2022年08月03日 (15:57)

整理券の申込開始日は8月9日(火)【R4美濃歌舞伎公演】

美濃歌舞伎保存会(小栗幸江会長)は、
9月30日(金曜日)と、
10月1日(土曜日)の両日、
美濃歌舞伎博物館「相生座」(瑞浪市日吉町)で、
美濃歌舞伎公演を開催する。
両日とも整理券が必要。
整理券の申込開始日時は、
来週、8月9日(火曜日)午前9時。
TN1_2301.jpg
美濃歌舞伎は、瑞浪市無形民俗文化財。
美濃歌舞伎保存会では、年2回、
地歌舞伎公演を、相生座で開催している。
過去、8月の最終土曜日に「納涼公演」を、
10月の第1金曜日に「敬老公演」を、
それぞれ行っていた。
平成27(2015)年からは、
両公演とも9月の下旬ごろとし、
2日連続公演に変更した。
web-2022-r4-minokabuki-EPSON046.jpg
令和2(2020)年は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
「第46回・敬老公演」と、
「第49回・長月公演」を中止(回数はカウント)。
令和3(2021)年は、観客を入れずに、
「第47回・敬老公演」と、
「第50回・長月公演」を催した
(50周年記念事業として、
DVD制作のための公演)。
web01DSC_7899.jpgweb02DSC_7906.jpgweb03DSC_7920.jpg
今年、令和4(2022)年は、
9月30日(金曜日)午前11時から、
「第48回・敬老公演」を、
10月1日(土曜日)午後4時30分から、
「第51回・長月公演」を、それぞれ行う。
なお、敬老公演と銘打っているが、
一般客も来場できる。
web04DSC_7933.jpgweb05DSC_7943.jpgweb06DSC_7951.jpg
演目は、両日とも、
「青砥稿花紅彩画・稲瀬川勢揃いの場」・
「鬼一法眼三略巻 三段目 菊畑の場」・
「伽羅先代萩 御殿から床下まで」の3題。
振り付けは、日本舞踊家で、
松川流二世家元の松川竜之介さん
(愛知県豊田市・40歳・たつのすけ)が担当。
今年の「子どものための美濃歌舞伎伝承教室」
(美濃歌舞伎こども伝承教室)では、
瑞浪市または土岐市に住む、
5歳から高校1年生まで、8人が学んでおり、
美濃歌舞伎保存会のメンバーとともに出演する。
web07DSC_7995.jpgweb08DSC_7986.jpgweb09DSC_7981.jpg
整理券の申し込みは、1人につき、4席まで。
整理券の申し込みは、ミュージアム中仙道内、
美濃歌舞伎博物館「相生座」事務局
(TEL0572─68─0205)まで。
【稽古(けいこ)の写真=地歌舞伎ひろめ隊提供】
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム