広告表示


2022年05月01日 (15:06)

釜戸町の竜吟峡が令和4年度「滝開き」【青龍が和太鼓を披露】

瑞浪市釜戸町の景勝地「竜吟峡」で、
令和4(2022)年度「滝開き」
(安全祈願祭)が行われた。
01TN1_9479.jpg02TN1_9495.jpg03TN1_9502.jpg
かつて、竜吟峡(竜吟の滝・竜吟の森)は、
年間約20万人の観光客で、にぎわった名所。
残念ながら最盛期に比べると、
観光客の数は著しく減少してしまった。
04TN1_9509.jpg05TN1_9553.jpg06TN1_9541.jpg
往時の勢いを取り戻そうと、
平成25(2013)年4月からは、
釜戸町まちづくり推進協議会(足立弘文会長)が、
竜吟の森内にある「瑞浪市自然ふれあい館
(溝口博敏館長)の指定管理者を務めている。
散策道を整備したほか、自然ふれあい館の館内に、
「クライミングウオール」を設置するなど、
継続的な取り組みが、実を結びつつある。
07TN1_9518.jpg08TN1_9531.jpg09TN1_9563.jpg
自然ふれあい館の来館者数を見ると
(散策者や出前講座の参加者などは含まず)、
平成28(2016)年度は年間6000人程度、
平成29(2017)年度は年間8800人程度、
平成30(2018)年度は年間9400人程度、
平成31/令和元(2019)年度は、
年間9800人程度にまで持ち直した。
しかし、新型コロナウイルス感染症や、
道路の通行止めなどが影響し、
令和2(2020)年度は年間3000人程度、
令和3(2021)年度は年間4500人程度に、
とどまった。
10TN1_9568.jpg11TN1_9586.jpg12TN1_9596.jpg
なお、通行止めになっているのは、
竜吟の滝入り口の「ドラゴン広場」
(ドラゴン21・ふれあい広場)から、
自然ふれあい館へ向かう道。
岐阜県多治見土木事務所が、
竜吟の森内を流れる「不動川」で、
砂防堰堤(えんてい)を整備するための措置。
13TN1_9604.jpg14TN1_9613.jpg15TN1_9623.jpg
16TN1_9631.jpg17TN1_9644.jpg18TN1_9646.jpg
本日の滝開き(安全祈願祭)は、
釜戸町まちづくり推進協議会が主催。
本年度は、瑞浪市自然ふれあい館の駐車場で、
オープニングイベントを実施した。
釜戸町と大湫町の住民でつくる和太鼓集団
「青龍」(せいりゅう)が演奏を披露。
小学校6年生から70歳代まで、
メンバー11人が出演し、新緑の中、
オリジナル曲「昇竜の滝」を勇壮に響かせた。
19TN1_9654.jpg20TN1_9661.jpg21TN1_9667.jpg
22TN1_9679.jpg23TN1_9684.jpg24TN1_9699.jpg
神事(安全祈願祭)は、ドラゴン広場ではなく、
竜吟の滝の1つ、「一の滝」で開催。
瑞浪市役所の鈴木創造経済部長(市長代理)や、
小川祐輝県議、地元選出の山下千尋市議、
釜戸公民館の湯原定雄館長らが出席した。
神事は、伊佐治康利宮司が祭主を務め、
新型コロナウイルス感染症の終息と、
観光客の安全を祈願した。
25TN1_9594.jpg26TN1_9715.jpg27TN1_9728.jpg
釜戸町まちづくり推進協議会の足立弘文会長は、
「近年の滝開きは、ドラゴン広場で催してきたが、
今年はどうしても、一の滝で開催したかった。
瑞浪市自然ふれあい館の溝口博敏館長ら、
職員の皆さんのご協力により、
滝のそばで、開催することができた。
ドラゴン広場から自然ふれあい館へ向かう道は、
工期が延びており、現在も通行止めになっている。
道路の完成は、今年の7月1日を予定しているが、
工事が終われば、また多くの人たちが、
竜吟峡を訪れてくれると、信じている。
釜戸町まちづくり推進協議会は、
この竜吟峡・竜吟の滝を、観光名所とし、
人の触れ合いの場・まちの活性化の場として、
盛り上げていきます」と述べた。
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示