2022年05月02日 (16:45)

東濃中部病院事務組合が新病院の基本構想と基本計画を公開

東濃中部病院事務組合
(管理者=加藤淳司土岐市長)は、
令和4(2022)年3月29日(火曜日)に、
管理者会議を開き、
「東濃中部地域新病院建設基本構想」と、
「東濃中部地域新病院建設基本計画」を決定。
4月13日(水曜日)には、全員協議会を開き、
組合議会の議員
(土岐市議5人・瑞浪市議5人)に対し、
基本構想・基本計画の内容を報告した。
また、4月28日(木曜日)に、
基本構想・基本計画の「確定版」を、
組合のホームページで公開した。
TN1_9881.jpg
新病院の名称については、未定(仮称も無し)。
基本理念は『地域住民の
「頼りがいのある病院」を目指します』とした。
令和7(2025)年4月の開院を目指しており、
今後は、基本設計と実施設計を、
令和5(2023)年度中に終わらせる。
基本設計と実施設計が終わり次第、
建設工事を着工する。
なお、用地造成に伴う、
測量・造成設計などについては、
既に取り掛かっている。
web01-TONO-CHUBU--HOSPITAL.jpgweb02-TONO-CHUBU--HOSPITAL.jpg
東濃中部病院事務組合の管理者を務める、
加藤淳司土岐市長は、幣社の取材に対し、
「医療・介護の在り方や医師不足など、
この地域の医療を取り巻く状況は、
大きく変化している。
新病院に係る基本構想と基本計画については、
学識経験者や医療関係者などによる、
策定委員会で、取りまとめていただいた。
また、市民ワークショップや、
パブリックコメントなどを行い、
土岐市民・瑞浪市民らのご意見も、
反映することができた。
将来にわたって、
継続的・安定的な医療を提供するためにも、
着実に事業を進め、『頼りがいのある病院』を、
建設したい」と語った。
web03-TONO-CHUBU--HOSPITAL.jpgweb04-TONO-CHUBU--HOSPITAL.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム