2022年05月18日 (17:41)

土岐市がストーマ用装具の保管事業を開始【災害時の紛失に備える】

土岐市は5月から、
「土岐市大規模災害時に備えた
ストーマ用装具保管事業」を開始する。
本日、5月18日(水曜日)には、
対象者135人あてに、案内を郵送した。
web01-toki-stoma-2022.jpgweb02-toki-stoma-2022.jpg
ストーマとは、人工肛門(こうもん)や、
人工膀胱(ぼうこう)などのこと。
地震など、大規模災害により、
紛失してしまう場合に備えるため、
ストーマ用装具は、分散保管しておくことが、
望ましいとされる。
その保管場所の1つとして、
対象者自身が用意したストーマ用装具を、
市が保管する(預かる)というもの。

対象者は、
身体障害者手帳を所持する土岐市在住者で、
ストーマ用装具を使用している人。
保管場所は、土岐市役所と、
土岐市内の各支所(5支所)の計6カ所。

問い合わせは、
土岐市役所・健康福祉部・健康福祉課
(TEL0572─54─1350)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム