク科の外来植物で、5月~7月には、
黄色い花を咲かせる。
繁殖力が強く、在来種に影響を与えるため、
平成18(2006)年に、外来生物法に基づき、
特定外来生物に指定された。
07TN1_8369.jpg08TN1_8365.jpg09TN1_8353.jpg
本日の駆除作業は、松ヶ瀬橋から、
約500メートルの範囲で実施。
現在はまだ、蕾(つぼみ)の状態だったが、
至る所に群生しており、土岐店の社員らは、
汗ばむ陽気の中、駆除作業に励んだ。
根っこごと引き抜いたオオキンケイギクで、
あっという間に、ごみ袋がいっぱいになった。
10TN1_8378.jpg11TN1_8379.jpg12TN1_8382.jpg
岐阜トヨペット土岐店の黒嶋幹也店長は、
「事業所は土岐市にあるが、
瑞浪市にも、多くのお客様がおり、
喜んでいただけたら、うれしい。
地元密着企業として、今後も、
地域貢献活動に取り組んでいきたい」と語った。
なお、駆除した350キロ分のオオキンケイギクは、
瑞浪市が焼却処分するとのこと。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2022年04月22日 (11:59)

置田鉄工所が岐阜みずなみ工場を完成【国内工場4カ所目】

株式会社置田鉄工所(本社・大阪府堺市、
置田展生代表取締役社長)は、
岐阜県瑞浪市山田町の工業団地
瑞浪クリエイション・パークに、
「岐阜みずなみ工場」を完成させた。
岐阜県の富田剛商工労働部次長や、
瑞浪市の水野光二市長、勝康弘副市長、
瑞浪市議会の熊谷隆男議長らを招いて、
完成報告会を開いた。
01TN1_7647.jpg02TN1_7658.jpg03TN1_7665_2022042212475810d.jpg
各種ベアリング・自動車部品の
鍛造加工を手掛ける、株式会社置田鉄工所は、
昭和38(1963)年に創業し、
昭和44(1969)年に会社を設立。
大阪工場・岡山工場・岐阜工場
(岐阜県可児郡御嵩町)があり、
国内の工場としては、4カ所目。
04TN1_7670_2022042212480207c.jpg05TN1_7682.jpg06TN1_7683.jpg
07TN1_7691.jpg08TN1_7705.jpg09TN1_7713.jpg
岐阜みずなみ工場については、
平成30(2018)年に土地を取得し、
令和3(2021)年6月には、
瑞浪市と企業立地協定を締結した。
令和3(2021)年9月に着工し、
令和4(2022)年2月に完成。
令和4(2022)年3月2日に、
操業を開始した。
10TN1_7728.jpg11TN1_7729.jpg12TN1_7711.jpg
敷地面積は約4185平方メートルで、
工場は鉄骨造2階建て。
初期投資額は約17億円。
岐阜みずなみ工場では、
ベアリングや自動車部品素形材を、
初年度は月産50万個(年商1億円)、
令和6(2024)年度は、
月産100万個(年商2億円)を目指す。
13TN1_7733.jpg14TN1_7740.jpg15TN1_7745.jpg
16TN1_7749.jpg17TN1_7754.jpg18TN1_7764.jpg
置田鉄工所の置田展生社長(のぶお)は、
「岐阜みずなみ工場は、
国内工場における機械加工分野の一部を、
集中・拡大させるためのもの。
ご支援くださる皆様のご期待に添うべく、
社員一同、一層努力します」と述べた。
工場見学では、同社岐阜工場の
渋谷純司工場長が案内した。
19TN1_7759_202204221248119a1.jpg20TN1_7777.jpg21TN1_7784.jpg
なお、瑞浪クリエイション・パークは、
19区画あり、置田鉄工所を含め、
18区画で操業している。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。