2022年05月01日 (19:54)

アトリエサナーレの師弟が押し花2人展【瑞浪市の「ときわ」で】

押し花教室「アトリエサナーレ」による作品展が、
明日、5月2日(月曜日)から、
瑞浪市地域交流センター「ときわ」
(寺河戸町)で始まる。
会期は5月30日(月曜日)まで。
01TN1_9788.jpg02TN1_9758.jpg03TN1_9836.jpg
出展者は、アトリエサナーレを主宰する、
小畑真由美さん(多治見市光ケ丘・57歳)と、
小畑さんの生徒の片桐絹子さん
(瑞浪市高月町・83歳)の師弟2人。
小畑真由美さんは、押し花のインストラクターで、
株式会社日本ヴォーグ社が運営する、
ふしぎな花倶楽部・中部かきつばた」に所属。
片桐絹子さんは、平成25(2013)年7月から、
押し花を習い始め、現在は月1回、
小畑さんの自宅に通い、レッスンを受けている。
04TN1_9804.jpg05TN1_9802.jpg06TN1_9798_2022050121572025c.jpg
今展は、片桐絹子さんの押し花制作が、
10年目を迎えたのを機に、
指導する小畑真由美さんとの2人展を企画。
片桐さんは36点、小畑さんは4点、
計40点の押し花アートを展示している。
片桐絹子さんが使う花は、主に自宅で育てている、
パンジーやタンポポ、コスモス、アジサイなど。
孫の成人式の写真を、押し花で飾った作品は、
家族愛にあふれ、ぬくもりが感じられる。
07TN1_9827.jpg08TN1_9820.jpg09TN1_9848.jpg
片桐絹子さんの長女、
吉川瞳さん(瑞浪市下沖町・吉は土に口)は、
「母にとって押し花は、リウマチのリハビリであり、
認知症の予防にもなっている。
毎月、教室に通うことを楽しみにしており、
ピンセットを使いながら2時間、集中している。
10年も続いているのは、
ほかの生徒さんとの交流も、
あるからだと思う」と語った。
10TN1_9839.jpg11TN1_9746.jpg12TN1_9870.jpg
問い合わせは、
瑞浪市地域交流センター「ときわ
(TEL0572─66─1282)まで。
web03-sana-re-EPSON020.jpgweb01-sana-re-EPSON022.jpgweb02-sana-re-EPSON021.jpg
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。