2022年02月03日 (13:03)

陶幼児園で節分の豆まき【心の鬼を追い出そう】

本日、2月3日(木曜日)は節分の日。
瑞浪市立陶幼児園
(陶町猿爪・土屋和代園長)は、
節分会(せつぶんえ)を開き、
恒例の豆まきを行った。
01TN1_5182_20220203115138483.jpg02TN1_5194.jpg03TN1_5202.jpg
04TN1_5221.jpg05TN1_5230.jpg06TN1_5212.jpg
例年は、陶町の長寿会に所属する男性が来園し、
鬼役を務めていたが、今年は昨年と同様、
新型コロナウイルス感染症対策として、
陶幼児園の保育士1人と市職員1人が鬼を演じた。
0歳児から5歳児まで、園児37人が参加。
豆まき大会は園庭で行われ、
年少児は園舎の中から見学した。
07TN1_5253.jpg08TN1_5243.jpg09TN1_5262.jpg
10TN1_5268.jpg11TN1_5290.jpg12TN1_5293.jpg
園児らは、事前に手作りした鬼の面を装着。
土屋和代園長は園児らに、
「みんなの心の中にいる、
怒りん坊鬼や泣き虫鬼たちを追い出そう。
『鬼は外・福は内』と叫んで、
陶幼児園に幸せを呼び込もう」と話した。
園児らは柊(ヒイラギ)の枝に、
鰯(イワシ)の頭を刺した魔よけ
「柊鰯」(ひいらぎいわし)の意味を学んだ。
13TN1_5309.jpg14TN1_5300.jpg15TN1_5297_20220203121545a24.jpg
16TN1_5303.jpg17TN1_5306.jpg18TN1_5316.jpg
園庭に太鼓の音が鳴り響くと、
金棒を持った赤鬼と青鬼が登場。
鬼に追い回されると、
蜘蛛の子を散らしたように、
園児らは逃げ出した。
最初は逃げ回っていたが、
先生や友達が鬼に捕まると、
豆を投げて応戦し、助け出そうとした。
19TN1_5319.jpg20TN1_5333.jpg21TN1_5339.jpg
22TN1_5351.jpg23TN1_5354.jpg24TN1_5362.jpg
なお、今年は豆まきの前に、
大豆を炒る(いる)様子を園児に見せたほか、
アセビ(馬酔木・アシビ・アセボ)の枝も用意。
アセビを燃やすことで、
『パチパチ』という鬼が嫌いな音を立てた。
25TN1_5365.jpg26TN1_5379.jpg27TN1_5383.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。