2022年04月05日 (16:14)

安藤八恵乃さんの庭のカタクリが満開に【今年は花付き良し】

「早春の花」として有名なカタクリが、
瑞浪市山田町の安藤八恵乃さん
(76歳・やえの・恵は異体字「惠」)宅の庭で、
満開を迎えた。
01TN1_5209.jpg02TN1_5155.jpg03TN1_5165.jpg
薄紫色をした花が咲くカタクリは、
ユリ科に属する多年草。
3月と4月のみ、地上部を展開し、
5月上旬には、葉や茎は枯れてしまう。
04TN1_5173.jpg05TN1_5171.jpg06TN1_5178.jpg
安藤八恵乃さんは40歳ごろから、
山野草に興味を持ち、
約80平方メートルの自宅の庭に、
200種類以上の草花を栽培。
カタクリは当初、数本程度だったが、
毎年6月に種まきを行い、
今では約600本になるまで増えた。
見ごろは今週いっぱいまで。
07TN1_5189.jpg08TN1_5182.jpg09TN1_5184.jpg
安藤八惠乃さんは、
「カタクリは根付きにくく、双葉が出て、
花が咲くまでに6年かかる。
今年は、例年どおりの開花だった上、
気候も良く、カタクリに限らず、
ほかの山野草の花付きも良かった。
山野草は、あくまでも自然のものなので、
手入れのやり過ぎは駄目。
ただ、『良く咲いてくれたね』と声掛けすると、
花が応えてくれる」と語った。
10TN1_5197.jpg11TN1_5205.jpg12TN1_5207.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。