2022年01月19日 (13:19)

関口明子さんがオギソ画廊で初個展【静物画と抽象画を計26点】

一般社団法人春陽会会友の関口明子さん
(多治見市虎渓山町・あきこ)による作品展が、
本日、1月19日(水曜日)から、
オギソ画廊(瑞浪市土岐町)で始まった。
会期は1月23日(日曜日)まで。
01TN1_3941.jpg02TN1_3933.jpg
関口明子さんは、40年ほど前に、
アマチュアの絵画グループ
「ぼけの会」に入会。
春陽会会員の洋画家、故・上原欽二氏
(1915─2001)に師事した。
家業の陶磁器の転写に従事する傍ら、
趣味として、絵を描き続けてきた。
個展を開くのは、今回が初めて。
03TN1_3923.jpg04TN1_3930.jpg
会場には、A5サイズから20号まで、
油彩画やパステル画、26点を展示・販売
(一部、非売品あり)。
花や野菜、瓶などをモチーフにした、
静物画・抽象画を飾っている。
05TN1_3939.jpg06TN1_3917.jpg
関口明子さんは、
「働いていた当時は、仕事が忙しく、
子育てもあり、本当に大変だった。
そのため、絵を描くことが、
息抜きになっていた。
花を題材にする際は、咲き誇るさまよりも、
枯れていく姿を描きたい。
人間と同じで、哀愁を感じるから。
見たままを描くのではなく、
その物が持つ気持ちが表現できた時は、
色や形に自分らしさが出ている。
これからも、絵を描き続けることで、
人との縁を大切にしていきたい」と語った。

瑞浪市土岐町7272─1/
TEL0572─67─0882/
午前10時~午後5時/
会期中無休/入場無料/
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。