2022年06月29日 (12:37)

大野さん夫妻が10ポイント達成第1号に【土岐市結まちサポーター】

土岐市は、地域活動への参加を促すため、
「土岐市結(ゆい)のまちづくりポイント制度」を、
令和4(2022)年4月から開始。
活動に参加する「結(ゆい)まちサポーター」を、
募集している。
現在、結まちサポーターの登録者数は、44人。
01TN1_6140.jpg02TN1_6149.jpg03TN1_6152.jpg
結まちサポーターとして、夫婦で協力している、
大野昭彦さん(土岐市泉大沼町・65歳・あきひこ・
土岐市シルバー人材センター会員)と、
大野良子さん(土岐市泉大沼町・65歳・よしこ・
自営業)が、図書カード1000円分と交換できる、
10ポイントを達成。
達成者第1号を記念した贈呈式が、
土岐市立泉西小学校附属幼稚園
(泉西幼稚園・泉町久尻)で開かれ、
土岐市役所の正村彰浩地域振興部長が、
大野さん夫妻に、図書カードを手渡した。
04TN1_6161.jpg05TN1_6171.jpg06TN1_6180.jpg
土岐市結のまちづくりポイント制度は、
土岐市が指定する活動を行った人に、
図書カードと交換できるポイントを付与する制度。
結まちサポーターは事前登録制で、
参加希望者(土岐市民以外も可)は、
「結まちサポーター登録届出書」を、
土岐市役所(まちづくり推進課)に提出し、
「結のまちづくりポイント手帳」の交付を、
受ける必要がある。
07TN1_6184.jpg08TN1_6196.jpg09TN1_6200.jpg
現時点での活動場所(受け入れ機関)は、
土岐市内の幼稚園・こども園・保育園の計14園。
活動内容は、園庭の草取りや落ち葉掃き、
絵本の補修・整理、園内の修理・除菌など。
1時間程度の活動につき、1ポイントを付与。
ただし、1日につき5ポイントまでで、
年間では100ポイントまで。
たまったポイント10ポイントにつき、
1000円分の図書カードと交換できる。
10TN1_6205_202206291318416c7.jpg11TN1_6206.jpg12TN1_6209_20220629132059197.jpg
大野昭彦さん・大野良子さん夫妻は、
5月23日(月曜日)から活動を開始。
土岐市立久尻保育園・土岐市立泉小学校附属幼稚園
(泉幼稚園)に出向いて、草取りを行い、本日、
6月29日(水曜日)の活動で、16回目を数えた。
大野さん夫妻は、
「図書カードを、時間給で換算するのではなく、
ボランティア活動へのモチベーションを、
高めるためのポイント制度だと思っている」とか、
「ボランティア活動と言っても、
被災地へ行って、協力することばかりではない。
自分ができる範囲で、地元で奉仕することも、
同じボランティア活動ではないか。
土岐市には、ボランティア活動がしたくても、
何をしたら良いのか、分からない市民も多いと思う。
今後、結のまちづくりポイント制度が周知され、
結まちサポーターが増えることを、
期待します」などと語った。
13TN1_6220.jpg14TN1_6226_202206291321020ec.jpg15TN1_6232_202206291321023b3.jpg
土岐市結のまちづくりポイント制度の問い合わせは、
土岐市役所・まちづくり推進課
(TEL0572─54─1111・内線312)まで。
01-土岐市結のまちづくりポイント制度-EPSON03302-土岐市結のまちづくりポイント制度-EPSON03408-結まちサポーター登録申請書_01
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム