2022年03月02日 (15:25)

土岐医師会准看護学校の第54期生が卒業式【新型コロナ対策で規模を縮小】

土岐医師会准看護学校
(土岐市土岐津町高山・勝股真人校長)で、
令和3(2021)年度「卒業式」が開かれ、
第54期生22人が、学びやから巣立った。
01TN1_7999.jpg02TN1_8007.jpg03TN1_8023.jpg
今年の卒業式は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、規模を縮小。
土岐市長や瑞浪市長ら、来賓は招かず、
在校生については、代表1人の出席にとどめ、
卒業生の保護者の出席も無かった。
また、校歌などの斉唱も行わなかった。
04TN1_8032_20220302170400549.jpg05TN1_8047.jpg06TN1_8057.jpg
第54期生の内訳は、
男性が9人で、女性は13人。
生徒たちは准看護師の免許を取得するため、
2年間、基礎看護学を学んだり、
病院実習や介護実習などを行ったりしてきた。
准看護師の試験は、
2月15日(火曜日)に実施済みで、
3月10日(木曜日)に合格発表がある。
07TN1_8064.jpg08TN1_8071.jpg09TN1_8065.jpg
卒業式では、勝股真人校長(まひと)が、
卒業生の代表1人に、卒業証書を手渡した後、
「社会のルールや世の中の常識というものは、
准看護学校の教育課程には入っていない。
これらについては、自分の感性などで、
身に付けなければならない」と語った後、
「皆さんが本日を迎えられたのは、
多くの人たちの支えがあったから。
周囲への感謝の心を常に持ち、
人々に元気と勇気を与え、誰からも親しまれ、
病める人の痛みが分かる、
心豊かな准看護師になって下さい。
日本は、超高齢化社会を迎え、
看護師への期待・需要・必要性は、
ますます高まっている。
准看護師としての使命を全うするため、
笑顔を忘れず、前向きに進んでいこう」と、
式辞を述べた。
10TN1_8075.jpg11TN1_8080.jpg12TN1_8085.jpg
在校生代表の伊藤雅亮さん
(1年生・恵那市・まさあき)が送辞。
13TN1_8096_20220302174519a25.jpg14TN1_8103.jpg15TN1_8119.jpg
卒業生を代表して、後藤真菜美さん
(中津川市・30歳・まなみ)が、
「新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、
私たちの生活も、医療の在り方も、変わった。
今、看護に何が求められているのかを考えながら、
看護者としての責任と役割の大きさを受け止め、
患者様1人ひとりに接していかなければならない。
本校で学んだ、態度・知識・技術的能力という、
3要素を駆使して、人を見守りたい。
今後も自己研鑽(けんさん)に励み、
日々、精進していきます」と、答辞を述べた。
なお、後藤真菜美さんは、
「岐阜県知事賞」と「皆勤賞」に輝いた。

※第54期生の「入学式」と「戴帽式」の過去記事へ。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。