2022年04月13日 (12:43)

FC岐阜が愛保育園でサッカー教室【瑞浪市でホームタウン42を初開催】

サッカーJ3・FC岐阜のコーチらが指導する、
サッカー教室「FC岐阜サッカーキッズ・
ホームタウン42」が、千寿の里・愛保育園
(瑞浪市山田町・木股秀樹園長)で開かれた。
01TN1_6123.jpg02TN1_6133.jpg03TN1_6137.jpg
FC岐阜(株式会社岐阜フットボールクラブ)では、
岐阜県内全42市町村を、
ホームゲームの開催日ごとに割り振り、
「ホームタウンデー」としている。
ホームタウンデーでは、開催市町村の住民を、
各500人、無料で招待している。
今年、令和4(2022)年からは、
ホームタウンデーに合わせて、
開催市町村の未就学児を対象とした、
サッカー教室を開催することにした。
04TN1_6139.jpg05TN1_6152_202204131343584a2.jpg06TN1_6171.jpg
松本山雅FCと対戦する4月17日(日曜日)は、
瑞浪市のホームタウンデー(多治見市と白川村も)。
「FC岐阜サッカーキッズ・ホームタウン42」
としては、本日の瑞浪市が、初開催となった。
07TN1_6159.jpg08TN1_6155.jpg09TN1_6191.jpg
サッカー教室には、千寿の里愛保育園
4・5歳児14人が参加。
FC岐阜からは、指導者として、
大野貴浩コーチら3人が来園した。
園児らは、ボールの取り回しや、
ドリブル・シュートの仕方などを学習。
ミニゲームでは、思わず手を使ったり、
勢い余って転んだりする園児もいた。
10TN1_6192_20220413135614a37.jpg11TN1_6200.jpg12TN1_6221.jpg
FC岐阜の大野貴浩コーチ(34歳)は、
愛保育園の園児は、
元気いっぱいの子供ばかりだったが、
話をする際は、しっかり聞くことができていた。
サッカー教室と言っても、サッカーに限らず、
スポーツや体を動かすことの楽しさを、
知ってもらえれば、うれしい。
これまでは、岐阜市内での開催が多かったが、
今回のように、県内のほかの自治体へ出向いて、
サッカー教室を開くことで、
FC岐阜のPRを図りたい」と語った。
13TN1_6225.jpg14TN1_6210.jpg15TN1_6230.jpg
ちなみに、瑞浪市のホームタウンデーは、
まだ空きがあるとのこと。
申し込みは「ともチケ」のページから。
16TN1_6237.jpg17TN1_6252.jpg18TN1_6278.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム