2022年03月30日 (21:15)

桜堂薬師のシダレザクラをライトアップ【ほぼ満開で見ごろ】

瑞浪市土岐町桜堂地区の古刹(こさつ)、
櫻堂薬師(桜堂薬師)で、
シダレザクラ(糸桜)のライトアップが、
3月28日(月曜日)から始まった。
4月10日(日曜日)までを予定しており、
点灯時間は午後7時から午後9時まで。
01TN1_4184.jpg02TN1_4178_202203302150574e0.jpg03TN1_4260.jpg
04TN1_4190.jpg05TN1_4213_20220330215101bcd.jpg06TN1_4216.jpg
ライトアップは、地元の3団体、
「桜堂区」(渡邉恒光区長)・
「薬師世話人」(加藤辰男代表)・
「桜堂薬師保存会」によるもので、
平成21(2009)年3月からの継続事業。
境内に、ハロゲンライトや投光器、
7基を設置・点灯させ、
暗闇に降り注ぐ薄桃色の花を、
幻想的に浮かび上がらせている。
07TN1_4226.jpg08TN1_4232.jpg09TN1_4250.jpg
10TN1_4287.jpg11TN1_4305.jpg12TN1_4306.jpg
シダレザクラは、
高さが約13メートルで、
幹回りは約2・5メートル。
樹齢100年以上といわれ、
櫻堂薬師のシンボルになっている。
無住法師(1227─1312)が記した、
鎌倉時代の仏教説話集「沙石集」にも、
書き留められている桜の名所。
01TN1_4207_2022033021590322b.jpg02TN1_4220.jpg03TN1_4235_20220330215908c26.jpg04TN1_4240.jpg
桜堂薬師世話人の加藤辰男代表
(69歳・かとうたつお)は、
「昨年は遅かったが、
今年は例年どおりの開花状況。
本日現在、ほぼ満開を迎えており、
見ごろは来週の中ごろまでだと思う。
今年は新型コロナウイルス感染症対策で、
4月10日(日曜日)に予定していた、
大般若例大祭』を中止にする。
コロナ禍で、気分がふさぎがちになるが、
感染症対策をした上で、ライトアップを、
楽しんでもらいたい」と語った。
05TN1_4252_202203302159527e8.jpg06TN1_4277.jpg07TN1_4281.jpg08TN1_4299.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム