2022年02月16日 (16:38)

麗澤瑞浪中1年生が瑞浪市のまちづくりに提言【R3探究学習】

麗澤瑞浪中学・高等学校
(瑞浪市稲津町萩原・藤田知則校長)の
中学1年生61人が、20グループに分かれ、
「瑞浪市のまちづくり」をテーマにした、
探究学習に取り組んだ。
本日、2月16日(水曜日)には、
オンラインによる発表会が開かれ、
学内選考を通過した4グループが、
瑞浪市職員らに提言を行った。
01TN1_6470.jpg02TN1_6499.jpg03TN1_6502.jpg
04TN1_6503.jpg05TN1_6529.jpg06TN1_6518.jpg
麗澤瑞浪中学校では「総合的な学習の時間」を、
「RISE」と名付け、探究学習に取り組んでいる。
「瑞浪市のまちづくり」をテーマにした探究学習は、
昨年度、令和2(2020)年度からで、
本年度で2年目。
生徒らは昨年、令和3(2021)年10月6日に、
オンライン型探究学習会」を受講。
瑞浪市職員から事前に、
瑞浪市の現状や課題などを学んだほか、
株式会社エナジードが提供する教材を活用し、
週1回、その解決策を考えてきた。
07TN1_6544.jpg08TN1_6568.jpg09TN1_6556.jpg
10TN1_6558_20220216200713aa9.jpg11TN1_6580.jpg12TN1_6634.jpg
4グループの生徒らは、
①瑞浪市民公園の周辺に、パターゴルフ場を整備し、
ゴルフの町みずなみをPRする。
②コンビニに、市政に対する意見箱を設置する。
③アウトドア好きの人に、
瑞浪市へ移住してもらえるように、
アウトドア専門店を誘致したり、
空き家をリノベーションしたりする。
④回覧板のタブレット化。
などを提案した。
単なる理想論で終わらないようにするため、
他市の取り組み事例を紹介したり、
既に瑞浪市が取り組んでいることについては、
施策の内容を把握した上で、意見を述べたりした。
13TN1_6693.jpg14TN1_6700.jpg15TN1_6702.jpg
発表に対する審査は、稲津町のNPO法人
明日の稲津を築くまちづくり推進協議会」の
勝股清治理事長(きよはる)や、
瑞浪市役所の小木曽昌弘まちづくり推進部長、
株式会社エナジードの社員ら、4人が担当。
審査の結果、市長賞には、
「未来に続け瑞浪市」(チームOasis)が、
01TN1_6647.jpg02TN1_6652.jpg03TN1_6667.jpg
04TN1_6658.jpg05TN1_6683.jpg06TN1_6663.jpg
明日の稲津を築くまちづくり推進協議会理事長賞には、
「私たちの目指す理想の瑞浪市」(Mチーム)が、
07TN1_6588_20220216194138131.jpg08TN1_6589_202202161941411a8.jpg09TN1_6619.jpg
10TN1_6609.jpg11TN1_6623.jpg12TN1_6603.jpg
それぞれ選ばれた。
残りの2チームは、奨励賞を受賞した。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム