2022年03月20日 (11:42)

妻木町青少年育成会がつまぎハピハピ夢花壇に看板を設置

土岐市の妻木町青少年育成会(鈴木浩司会長)は、
妻木平成町花壇「つまぎハピハピ夢花壇」に、
土岐市や妻木町をPRする看板を設置。
育成会のメンバーらが除幕した。
01TN1_2338.jpg02TN1_2384.jpg03TN1_2344.jpg
04TN1_2416.jpg05TN1_2407.jpg06TN1_2364.jpg
妻木町青少年育成会が管理する、
妻木平成町花壇は、交差点「平成町5」の近く、
東濃信用金庫下石支店妻木出張所
(土岐市妻木町)の北側にある。
春と秋の年2回、土岐市立妻木小学校の児童と、
つまぎいきいきクラブ連合会の高齢者の協力を得て、
花植え・水やり・除草など、整備を続けている。
07TN1_2374.jpg08TN1_2378.jpg09TN1_2398.jpg
看板の半分は、土岐市指定無形文化財
「流鏑馬」(やぶさめ)神事と、
岐阜県史跡「妻木城跡」(妻木城址)の写真。
残りの半分はイラストで、原画は妻木小学校の
イラストクラブに所属する6年生が担当した。
土岐市教育委員会のマスコットキャラクター
「とき丸」(ときまる)や美濃焼、
土岐市の花「キキョウ」などを、色鉛筆で描いた。
看板はアルミ複合板で、
縦90センチ・横3・6メートル。
10TN1_2421.jpg11TN1_2422.jpg12TN1_2431.jpg
13TN1_2435.jpg14TN1_2479.jpg15TN1_2484.jpg
妻木町青少年育成会の鈴木浩司会長は、
「この花壇は、妻木小学校の児童の皆さんが、
代々、造り上げてきたもの。
今年の6年生が卒業しても、
残った児童の皆さんが、今後も、
素晴らしい花壇を造ってくれると思う。
中学生になっても、この花壇と妻木町のことを、
気に掛けてください。
また、つまぎいきいきクラブをはじめ、
協力団体の皆さまにも、お礼申し上げます。
花壇や看板を見た人たちが、
心温かくなってもらえれば、うれしい」と述べた。
16TN1_2488.jpg17TN1_2453.jpg18TN1_2471.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。