2022年03月18日 (17:19)

土岐市消防長が救助者2人に感謝状【ウォーレンフォードの店主と客】

昨年、令和3(2021)年
12月26日(日曜日)午前7時50分ごろ、
飲食店「ウォーレンフォード」
(土岐市泉寺田町)を訪れた、
男性客A(77歳・土岐市民)が、
心肺停止状態に陥り、卒倒した。
01TN1_1629.jpg02TN1_1634.jpg
土岐市消防本部(山本達夫消防長)は、
適切な応急手当てを施したとして、
ウォーレンフォードの店主、酒井崇志さん
(47歳・さかいたかし・泉寺田町在住)と、
居合わせた別の男性客B(70歳代・土岐市民)に、
「土岐市消防長感謝状」を贈呈。
土岐市消防本部(土岐市肥田浅野笠神町)で、
感謝状の贈呈式を開き、山本達夫消防長が、
酒井崇志さんに感謝状を手渡した
(男性客Bは出席を辞退)。
03TN1_1643.jpg04TN1_1648.jpg
事案が発生した日、店主の酒井崇志さんが、
男性客Aに近づくと、新聞を落とし、目を閉じ、
口が半開きの状態で、座っているのを発見。
「最初は眠っているのかと思ったが、
これは普通ではない」と、119番通報をした。
酒井さんは、通信司令員の口頭指導
(電話で応急手当ての方法を教える)を受けながら、
倒れた男性客Aに対し、胸骨圧迫を施した。
05TN1_1658.jpg06TN1_1664.jpg
救急車を誘導するため、現場を離れる際には、
居合わせた別の男性客Bが、酒井崇志さんに、
胸骨圧迫の交代を申し出た。
そのため、救急隊が到着するまで、
胸骨圧迫を継続することができた。
救急隊が出動した土岐市北消防署と、
ウォーレンフォードの距離は、約400メートル。
土岐市消防本部が119番通報を受けてから、
救急隊が現場に到着するまで、
およそ6分間の出来事だった。
男性客Aは、岐阜県立多治見病院へ搬送され、
1月中旬に、無事退院したとのこと。
07TN1_1668.jpg08TN1_1672.jpg
ウォーレンフォードの酒井崇志さんは、
「倒れた客も、協力してくれた客も、常連さん。
胸骨圧迫の訓練を受けたことはなく、
初めてのことだったが、救急ドラマを思い出し、
そのイメージでやってみた。
正しいやり方で、できたかどうかは分からないが、
結果的にやれて、良かったと思う」と振り返り、
「2月に一度、退院した男性客が来店してくれた。
元気な姿を見せてもらえ、うれしかった」と語った。
09TN1_1676.jpg10TN1_1685.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。