2022年01月15日 (17:30)

土岐くらしのラボ2022がキックオフ【プロジェクトの立案に向けて】

土岐市役所まちづくり推進課は、
協働のまちづくり活動として、
今年、令和4(2022)年は、
「土岐くらしのラボ
=協働の未来をつくろう2022=」を行う。
ワークショップの第1回目
(キックオフセッション)を、
土岐市役所で開いた。
01TN1_3063.jpg02TN1_3068.jpg03TN1_3085.jpg
04TN1_3074.jpg05TN1_3092.jpg06TN1_3088_20220115194116f49.jpg
土岐市は、
第六次土岐市総合計画に掲げる基本目標
「協働の仕組みづくり」を達成するため、
平成28(2016)年度
《平成29(2017)年3月》から、
ワークショップ「土岐くらしのラボ」を、
スタートさせた。
07TN1_3105.jpg08TN1_3117.jpg09TN1_3118.jpg
10TN1_3161.jpg11TN1_3151.jpg12TN1_3145.jpg
土岐くらしのラボでは、これまで、
①「認知症の方とふれあう」暮らし
②「ママにやさしい」暮らし
③「うつわを楽しむ」暮らし
④「自然で遊ぶ」暮らし
⑤「地域と生きる」暮らし
⑥「ふるさとを感じられる」暮らし
⑦「市民とともにつくる」暮らし
⑧「市役所を楽しむ」暮らし
の8つのプロジェクトについて、研究してきた。
13TN1_3168.jpg14TN1_3170.jpg15TN1_3178.jpg
16TN1_3163.jpg17TN1_3177.jpg18TN1_3184.jpg
令和3(2021)年度から、
土岐市協働のまちづくり支援業務委託の事業者が、
コンサルタント業などを手掛ける、
「株式会社フューチャーセッションズ」
(本社・東京都渋谷区)に代わり、
今年、令和4(2022)年は、
プロジェクト自体を再度、
検討・創出することにした。
19TN1_3181.jpg20TN1_3190.jpg21TN1_3208.jpg
22TN1_3165.jpg23TN1_3201.jpg24TN1_3212.jpg
今年の土岐くらしのラボのテーマは、
「みんなの力で豊かな土岐をつくろう!」。
本日から5月21日(土曜日)まで、
全7回、開催する予定で、7回目は、
「プロジェクト発表会」を開く。
そして、今年の夏ごろから、
プロジェクトの実現に向けて、動き出す。
web01-tokikurashinolabo-2022.jpgweb02-tokikurashinolabo-2022.jpg
参加者を募集したところ、土岐市を中心に、
名古屋市や岐阜市などからも応募があり、
今年は34人で始動。
本日は株式会社フューチャーセッションズから、
最上元樹さん(イノベーションプロデューサー・
地域共創アドバイザー)ら社員3人が来庁し、
講師を務めた。
参加者らは、自己紹介をし合ったり、
今後、情報共有がしやすいように、
メッセージングアプリ「Slack」(スラック)
使い方を学んだりした。
25TN1_3235.jpg26TN1_3242.jpg27TN1_3243.jpg
28TN1_3220.jpg29TN1_3227.jpg30TN1_3222.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。