2022年03月04日 (15:01)

瑞浪市陶磁資料館で土びなまつり【鎌倉殿の六雛も】

ミニ企画展「土びなまつり」が、
瑞浪市陶磁資料館のホール
(遠藤三知郎館長・明世町山野内)で、
3月1日(火曜日)から始まった。
会期は5月8日(日曜日)まで。
※4月5日(火曜日)から、
一部、展示替えを行う予定。
04TN1_8967.jpg05TN1_8944.jpg
瑞浪市土岐町市原では、明治時代中期に、
犬山土人形の製作者・野呂松次郎を招き、
土人形の製作方法を学んだ。
農閑期の副業として、
益見地区や山田地区などにも広まり、
瑞浪市では戦前まで、
雛人形(ひなにんぎょう)と言えば、
土雛(つちびな)を意味するほど、
多くの家庭に普及していた。
しかし、戦時下になると、生産量が減少。
戦後は、高価な布製の雛人形が広まったため、
多くの土雛製作者が、廃業を余儀なくされた。
06TN1_8971.jpg07TN1_8978.jpg
瑞浪市陶磁資料館では、
約500体の土人形を収蔵。
ホールでは、令和3(2021)年度に、
瑞浪市内外の6人から寄贈された、
計43体の土雛・土人形を含む、
約100体を展示している。
08TN1_8936.jpg09TN1_8956.jpg
雛壇(ひなだん)の背景には、
歌舞伎を題材にした「錦絵」12点を掲示。
こちらは、個人から借りた明治中期の作品で、
期間限定の公開となっている。
02TN1_8982.jpg03TN1_8986.jpg
また、NHK大河ドラマ
鎌倉殿の13人」をなぞり、
おひなの会の作品と伝世品を並べた、
「鎌倉殿の六雛」も飾っている。
01TN1_8931.jpg
ホールのみの入館は無料。
問い合わせは、瑞浪市陶磁資料館
(TEL0572─67─2506)まで。
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム