2022年07月01日 (23:37)

アートキューブが16日(土)に公演【展覧会は30日(土)まで】

地元の画家やグラフィックデザイナー、
イラストレーターらによる、
第3回アートキューブ展覧会
「読み描き奏でる時(よみえがきかなでるとき)」が、
明日、7月2日(土曜日)から、
瑞浪市地域交流センターときわ
(瑞浪市寺河戸町)で始まる。
会期は7月30日(土曜日)まで。
時間は午前10時から午後4時まで。
入場無料。
07TN1_6982.jpg08TN1_7099.jpg
インターネットの電子図書館「青空文庫」から、
「時」や「時計」をテーマにした作品、
新美南吉の「うた時計」や、
小川未明の「時計のない村」、
芥川龍之介の「蜜柑」などを、
アクリル画・日本画・切り絵などで表現した。
出品者は、40歳代から70歳代までの6人で、
瑞浪市在住者は、
有賀正季さん(画家)、
01TN1_6995.jpg
栗木栄子さん(イラストレーター)、
02TN1_7006.jpg
中山尚子さん(イラストレーター)、
03TN1_7022.jpg
増田衣美さん(デザイナー)、
04TN1_7030.jpg
多治見市在住者は、
北村武志さん(画家)、
05TN1_7046.jpg
金光紀子さん(イラストレーター)。
06TN1_7059.jpg
この6人は、絵画・音楽・演劇の
3つのジャンルでつくるグループ、
「アートキューブ」の絵画部門のメンバー。
もともと、平成21(2009)年に結成し、
同じく3つのジャンルで編成したグループ、
トライ・アーツ・クラブ」のメンバーだったが、
音楽部門のメンバーが、大幅に入れ替わったため、
トライ・アーツ・クラブは、
平成30(2018)年12月に解散。
新たに「アートキューブ」として、再出発した。
ちなみに、絵画部門の6人は、
トライ・アーツ・クラブの時代と同じメンバー。
トライ・アーツ・クラブでは、年1回の展覧会を、
平成22(2010)年から、
平成30(2018)年まで、9回開催した。
01TN1_7104.jpg02TN1_7085.jpg03TN1_7120.jpg
また、全国の被災地を支援しようと、
「チャリティー販売コーナー」も併設。
絵画や陶磁器、ミニチュアアートなどのほか、
6人の作品が楽しめる来年のカレンダーも、
販売している(1部600円)。
なお、チャリティー販売コーナーのみ、
演劇部門の安江裕美さんも出品している。
04TN1_7078.jpg05TN1_7095.jpg06TN1_7089.jpg
7月16日(土曜日)は、
展覧会と同じテーマで、公演を行う。
公演は、朗読・演奏・絵画による劇で、
音楽部門のメンバーから、
安藤よしのさん(フルート)と、
森山康子さん(ピアノ)の2人が演奏し、
演劇部門のメンバーから、
いちかわあつきさん・加藤純子さん・
安江裕美さんの3人が朗読を披露する。
07TN1_7112.jpg08TN1_7074.jpg09TN1_7127.jpg
午前の部(午前11時開演)と、
午後の部(午後2時開演)の2回公演。
定員は各回50人。
入場料は、前売りが1000円で、
当日は1200円(小学生以下は無料)。
web-ART-CUBE-2022-EPSON121web-art-c-2022-01-EPSON126.jpgweb-art-c-2022-02-EPSON127.jpg
チケットの購入・問い合わせは、
瑞浪市地域交流センター「ときわ」
(TEL0572─66─1282)まで。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム