2022年07月23日 (21:15)

佐藤製陶所の技巧の洋食器を展覧【佐藤陶藝が瑞浪市に寄贈】

企画展「技巧の洋食器 Sato Art China」が、
本日、7月23日(土曜日)から、
瑞浪市陶磁資料館(明世町山野内)で始まった。
会期は10月10日(月曜日・祝日)まで。
01TN1_9956.jpg02TN1_9825.jpg03TN1_9816.jpg
「Sato Art China」とは、
故・佐藤比良夫さん(ひらお・佐藤平鋪)・
故・佐藤鋿平さん(しょうへい)兄弟が、
昭和22(1947)年ごろに、
可児郡広見町(現・可児市平貝戸)で創業した、
佐藤製陶所の製品。
昭和20(1945)年代から、
昭和30(1955)年代に掛けては、
磁器製の洋食器を製造し、
アメリカやヨーロッパなどへ輸出した。
04TN1_9878.jpg05TN1_9867.jpg06TN1_9903_20220724081329bc6.jpg
その特徴は、ひも状に加工した粘土を、
網目状に編み込んだ「網目磁器」と、
手づくね(手びねり)や型抜きで文様を作り、
器に貼り付ける装飾技法
「貼付文」(はりつけもん)
《または「貼花」(ちょうか)とも》。
なお、昭和40(1965)年代に入ると、
志野や黄瀬戸など、伝統工芸に製品を転換。
会社も、佐藤製陶所から、
現在の株式会社佐藤陶藝(佐藤陶芸)に、
改称・改組(法人化)した。
07TN1_9915.jpg08TN1_9847.jpg09TN1_9908.jpg
株式会社佐藤陶藝は、令和3(2021)年に、
佐藤製陶所時代に製造した、陶磁器168点と、
生産用具約30点を、瑞浪市に寄贈。
会場には、寄贈品のうち、陶磁器62点と、
生産用具16点を展示している。
※下の写真は、
佐藤公一郎社長と妻の佐藤双子さん(ふたこ)。
10TN1_9874.jpg11TN1_9918.jpg12TN1_9852.jpg
佐藤鋿平さんの息子で、
株式会社佐藤陶藝の佐藤公一郎代表取締役社長
(67歳・さとうこういちろう・
美濃焼伝統工芸士)は、
「可児市は、産業としての焼きものがなく、
磁器への関心が低い。
産業として、磁器を製造してきた瑞浪市なら、
理解力があり、宝として扱ってもらえると思い、
寄贈先に決めた。
あらためて寄贈品を見ると、
デザイン力・発想力ともに豊か。
また、戦後の復興に励もうとする、
時代の力強さも感じる。
簡単にはまねできず、尊敬できる」と語った。
web03-sato-art-china-2022-EPSON022.jpgweb04-sato-art-china-2022-EPSON021.jpg
web01-sato-art-china-2022.jpgweb02-sato-art-china-2022-EPSON024.jpg
問い合わせは、瑞浪市陶磁資料館
(TEL0572─67─2506)まで。
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム