2022年07月19日 (14:11)

中学1年生に緊急用ホイッスルを寄贈【多治見警察署管内商業防犯組合】

多治見警察署管内商業防犯組合は、
東濃西部3市の中学1年生に、
緊急用ホイッスル「非常用呼子笛」
(IDカード&ひも付き)を寄贈。
多治見警察署管内商業防犯組合の木田勉会長が、
瑞浪市役所を訪れ、山田幸男教育長に、
瑞浪市分の笛、290個を手渡した。
01TN1_9118.jpg02TN1_9125.jpg
多治見警察署管内商業防犯組合は、
古物営業の免許取得者らで組織。
現在、約170の事業所が加盟している。
加盟事業所の約8割が、自動車販売業を営んでおり、
訪問販売を行うため、地域の実情・情報に詳しい。
03TN1_9109.jpg04TN1_9129.jpg
緊急用ホイッスル(非常用呼子笛)の寄贈は、
連れ去り未然防止教育の一環として、
平成19(2007)年度から毎年、
続けている地域貢献事業。
今年は、7月14日(木曜日)に、
多治見市へ900個を贈り、
7月15日(金曜日)には、
土岐市へ500個を寄贈した。

多治見警察署管内商業防犯組合の木田勉会長
(兼同組合瑞浪支部支部長・73歳・きだつとむ・
有限会社木田自動車代表取締役社長)は、
「この笛を、鳴らす事案が起きないことがベスト。
かばんなどにぶら下げておくだけで、
子供たちの防犯意識が高まり、
犯罪抑止にもつながると思う。
防犯ブザーと違い、電池が不要なので、
高校生や大人になっても使える。
3市の中学生が、全員所持できるように、
今後も寄贈を継続していきたい」と語った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム