2022年05月12日 (11:47)

土岐商工会議所が高校生向けの合同企業説明会【第3回は41社】

土岐商工会議所(大島健太郎会頭)は、
セラミックパークMINO(多治見市東町)で、
第3回「高校生のための合同企業説明会」
(後援・土岐市)を開いた。
01TN1_2185.jpg02TN1_2183_202205121215281f1.jpg03TN1_2171.jpg
合同企業説明会は、地元の高校生に、
土岐市内の企業(法人)を紹介するもので、
求人と採用をつなげるイベント
(いわゆる就職説明会)ではない。
土岐商工会議所では、
高校生を対象にした合同企業説明会を、
平成30(2018)年と、
平成31/令和元(2019)年に開催。
令和2(2020)年と令和3(2021)年は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、中止にした。
3年ぶり3回目の開催となった今回は、
新型コロナウイルスワクチンの接種会場の関係で、
会場を、第1回・第2回のセラトピア土岐
(土岐市土岐津町高山)ではなく、
セラミックパークMINOで開いた。
04TN1_2121.jpg05TN1_2169.jpg06TN1_2085.jpg
07TN1_2086.jpg08TN1_2096.jpg09TN1_2144.jpg
企業側は、製造業・電気工事業・
建設業・小売業・運輸業・不動産業など、
土岐市内に事業所を持つ、41社
(第1回は29社・第2回は40社)が参加し、
自社の魅力や福利厚生、将来の展望などを、
高校生にアピールした。
10TN1_2090_20220512121634e5b.jpg11TN1_2162.jpg12TN1_2105.jpg
13TN1_2111.jpg14TN1_2137.jpg15TN1_2107.jpg
高校生は、土岐市内の3校、
岐阜県立土岐商業高校・岐阜県立土岐紅陵高校・
岐阜県立東濃フロンティア高校に、
岐阜県立多治見工業高校(多治見市)を加えた、
4校から、2・3年生、計約190人が参加。
時間が区切られており、説明が受けられるのは、
生徒1人につき、最大4社まで。
参加した高校生は、採用担当者らに、
質問を投げ掛けたり、
熱心にメモをとったりしていた。
16TN1_2117.jpg17TN1_2160.jpg18TN1_2164.jpg
19TN1_2094.jpg20TN1_2141.jpg21TN1_2155.jpg
主催した土岐商工会議所の担当者は、
「コロナ禍においても、土岐市内の企業は、
求人意欲が高く、開催を待ち望まれていた。
企業にとっては、採用試験や面接を行う前に、
若者の素直な意見が聴ける良い機会。
一方、高校生にとっては、
社員の生の声が聴ける貴重な機会であり、
早い段階で、自分の将来について、
具体的に考えることができる。
対面方式の利点は、企業のパンフレットや、
ホームページだけでは分からない、
リアルがあること。
土岐商工会議所としては、
今後も、企業・学校・生徒を結ぶ、
『橋渡し役』を務めていきたい」と語った。
web01-tokicci-2022-EPSON054.jpgweb02-tokicci-2022-EPSON055.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。