2022年03月15日 (16:28)

土岐市の窯元らがテーブルコーディネートを【今田功さんが指導】

土岐市内にある12の窯元・製陶所は、
日本最大級の器の祭典
テーブルウェア・フェスティバル」の
エグゼクティブプロデューサーで、
有限会社オフィスイマダ(神奈川県)の
代表取締役社長を務める、今田功さん
(いまだいさお・77歳)から、
商品開発の指導を受けている。
01TN1_1221.jpg02TN1_1229.jpg03TN1_1247.jpg
その成果として、自社製品の美濃焼を、
テーブルコーディネート(食卓のしつらえ)。
土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
(土岐市肥田町肥田)に展示した。
それぞれが、「友達をもてなす食卓」や、
「庭をめでながら楽しむ食卓」、
「おうち時間を楽しむ食卓」など、
さまざまなテーマで、食器を並べている。
04TN1_1256.jpg05TN1_1255.jpg06TN1_1265.jpg
07TN1_1279.jpg08TN1_1288.jpg09TN1_1293.jpg
本日、3月15日(火曜日)には、
加藤淳司市長を招いて、「発表会」を開催。
各社の代表者が、テーマの意図や得意な技術、
製品へのこだわり、今後の展開などを説明した。
10TN1_1300.jpg11TN1_1302_2022031521533685f.jpg12TN1_1317.jpg
13TN1_1322_202203152153466be.jpg14TN1_1329.jpg15TN1_1336_20220315215355762.jpg
今田功さんは「製造に手間がかかる、
いわゆる『面倒くさい製品』を、
面倒くさがらずに作る。
これこそが、時代の最先端を、
いくためのヒントになる。
今は、作り手が販路まで見据える時代。
売れる商品を作るのではなく、
売りたい商品を作ろう」などと、講評した。
16TN1_1344_20220315215357614.jpg17TN1_1354.jpg18TN1_1360.jpg
19TN1_1367.jpg20TN1_1375.jpg21TN1_1384.jpg
今田功さんによる窯元指導を主催したのは、
土岐市美濃焼PR委員会(市原雅治委員長)。
令和2(2020)年度からの継続事業で、
今後も指導を受けていくとのこと。
なお、明日、3月16日(水曜日)と、
あさって、3月17日(木曜日)の両日は、
「一般公開」を行う。
22TN1_1390.jpg23TN1_1395.jpg24TN1_1399.jpg
25TN1_1402.jpg26TN1_1410.jpg27TN1_1422.jpg
問い合わせは、セラテクノ土岐内、
土岐市美濃焼振興室
(TEL0572─59─8312)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム