2022年06月14日 (17:01)

審査員候補者選定部会の設置に向けて【国際陶磁器フェス実行委が理事会】

国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会は、
セラミックパークMINO(多治見市東町)の
国際会議場で、令和4(2022)年度
「第1回・理事会」を開いた。

国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会の
構成団体は、岐阜県・多治見市・土岐市・
瑞浪市・可児市の1県4市の自治体のほか、
陶磁器関連の各協同組合連合会や、
商工会議所・商工会・青年会議所・
株式会社中日新聞社など。
01TN1_3986.jpg02TN1_3993.jpg
前回で12回目を迎えた、
国際陶磁器フェスティバル美濃は、当初、
令和2(2020)年に、開催を予定していたが、
新型コロナウイルス感染症対策のため、1年延期。
「国際陶磁器フェスティバル美濃’21」として、
令和3(2021)年9月30日(木曜日)から、
同年10月17日(日曜日)まで開催したが、
直前の感染拡大で、規模の縮小を余儀なくされた。
主会場のセラミックパークMINOでは、
「第12回・国際陶磁器展美濃」と、
「セラミックバレーと世界の陶磁器展
~美濃焼とハンガリーの名窯ヘレンド~」の
2事業のみとなった。
なお、次回の国際陶磁器フェスティバル美濃は、
令和6(2024)年度に開催することが、
決まっている(予定)。

本日の理事会では、会長の選任があり、
多治見市の古川雅典市長が再任された。
また、副会長には、
土岐市の加藤淳司市長、瑞浪市の水野光二市長、
可児市の冨田成輝市長ら、14人の理事が、
就くことが承認された。

国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会の
古川雅典会長(多治見市長)は、
「審査員が最も重要であり、
『誰が審査員を務めるのか』ということが、
事業の継続や、ブランドの向上、
さらには応募点数にも、深く関係してくる。
そのため、審査員を選ぶ審査会・作業部会を、
新たに用意したい。
これは、過去12回開催してきた中で、
大きな改善点になるだろう」と述べた。
03TN1_3995.jpg04TN1_4001_20220614233601c44.jpg
これを受けて、
審査員を選定するための専門的な部会
「審査員候補者選定部会」の設置に向けて、
動き出すことが承認された。
審査員候補者選定部会の部会員は、
多治見市陶磁器意匠研究所の中島晴美所長や、
岐阜県美術館の正村美里副館長兼学芸部長ら、
4人程度が務める。
ちなみに、これまでの審査員は、
過去の実績などにより、任意で選ばれてきた。
前回は、国内6人・海外4人の計10人の審査員が、
審査を務める予定だったが、
新型コロナウイルス感染症の影響により、
国内の6人だけで、審査を行った。

第2回の理事会については、
今年の10月ごろを予定している。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム