2022年06月18日 (18:55)

土岐市らしい新博物館とは【ワークショップで市民のアイデアを】

土岐市教育委員会は、
老朽化した土岐市美濃陶磁歴史館(泉町久尻)を、
新しい博物館に建て替えるため、
土岐市文化財保存活用拠点(仮称)整備事業を実施。
今年、令和4(2022)年3月には、
土岐市文化財保存活用拠点(仮称)基本構想を、
策定した。
01TN1_4430.jpg02TN1_4427.jpg03TN1_4437.jpg
04TN1_4450.jpg05TN1_4459.jpg06TN1_4463.jpg
07TN1_4469.jpg08TN1_4490.jpg09TN1_4499.jpg
博物館「土岐市美濃陶磁歴史館」は、
美濃桃山陶を中心とする、
美濃焼の歴史をテーマにした歴史民俗資料館。
隣接する旧・土岐市文化会館では、
収蔵品の保管や調査研究などを行っている。
土岐市美濃陶磁歴史館は、
昭和54(1979)年に開館。
旧・土岐市文化会館は、
昭和47(1972)年に建築した。
10TN1_4502.jpg11TN1_4528.jpg12TN1_4517.jpg
13TN1_4520.jpg14TN1_4543.jpg15TN1_4534.jpg
16TN1_4523_20220618221313099.jpg17TN1_4548.jpg18TN1_4554.jpg
本年度、令和4(2022)年度は、
土岐市文化財保存活用拠点(仮称)に係る、
「基本計画」の策定を予定している。
新しい博物館への期待やアイデアなどを、
市民から出してもらおうと、
本日、6月18日(土曜日)には、
土岐市役所(1階)多目的スペースで、
「ワークショップ」を開催。
小学生から80歳代まで、
土岐市民を中心に、26人が参加した。
参加者の多くは、6月11日(土曜日)に、
土岐市美濃陶磁歴史館を訪れ、
学芸員の案内の下、現場を見学している。
19TN1_4571.jpg20TN1_4585.jpg21TN1_4597.jpg
22TN1_4604.jpg23TN1_4609.jpg24TN1_4613.jpg
25TN1_4619.jpg26TN1_4621.jpg27TN1_4629.jpg
ワークショップの進行は、基本構想・基本計画の
策定支援業務を請け負っている、
株式会社丹青社(たんせいしゃ)が協力した。
参加者らはグループごとに分かれ、意見交換。
土岐市の良さを話し合った後、
「新しい博物館は、こんな過ごし方が
できる場であってほしい!」、
「土岐らしい博物館には★★がある!」について、
意見を出し合い、グループごとに発表した。
28TN1_4637.jpg29TN1_4633.jpg30TN1_4664.jpg
31TN1_4678.jpg32TN1_4672.jpg33TN1_4704.jpg
34TN1_4701.jpg35TN1_4718.jpg36TN1_4721.jpg
既に、6月8日(水曜日)に、
基本計画検討委員会の「第1回」を開催。
今回のワークショップで出た意見などは、
7月下旬~8月上旬に開催する予定の
第2回・基本計画検討委員会で紹介する。
37TN1_4735.jpg38TN1_4729.jpg39TN1_4757.jpg
40TN1_4750.jpg41TN1_4775.jpg42TN1_4767.jpg
なお、新博物館の理念は「開かれた扉
─豊かな文化資源を蓄え、市民とともに
新たな文化を創造し、土岐市の未来をひらく─」。
建て替え場所については、現在地
(土岐市美濃陶磁歴史館)周辺を予定しているが、
新博物館のオープン目標は未定。
01TN1_8928.jpg01TN1_5383_20220520235309a55.jpg
web01-Toki-City-Historical-Museum.jpgweb02-Toki-City-Historical-Museum.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。