2022年07月08日 (14:34)

瑞浪保護司会が児童生徒に啓発物品を配布【第72回社明運動をPR】

瑞浪保護区保護司会(工藤誠会長)は、
第72回「社会を明るくする運動」をPRするため、
瑞浪市立の学校に通う小・中学生に、啓発物品
(小学生は鉛筆1本・中学生はボールペン1本)と、
リーフレットをセットにして配る。
01TN1_7345.jpg02TN1_7364.jpg
工藤誠会長ら保護司3人が、
瑞浪市立稲津小学校(稲津町小里)を訪れ、
稲津小学校の分を、
奥村尚浩校長(おくむらたかひろ)と、
児童会「山びこ委員会」の塚本星七委員長
(6年生・12歳・せな)に手渡した。
03TN1_7370.jpg04TN1_7384.jpg
7月は法務省が主唱する、
社会を明るくする運動」の強調月間。
瑞浪保護区保護司会では、
社会を明るくする運動を知ってもらうため、
毎年、街頭啓発活動を行っている。
今年は、おととし昨年と同様、
新型コロナウイルス感染症対策として、
スーパーマーケットなどで行う、
街頭啓発活動は取りやめた。
代わりに、今年も啓発物品などを、
小・中学生に配布することにした。
05TN1_7391.jpg06TN1_7397.jpg
なお、7月1日現在、瑞浪市内には、
公立の小学校が7校・公立の中学校が3校あり、
小学生は1721人・中学生は806人が、
在学している。
07TN1_7409.jpg08TN1_7412.jpg
瑞浪保護区保護司会の工藤誠会長は、
「保護司の仕事は、刑務所から出て来た人が、
地域社会に戻って生活できるように、
応援することです。
社会を明るくする運動とは、犯罪や非行が、
少なくなるように呼び掛ける、全国的な運動。
もし、塚本星七さんら児童の皆さんが、
1人でぽつんとしている子や、
悪いことをしようとしている子を見掛けたら、
黙っているのではなく、
ひと声掛けてあげてほしい。
そういう行動が、犯罪抑止につながるので、
よろしくお願いします」と述べた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム