2022年06月08日 (12:43)

土岐市消防本部が豊生ブレーキ工業で消防訓練【危険物安全週間】

土岐市消防本部は、豊生ブレーキ工業株式会社の
土岐工場(土岐市泉町久尻)で、
危険物安全週間に係る消防訓練を行った。
01TN1_0524.jpg02TN1_0559.jpg03TN1_0569.jpg
土岐市消防本部では、毎年、
危険物安全週間《毎年6月の第2週
(日曜日から土曜日までの1週間)。
令和4(2022)年度は、
6月5日~6月11日》に合わせて、
危険物を扱っている土岐市内の事業所などで、
消防訓練を実施
ただし、新型コロナウイルス感染症対策のため、
令和2(2020)年と、
令和3(2021)年は行っていない。
04TN1_0575_2022060817025242f.jpg05TN1_0582.jpg06TN1_0621.jpg
豊生ブレーキ工業株式会社の土岐工場は、
工業団地「土岐アクアシルヴァ」内にあり、
自動車用部品を製造。
全社員約150人を対象にした、
「自衛消防隊」を組織し、年1回以上、
防災訓練に取り組んでいる。
07TN1_0639.jpg08TN1_0649.jpg09TN1_0690.jpg
本日の消防訓練は、土岐工場の屋外で、
工具「電動サンダー」を使用していたところ、
塗料や油脂などが入っている「危険物倉庫」に、
火花が飛び、引火したと想定。
火災(煙)を発見した社員が、
「訓練、火事だ!火事だ!」と叫びながら、
火災報知器を鳴らすと、管理者の社員が、
従業員の避難と消防署への通報を指示した。
勤務中の社員のうち、約90人は避難し、
初期消火班に所属する約10人が、
消火器を持って、現場へ駆け付けた。
10TN1_0700.jpg11TN1_0706.jpg12TN1_0724.jpg
最初、初期消火班の社員が対応したが、
火の勢いが収まらないため、消防隊に引き継いだ。
土岐市消防本部からは、消防職員13人・
指揮車1台・水槽車1台・化学車1台が出動。
水槽車から吸水し、化学車から放水した。
消防職員らは、耐熱服を着て対応したり、
化学車の上部にある放水銃を使ったりした。
13TN1_0762.jpg14TN1_0779.jpg15TN1_0767.jpg
豊生ブレーキ工業株式会社土岐工場の
中山告工場長(つぐる)は、
「土岐工場で、土岐市消防本部さんと、
コラボ訓練を行ったのは、今回が初めて。
消防士の皆さんの訓練を見て感じたのは、
『絶対に火事は出せない』、
『絶対にご迷惑は掛けられない』ということ。
土岐工場としては、防災訓練はもちろん、
まずは『火を出さない』ことを大前提にしたい。
その上で、万一の際、初動が早くできる訓練を、
積んでおかなければならないが、
『訓練のための訓練』なら、やる必要は無い。
今後も、今回のように本番を意識し、
しっかりとした訓練を行っていきたい」と述べた。
16TN1_0731.jpg17TN1_0735.jpg18TN1_0748.jpg
土岐市消防本部の安藤成正警防課長(しげまさ)は、
「人による失火以外にも、地震など、
自然災害による火災が考えられる。
その場合は、土岐市内において、
危険物火災が、多発するかもしれない。
土岐市消防本部としては、そんな状況を、
再認識できた訓練だった。
豊生ブレーキ工業の皆さまには、今後も、
防火管理と計画的な消防訓練を、
継続していただきたい」と講評した。
19TN1_0782.jpg20TN1_0801.jpg21TN1_0823.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム