2022年03月27日 (13:58)

大湫神明神社の大杉が新たな姿に【再生活用事業が完成】

瑞浪市の大湫町コミュニティ推進協議会
(小栗司会長・おぐりつかさ・73歳)は、
大湫神明神社の境内と大湫公民館で、
「神明大杉再生活用事業完成式典」を開催。
大湫町の若者が、大杉の注連縄(しめ縄)に、
紙垂(しで)を差し込んだほか、
水野光二市長らがテープカットを行い、
大杉保存活用工事の完了を祝った。
01TN1_2973.jpg02TN1_2969.jpg03TN1_2982.jpg
04TN1_3003.jpg05TN1_3056.jpg06TN1_3054_20220327183731be4.jpg
大湫町のシンボルだった、
大湫神明神社の大杉(樹齢670年)は、
令和2年7月豪雨」に見舞われた、
2020年7月11日(土曜日)の夜、倒れた。
倒れた翌日の様子は、
過去記事①」と「過去記事②」を参照。
倒木の原因については「過去記事③」を参照。
web01-okute-oosugi-EPSON038.jpgweb02-okute-oosugi-EPSON040.jpg
大杉は切断され、学術的な研究以外にも、
和傘版画、エレキギター、ビール、バイオリン、
寄付札などの材料・素材として、活用された。
樹高約40メートルのうち、
根元から約5メートルの部分については、
もともと立っていた場所の近くで起こし
造形物「神明大杉」(しんめいおおすぎ)として、
保存することにした。
造形物「神明大杉」は、幹回りが11メートルで、
重さは35トン。
上部には、コールテン鋼の屋根を設置した。
07TN1_2987.jpg08TN1_2998.jpg09TN1_3013.jpg
10TN1_3020.jpg11TN1_3022.jpg12TN1_3028.jpg
神明大杉再生活用事業の工事名は、
「樹齢670年の大杉保存活用工事」。
事業費(以下、おおよその金額)は、
3000万円で、内訳は、
岐阜県の補助金が1000万円、
瑞浪市の補助金が1000万円、
クラウドファンディングが670万円、
一般からの寄付が500万円。
13TN1_3038.jpg14TN1_3042_2022032718385127b.jpg15TN1_3057.jpg
16TN1_3066.jpg17TN1_3061.jpg18TN1_3071.jpg
19TN1_3075.jpg20TN1_3077.jpg21TN1_3086.jpg
なお、神明神社の大杉は、
「岐阜県指定天然記念物」だったが、
令和3(2021)年3月30日に、
文化財の指定が解除された
(瑞浪市は文化財指定を維持)。
22TN1_3102.jpg23TN1_3109.jpg24TN1_3117.jpg
25TN1_3124.jpg26TN1_3131.jpg27TN1_3133.jpg
28TN1_3138.jpg29TN1_3153.jpg30TN1_3160.jpg
大湫町では、毎年10月の第1日曜日に、
瑞浪市指定無形民俗文化財
大湫神明白山神社例祭・山車行事
(おおくてしんめいはくさんじんじゃ
れいさい・だしぎょうじ)を開催。
年1回、祭礼の前に、大杉に掛けた、
約17メートルの注連縄(しめなわ)を、
新しい物に掛け替えている
造形物「神明大杉」の完成に伴い、
今年は3月21日(月曜日)に、
新たに制作した注連縄を取り付けた。
31TN1_3162.jpg32TN1_3173.jpg33TN1_3180.jpg
34TN1_3186.jpg35TN1_3194.jpg36TN1_3200.jpg
37TN1_3214.jpg38TN1_3220.jpg39TN1_3228.jpg
本日の完成式典では、
大湫町コミュニティ推進協議会の小栗司会長が、
「一昨年、大湫町民の心のよりどころだった、
神明神社の大杉が、折からの豪雨の中、
突然、倒木してしまった。
思いも寄らない出来事に、我を忘れ、
立ちすくむ私たちに対し、倒木直後から、
温かいお見舞や励ましの言葉を掛けていただいた。
また、災害復旧へのボランティア作業や、
寄付金・募金などでも支援していただいたことは、
本当に心強く、感謝申し上げます。
再生活用事業においては、若い有志の皆さんが、
立ち上がってくれたことが、特にうれしかった。
多くの皆さんのご協力により、神明大杉を、
瑞浪市の文化財として、未来の子供たちに、
引き継ぐことができます。
新たな姿の大杉が、これからも末永く、
地域を見守り続けてくれることを、
信じてやみません」と述べた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。