2022年03月08日 (00:02)

陶磁器試験場伝習修了生展を初開催【土岐市役所で11日(金)まで】

第1回「陶磁器試験場伝習修了生展」が、
本日、3月8日(火曜日)から、
土岐市役所(土岐津町土岐口)の
多目的スペース(1階)で始まる。
会期は3月11日(金曜日)まで。
01TN1_9332.jpg02TN1_9288.jpg03TN1_9284.jpg
土岐市は、昭和33(1958)年に、
土岐市の陶磁器業界を担う技術者を育成するため、
「伝習生制度」を設けた。
窯元・製陶所の跡継ぎや、
窯業関係への就職が決まっている人らを対象に、
土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
(肥田町肥田)の市職員が、指導に当たっている。
原則1年課程だが、より専門技術を習得するため、
さらにもう1年、学ぶ人もいる。
1年目の人を「伝習生」、
2年目の人を「研修生」と呼んでいる。
本年度の伝習生はいないが、これまでに、
169人の伝習生を輩出した実績がある。
04TN1_9276.jpg05TN1_9298.jpg06TN1_9264.jpg
07TN1_9313.jpg08TN1_9316_202203080044519cb.jpg09TN1_9262_20220308004453e25.jpg
伝習生(研修生)の作品については、
これまでは、土岐市立陶磁器試験場で開く、
セラテクノ土岐展の会場に並べ、披露してきた。
今回は、一般市民の人にも見てもらい、
伝習生制度のPRにつなげようと、
土岐市役所でも展示することにした。
「陶磁器試験場伝習修了生展」としては初開催で、
「土岐市立陶磁器試験場・
セラテクノ土岐展in市役所」としては第3弾。
10TN1_9233.jpg11TN1_9237.jpg12TN1_9241.jpg
13TN1_9303.jpg14TN1_9299.jpg15TN1_9328.jpg
伝習生として学び、現在は窯元の主力や、
著名な陶芸作家などになっている12人が、
得意な技法で制作した器や、
引き合いがきている新商品など、
約200点を展示している。
出展者の中には、家業が製陶所のため、
親子2代で伝習生だった人や、
結婚を機に、妻の実家の製陶所で働くため、
畑違いの業種から、伝習生になった人もいる。
16TN1_9244.jpg17TN1_9248.jpg18TN1_9270.jpg
入場無料。
最終日は午後4時30分まで。
問い合わせは、
土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
(TEL0572─59─8312)まで。
19TN1_9309.jpg20TN1_9273.jpg21TN1_9324.jpg
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。