2022年07月06日 (10:57)

東濃中部病院事務組合が令和4(2022)年第2回臨時会

東濃中部病院事務組合
(管理者=加藤淳司土岐市長)は、
本日、7月6日(水曜日)に、
令和4(2022)年・第2回・
東濃中部病院事務組合議会・臨時会
」を、
土岐市議会議場で開いた(会期は1日間)。

水野哲男副議長(土岐市議)が臨時議長を務め、
熊谷隆男議員(瑞浪市議)を議長に指名推薦した。
異議は無く、熊谷隆男議員が議長に当選した。

◆議第7号「令和4(2022)年度・
東濃中部病院事務組合病院事業会計
補正予算(第1号)」
《債務負担行為の補正》追加

◎新病院建設事業
(建築設計・施工、造成工事)
【限度額】239億1000万円
【財源の内訳】
◇負担金および補助金(1億3200万円)
◇企業債(237億7800万円)
【期間】
令和4(2022)年度から、
令和7(2025)年度まで。

◎コンストラクションマネジメント業務委託
【限度額】3261万5000円
【財源の内訳】
◇負担金および補助金(3261万5000円)
【期間】
令和4(2022)年度から、
令和5(2023)年度まで。

【質疑】
◎山下千尋議員(瑞浪市議)
「新病院に設置する、
医療機器の購入費などを含めると、
290億円ほどが見込まれると、
全員協議会において、説明があった。
総事業費は、当初の説明から、
約1・5倍になっている。
239億1000万円の積算の内訳は、
どのようか」

◎小木曽博久事務局長
「病院本体および外構などの工事費として、
約220億円(工事請負費)。
造成工事費として約14億円(工事請負費)。
建築基本設計費が約1億3000万円(委託費)。
建築実施設計費が約3億8000万円(委託費)」

◎山下千尋議員(瑞浪市議)
「積算の根拠はどのようか」

◎小木曽博久事務局長
「今回はECI方式ではなく、
DB方式(デザインビルド方式)を採用した。
設計が完了していないことから、
建設市況における実績などによるもの」

◎山下千尋議員(瑞浪市議)
「今回の239億1000万円は、
まだ設計が済んでいない中での金額。
社会経済情勢が不安定な現状において、
構成市(土岐市・瑞浪市)および、
指定管理者(JA岐阜厚生連)の
負担額の上限を、定めるべきではないか」

◎加藤淳司管理者(土岐市長)
「債務負担行為の限度額を定めるということは、
現時点での上限額と、理解していただきたい。
DB方式(デザインビルド方式)を採用したため、
現時点では、詳細な工事費が積算されていない。
そのため、設計が完了した時点で、
積算された建設事業費が、
建設市況および物価上昇などを踏まえた上で、
『やむを得ない』と判断した場合には、
新たな判断が必要になる。
上限額を、組合として定めるかについては、
まだ不透明な状況ということを含め、
そのような考えは無い」

◎山下千尋議員(瑞浪市議)
「設計が完了した時点での建設事業費が、
今後の社会経済情勢の変化によって、
変動する可能性はあるか」

◎加藤淳司管理者(土岐市長)
「設計が完了した段階で、積算した建設事業費は、
確定した金額だと、わたしは理解している。
そのような心配は無い」

【採決】
全会一致で可決。

【参考】
建設事業費(医療機器の購入費を除く)の確定は、
令和5(2023)年度の後半を見込んでいる。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL

2022年07月01日 (23:37)

アートキューブが16日(土)に公演【展覧会は30日(土)まで】

地元の画家やグラフィックデザイナー、
イラストレーターらによる、
第3回アートキューブ展覧会
「読み描き奏でる時(よみえがきかなでるとき)」が、
明日、7月2日(土曜日)から、
瑞浪市地域交流センターときわ
(瑞浪市寺河戸町)で始まる。
会期は7月30日(土曜日)まで。
時間は午前10時から午後4時まで。
入場無料。
07TN1_6982.jpg08TN1_7099.jpg
インターネットの電子図書館「青空文庫」から、
「時」や「時計」をテーマにした作品、
新美南吉の「うた時計」や、
小川未明の「時計のない村」、
芥川龍之介の「蜜柑」などを、
アクリル画・日本画・切り絵などで表現した。
出品者は、40歳代から70歳代までの6人で、
瑞浪市在住者は、
有賀正季さん(画家)、
01TN1_6995.jpg
栗木栄子さん(イラストレーター)、
02TN1_7006.jpg
中山尚子さん(イラストレーター)、
03TN1_7022.jpg
増田衣美さん(デザイナー)、
04TN1_7030.jpg
多治見市在住者は、
北村武志さん(画家)、
05TN1_7046.jpg
金光紀子さん(イラストレーター)。
06TN1_7059.jpg
この6人は、絵画・音楽・演劇の
3つのジャンルでつくるグループ、
「アートキューブ」の絵画部門のメンバー。
もともと、平成21(2009)年に結成し、
同じく3つのジャンルで編成したグループ、
トライ・アーツ・クラブ」のメンバーだったが、
音楽部門のメンバーが、大幅に入れ替わったため、
トライ・アーツ・クラブは、
平成30(2018)年12月に解散。
新たに「アートキューブ」として、再出発した。
ちなみに、絵画部門の6人は、
トライ・アーツ・クラブの時代と同じメンバー。
トライ・アーツ・クラブでは、年1回の展覧会を、
平成22(2010)年から、
平成30(2018)年まで、9回開催した。
01TN1_7104.jpg02TN1_7085.jpg03TN1_7120.jpg
また、全国の被災地を支援しようと、
「チャリティー販売コーナー」も併設。
絵画や陶磁器、ミニチュアアートなどのほか、
6人の作品が楽しめる来年のカレンダーも、
販売している(1部600円)。
なお、チャリティー販売コーナーのみ、
演劇部門の安江裕美さんも出品している。
04TN1_7078.jpg05TN1_7095.jpg06TN1_7089.jpg
7月16日(土曜日)は、
展覧会と同じテーマで、公演を行う。
公演は、朗読・演奏・絵画による劇で、
音楽部門のメンバーから、
安藤よしのさん(フルート)と、
森山康子さん(ピアノ)の2人が演奏し、
演劇部門のメンバーから、
いちかわあつきさん・加藤純子さん・
安江裕美さんの3人が朗読を披露する。
07TN1_7112.jpg08TN1_7074.jpg09TN1_7127.jpg
午前の部(午前11時開演)と、
午後の部(午後2時開演)の2回公演。
定員は各回50人。
入場料は、前売りが1000円で、
当日は1200円(小学生以下は無料)。
web-ART-CUBE-2022-EPSON121
チケットの購入・問い合わせは、
瑞浪市地域交流センター「ときわ」
(TEL0572─66─1282)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL

2022年07月01日 (14:13)

第72回「社明運動」のメッセージを伝達【瑞浪保護司会&瑞浪女性の会】

瑞浪保護区保護司会(工藤誠会長)は、
「第72回・社会を明るくする運動」に伴う、
内閣総理大臣と岐阜県知事のメッセージを、
瑞浪市の水野光二市長に伝達。
工藤誠会長ら4人の保護司と、
「瑞浪更生保護女性の会」の林一子会長ら、
メンバー3人が、瑞浪市役所を訪れ、
水野光二市長にメッセージを手渡した。
01TN1_6743.jpg02TN1_6762.jpg03TN1_6777.jpg
7月1日は「更生保護の日」で、
7月は法務省が主唱する、
社会を明るくする運動」の強調月間。
以前は、法務大臣のメッセージだったが、
平成27(2015)年から、
内閣総理大臣のメッセージに変わった。
04TN1_6798.jpg05TN1_6809.jpg06TN1_6937.jpg
本日の伝達式では、
工藤誠会長が、
岸田文雄首相のメッセージを、
林一子会長が、
古田肇岐阜県知事のメッセージを、
それぞれ読み上げた。
07TN1_6846.jpg08TN1_6830_20220701150652ca7.jpg09TN1_6838.jpg
現在、瑞浪保護区保護司会に所属する保護司は、
16人(昨年比同)で、
保護観察対象者は1人(昨年比3人減)。
対象者や家族について、
「生活環境の調整」が必要とされる案件は、
2件(昨年比2件増)を抱えている。
また、瑞浪更生保護女性の会には、
119人のメンバーが所属している。
10TN1_6871.jpg11TN1_6887.jpg12TN1_6864.jpg
ちなみに、瑞浪保護区保護司会は、
平成29(2017)年6月13日に、
「瑞浪更生保護サポートセンター」を、
瑞浪市役所の西分庁舎(1階)相談室に開設。
開設日は毎週、
月曜日・水曜日・金曜日(祝日は除く)。
時間は午前9時から正午まで。
問い合わせは、瑞浪保護区保護司会
(TEL0572─56─1030)まで。
13TN1_6907.jpg14TN1_6854.jpg15TN1_6929_20220701151651b03.jpg
なお、瑞浪保護区保護司会の保護司らは、例年、
「社会を明るくする運動」に係る街頭啓発活動を、
瑞浪市内のスーパーマーケットで実施
(おととしと昨年はコロナ禍で中止。今年は未定)。
また、瑞浪市立の学校に通う小・中学生に、
啓発物品を配る。
16TN1_6924.jpg17TN1_6881.jpg18TN1_6827.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL

2022年07月01日 (10:34)

第72回「社明運動」のメッセージを伝達【土岐保護区保護司会】

土岐保護区保護司会(出口満知子会長)は、
「第72回・社会を明るくする運動」に伴う、
内閣総理大臣と岐阜県知事からのメッセージを、
土岐市の加藤淳司市長に伝達。
伝達式が土岐市役所で開かれ、
出口満知子会長ら保護司9人と、
土岐地区更生保護女性会の木村惠美子会長
(木村恵美子)の計10人が出席した。
01TN1_6539_20220701110510f7e.jpg02TN1_6555.jpg03TN1_6567.jpg
04TN1_6575.jpg05TN1_6587.jpg06TN1_6533.jpg
7月は、法務省が主唱する、
社会を明るくする運動全国推進月間」。
以前は、法務大臣からのメッセージだったが、
平成27(2015)年から、
内閣総理大臣のメッセージに変わった。
出口満知子会長が、
岸田文雄首相のメッセージを、
同保護司会の後藤健次副会長が、
古田肇知事からのメッセージを、
それぞれ読み上げた後、
加藤淳司市長に手渡した。
07TN1_6612.jpg08TN1_6634.jpg09TN1_6713.jpg
10TN1_6638_20220701110543a86.jpg11TN1_6630.jpg12TN1_6627.jpg
現在、土岐保護区保護司会所属の保護司は、
24人(昨年比2人増)で、
土岐保護区の保護観察対象者は、
12人(昨年比2人増)。
また、対象者や家族について、
「生活環境の調整」が必要とされる案件は、
4件(昨年比2件減)を抱えている。
土岐市役所の敷地内にある、
「土岐更生保護サポートセンター」には、
昨年度、約120回の相談が寄せられた。
13TN1_6646.jpg14TN1_6657.jpg15TN1_6666.jpg
16TN1_6669.jpg17TN1_6672_202207011107511c6.jpg18TN1_6677.jpg
土岐保護区保護司会では、
土岐市内の各中学校の代表生徒に、
「中学生一日保護司」を委嘱している。
今年の中学生一日保護司は、
7月11日(月曜日)に、
社会を明るくする運動に伴う啓発活動を、
JR土岐市駅前で行う。
また、土岐市内の児童・生徒に対し、
社会を明るくする運動作文コンテストへの応募を、
呼び掛けている。
19TN1_6694.jpg20TN1_6701.jpg21TN1_6722.jpg
土岐更生保護サポートセンターは、
土岐市役所と同じ敷地内にあるが、本庁舎とは別棟。
問い合わせは、土岐更生保護サポートセンター
(TEL0572─54─1111・内線672)
(FAX0572─54─1288)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL

2022年06月30日 (15:31)

大脇聡社長がふるさと瑞浪市で和太鼓を【釜戸小でワークショップ】

プロの和太鼓集団「志多ら」
(しだら)によるワークショップが、
瑞浪市立釜戸小学校(釜戸町)で開かれた。
有限会社志多ら(本社・愛知県北設楽郡東栄町)の
代表取締役を務める、大脇聡さん(47歳・さとし・
志多らグループ総合統括プロデューサー)は、
瑞浪市土岐町の出身。
大脇聡さんら志多らのメンバー5人が来校し、
和太鼓の面白さを児童に伝えた。
01TN1_6248.jpg02TN1_6252.jpg03TN1_6263.jpg
04TN1_6284.jpg05TN1_6304.jpg06TN1_6332.jpg
ワークショップは、釜戸町まちづくり推進協議会
(足立弘文会長)が主催。
全校児童85人を、低学年(1~3年生)と、
高学年(4~6年生)に分けて行った。
瑞浪市の釜戸町と大湫町の住民でつくる、
和太鼓集団「青龍」(せいりゅう)のメンバー、
7人も来校し、志多らの指導をサポートした。
07TN1_6347.jpg08TN1_6318.jpg09TN1_6324.jpg
10TN1_6353.jpg11TN1_6357_20220630170230005.jpg12TN1_6359.jpg
大脇聡さんは、
「太鼓はみんなでたたいて、楽しむ楽器。
リズムを口に出すと、覚えやすいよ」と述べ、
バチの持ち方や構え方などを教えた。
低学年の児童は、志多らのオリジナル曲
「楽」(らく)に挑戦。
13TN1_6375.jpg14TN1_6387.jpg15TN1_6415.jpg
16TN1_6444.jpg17TN1_6406.jpg18TN1_6433.jpg
児童らは「ドン・ドン・ドコ・ドコ・
ドン・ドン・ドン・ソーレ!」と、
「ドコ・ハイ!ドコ・ハイ!
ドコ・ハイ!ドコ・ハイ!」の
2つのリズムを習った。
3人1組で、1張りの太鼓を囲むと、
交互にたたいたり、全員でたたいたりして、
「楽」を演奏した。
19TN1_6451.jpg20TN1_6454.jpg21TN1_6513.jpg
22TN1_6478.jpg23TN1_6467.jpg24TN1_6508.jpg
なお、志多らのメンバー・鬼頭孝幸さんによる、
篠笛(しのぶえ)ソロライブ「和気あいあい
瑞浪公演が、8月21日(日曜日)に、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)で開かれる。
チケットの発売は、
明日、7月1日(金曜日)午前9時から。
問い合わせは、有限会社志多ら
(TEL0536─76─1708)まで。
web-Kito-Takayuki-EPSON119.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。