2022年06月05日 (18:51)

土岐市消防団が土岐川河川敷でR4「水防訓練」

土岐市消防団(中村伸司団長)は、
土岐市立みつば保育園(泉町河合)の南側、
土岐川河川敷で、水防訓練を行った。
01TN1_9481.jpg02TN1_9497.jpg03TN1_9510.jpg
風水害などが、
発生または発生が予想される場合に、
的確な防御をするため、
土岐市消防団では隔年で、水防訓練を実施。
ただし、令和2(2020)年は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
行わなかった。
04TN1_9513.jpg05TN1_9534_20220605212256bab.jpg06TN1_9554.jpg
07TN1_9559.jpg08TN1_9572.jpg09TN1_9582.jpg
本日の水防訓練には、7分団から、
計150人の団員が参加。
各分団ごとに、4ブースに分かれた。
指導者は、土岐市消防職員12人が務めた。
10TN1_9593.jpg11TN1_9595.jpg12TN1_9602.jpg
13TN1_9616.jpg14TN1_9589.jpg15TN1_9619.jpg
最初は「土のう作り」に挑戦。
消防職員から、入れる土の量や、
袋のとじ方などを教わった後、手分けして、
約500個の土のうを作り上げた。
16TN1_9630.jpg17TN1_9632.jpg18TN1_9608.jpg
19TN1_9640.jpg20TN1_9637.jpg21TN1_9652.jpg
続いて、作った土のうを利用し、
「積み土のう工法」と、
「改良積み土のう工法」を習得。
積み土のう工法では、
土のうと土のうの間に砂を入れながら、
踏み固めたり、掛け矢(木づち)や、
「タコ足」でたたいたりして、ならした。
22TN1_9669.jpg23TN1_9711_20220605212520aaf.jpg24TN1_9729.jpg
25TN1_9750_20220605212528eb8.jpg26TN1_9776.jpg27TN1_9782.jpg
改良積み土のう工法では、
鉄杭とブルーシートを結び付けた後、
ブルーシートの上に、土のうを積んでいった。
「せき板工法」については、
消防職員が手本を示した。
28TN1_9788.jpg29TN1_9799.jpg30TN1_9842.jpg
31TN1_9857.jpg32TN1_9875.jpg33TN1_9879.jpg
土岐市消防団の伊藤久光統括副団長は、
「これからの季節は、豪雨や台風など、
川の増水が起きやすい、出水時期を迎える。
土岐市消防団の団員は、水防団員を兼務しており、
水害対策も、任務に含まれる。
水害を軽減したり、未然に防いだりするには、
技術を習得しておく必要がある。
市民の安全・安心のため、
有意義な訓練ができたと思う」と語った。
34TN1_9887.jpg35TN1_9898.jpg36TN1_9905.jpg
37TN1_9917.jpg38TN1_9925.jpg39TN1_9931.jpg
なお、今回、作った土のうは、
屯所で保管し、災害時に備えるため、
各分団約50個ずつ、持ち帰った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。