2022年06月13日 (15:42)

瑞浪市がミライ創ろまい課を発足【高校生と大学生を模擬行政組織に】

瑞浪市は、
若者のシビックプライドの醸成を図るため、
行政組織の課名を模した、まちづくりグループ、
瑞浪市役所「ミライ創(つく)ろまい課」を結成。
瑞浪市保健センター(上平町)で、発足式を開き、
水野光二市長が委嘱状を、1期生の代表に手渡した。
01TN1_3495.jpg02TN1_3499.jpg03TN1_3547.jpg
04TN1_3507_20220613190558499.jpg05TN1_3523.jpg06TN1_3532_20220613190558784.jpg
瑞浪市では、
「瑞浪市まちづくり基本条例」を遂行するため、
域学連携推進事業交付金制度
(本年度の予算額=130万円)を活用した、
協働のまちづくりを推進。
今回は、瑞浪市と域学連携協定を締結している、
3高校・3大学の生徒・学生に参加を呼び掛け、
学校の枠を超えた、まちづくりグループ、
「瑞浪市役所ミライ創ろまい課」を立ち上げたもの
(条例などで規定されている、
正式な瑞浪市役所の部署ではない)。
07TN1_3555.jpg08TN1_3563.jpg09TN1_3573.jpg
10TN1_3577_2022061319060154a.jpg11TN1_3582.jpg12TN1_3591.jpg
1期生には、大学生からの応募は無かったが、
中京高校から22人、瑞浪高校から7人、
麗澤瑞浪高校から9人の高校1・2年生、
計38人が手を挙げた。
卒業などで1年になる場合もあるが、
任期は原則2年間《第1期生は、
令和6(2024)年3月31日まで》とし、
平日の夕方、月2回程度、瑞浪市役所に集まり、
1回あたり1時間30分ほど、活動する。
13TN1_3596.jpg14TN1_3612.jpg15TN1_3628.jpg
16TN1_3641.jpg17TN1_3643.jpg18TN1_3673_20220613190704f4d.jpg
ミライ創ろまい課をサポートするため、
生涯学習支援「たら×れば」の清水徹也代表
(しみずてつや・授業クリエイター・
PRプランナー)が、
外部コーディネーターを務める。
なお、次年度、令和5(2023)年度以降も、
2期生・3期生らを募集していく予定。
19TN1_3683.jpg20TN1_3693.jpg21TN1_3697.jpg
22TN1_3706.jpg23TN1_3710.jpg24TN1_3732.jpg
発足式では、1期生を代表し、
瑞浪高校2年生の久保田彩奈さん(あやな)・
中京高校1年生の伊藤天斗さん(たかと)・
麗澤瑞浪高校2年生の高瀬清弥佳さん(さやか)が、
委嘱状を受領。
web02-mizu-mirai-2022-R4.jpgweb03-mizu-mirai-2022-R4.jpg
代表の3人は、
「ミライ創ろまい課を通して、
瑞浪市を、より明るく、活性化させたい。
瑞浪市には、まだ知られていないことが、
たくさんあると思う。
面白いアイデアや新しい事業を考え、
日本中に広めたい」とか、
「ミライ創ろまい課の活動を通じて、
地域住民の皆さんと、深くかかわるとともに、
他校の生徒とも協力し、自分たちの若い力を、
瑞浪市に還元したい。
地域の皆さんと高校生が、
互いに身近な存在になれるように、
活動していきます」、
「わたしを、16年間育ててくれた瑞浪市に、
恩返しがしたくて、参加を決めた。
高校生の私たちだからこそ出せるアイデアで、
瑞浪市の魅力を発見し、発信していきたい。
ミライ創ろまい課でしかできない経験を、
とても楽しみにしています」などと、抱負を述べた。
web04-mizu-mirai-2022-R4.jpgweb05-mizu-mirai-2022-R4.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。