2022年05月20日 (16:38)

土岐LCと土岐市社協が災害支援協定を締結【災害VCの運営など】

土岐ライオンズクラブ(LC・田中宏明会長)と、
社会福祉法人土岐市社会福祉協議会(舘林慶二会長)は、
「災害時における
ボランティア活動支援に関する協定」を締結。
土岐市総合福祉センター・ウエルフェア土岐
(土岐市下石町)で、協定締結式(協定調印式)を開き、
土岐ライオンズクラブの田中宏明会長と、
土岐市社会福祉協議会の舘林慶二会長が、
協定書に押印した。
01TN1_5298.jpg02TN1_5306.jpg03TN1_5310.jpg
土岐市では、大規模な災害などが発生した場合、
土岐市と土岐市社会福祉協議会が協力し、
「災害ボランティアセンター」(災害VC)を、
設置することになっている。
災害ボランティアセンターでは、
①災害救援計画の策定および実施
②救護活動に必要な情報の発信
③災害救援ボランティアの
受け入れおよびコーディネート
④災害救援ボランティアの受付・登録
⑤ボランティア登録者への活動要請
⑥災害救援ボランティアの救援活動への支援
などを行うが、市職員・社協の職員だけでは、
十分な運営が実施できないことが、予想されている。
04TN1_5333.jpg05TN1_5328.jpg06TN1_5321.jpg
そこで、地元の経済団体である、
土岐ライオンズクラブ(会員38人)と、
相互連携を図るため、今回の協定締結に至った。
なお、土岐市社会福祉協議会は、
令和2(2020)年3月18日に、
「土岐織部ライオンズクラブ」(土岐織部LC)と、
同様の協定を結んでおり、今回で2団体目。
00TN1_5271.jpg
土岐ライオンズクラブの田中宏明会長は、
「ライオンズクラブの主たる目的は、
ボランティアになるが、
土岐ライオンズクラブでは、里山整備や、
被災地支援の募金活動などを行ってきた。
そんな中、『相手が見える支援活動』を、
やりたいと考え、本日の協定締結が実現した。
今後は、既に社協さんと協定を結ばれている、
土岐織部ライオンズクラブさんとの連携も、
重要になってくる。
本日の調印を重く受け止め、災害支援活動を、
5年・10年と継続していきたい」と述べた。
07TN1_5339.jpg08TN1_5351.jpg09TN1_5361.jpg
土岐市社会福祉協議会の舘林慶二会長は、
「今回の協定締結により、
災害時における市民への支援が、
より強化されたと思う。
大規模災害が発生した被災地では、
災害ボランティアセンターが設置されるが、
市と社協の職員だけで運営するのは、大変難しい。
運営には、人・物・財など、多面的な支援が必要で、
各種団体・ボランティアの協力を得ることが望ましい。
東濃5市の社会福祉協議会は、
災害時相互支援協定を結んでいるが、本日、
土岐ライオンズクラブさんと協定を締結できたことは、
土岐市社会福祉協議会にとって、大変心強いもの。
今後は連携を強化しながら、強い絆(きずな)で、
地域を支えていきたい」と語った。
10TN1_5364.jpg11TN1_5379.jpg12TN1_5372.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム