2022年06月24日 (11:15)

高校生がやきもの博士の「助手」を【瑞浪小3年生に実演】

瑞浪市立瑞浪小学校の3年生115人が、
社会見学の一環として、
瑞浪市窯業技術研究所(上平町)を訪問。
「やきもの博士」に扮(ふん)した市職員から、
瑞浪市窯業技術研究所の役割などを学んだ。
今年は、中京高校(瑞浪市土岐町)と、
麗澤瑞浪高校(瑞浪市稲津町萩原)の生徒が、
やきもの博士の「助手」を、初めて担当。
面白い陶磁器を小学生に紹介した。
01TN1_5455.jpg02TN1_5464.jpg03TN1_5468.jpg
04TN1_5477.jpg05TN1_5484.jpg06TN1_5488.jpg
瑞浪市窯業技術研究所の市職員が、
焼きもの博士として、
瑞浪小学校の3年生に教えるのは、
平成31/令和元(2019)年、
令和3(2021)年に次いで、3回目。
焼きもの博士は、窯業技術研究所長補佐の
安齋久嗣さんが務めた。
07TN1_5491.jpg08TN1_5495_20220624113631a29.jpg09TN1_5507.jpg
10TN1_5510.jpg11TN1_5516.jpg12TN1_5493.jpg
今年は、域学連携事業を活用。
やきもの博士の「助手」として、
中京高校の地域活性化部の1年生3人と、
麗澤瑞浪高校の陶芸部の6人が協力した。
13TN1_5523.jpg14TN1_5528.jpg15TN1_5540.jpg
16TN1_5545.jpg17TN1_5550.jpg18TN1_5567.jpg
瑞浪小学校の3年生は4クラスあり、
児童らはクラスごとに訪問。
最初に、瑞浪市窯業技術研究所の役割、
①陶磁器の品質検査。
②CADなどを使った陶磁器のデザイン。
③瑞浪市児童・生徒食器デザイン展などの開催。
を学んだ。
19TN1_5573.jpg20TN1_5580.jpg21TN1_5584.jpg
22TN1_5591.jpg23TN1_5598.jpg24TN1_5610.jpg
やきもの博士の「助手」を務めた高校生は、
「うぐいす徳利(とっくり)」や、
「教訓茶碗」、「ビアスムーサー」などを紹介。
うぐいす徳利で水を注ぎ、
ウグイスの鳴き声のような音色を鳴らしたり、
コーラにビアスムーサーを取り付け、通常よりも、
クリーミーな泡が出たりする様子を実演した。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。