2022年04月21日 (12:08)

陶史の森でヒツジの毛刈り【ウール100パーセントの衣替え】

陶史の森(土岐市肥田町肥田)で、
羊(ヒツジ)の毛刈りが行われた。
01TN1_7261.jpg02TN1_7264.jpg03TN1_7272.jpg
陶史の森では平成3(1991)年から、
ヒツジ(綿羊)を飼い始め、
翌年の平成4(1992)年からは、
毎年この時期に、熱射病などを予防するため、
毛刈りを行っている。
04TN1_7305_20220421130123f96.jpg05TN1_7293_202204211301203ef.jpg06TN1_7301.jpg
07TN1_7312.jpg08TN1_7322.jpg09TN1_7330.jpg
昨年の6月に生まれた子羊2頭を含め、
現在は8頭を飼育。
品種はシェットランド種やチェビオット種も混じった、
コリデール種系の雑種。
本日は子羊も含め、8頭すべて、毛を刈った。
10TN1_7342.jpg11TN1_7353.jpg12TN1_7366.jpg
13TN1_7374.jpg14TN1_7392.jpg15TN1_7402.jpg
ヒツジの毛刈りは、中津川市畜産センターの
原久寿雄さん(久壽雄・74歳)と、
小西竜司さん(34歳)が担当。
電動バリカンを使って、1頭につき、
10分ほどで刈り上げた。
また、株式会社矢作牧場・家畜診療所
(恵那市上矢作町)の根岸孝之獣医師が、
羊を診断したり、駆虫薬を注射したりした。
16TN1_7413.jpg17TN1_7445.jpg18TN1_7464.jpg
19TN1_7468.jpg20TN1_7486.jpg21TN1_7493.jpg
羊小屋からの連れ出しや、
刈られた毛を袋詰めにするための
「牧童役」として、土岐市職員が待機。
1頭の羊で、2キロほどの毛
(ごみ袋大1袋分)が取れ、選別すると、
スーツ1着分になるという。
刈った毛は、9月に開催する予定の
「陶史の森まつり」の際、毛糸つむぎ体験や、
マスコット作りなどで使う。
22TN1_7500.jpg23TN1_7504.jpg24TN1_7510.jpg
かなり早い「衣替え」になったが、
ウール100パーセントを脱ぎ捨て、
ヒツジたちは身軽な姿に変身。
刈られる前は、不安と心配で、
「ヴェ~~」と口々に鳴いていたが、
さっぱりすると落ち着いた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。