2022年08月05日 (23:01)

玉樹昂誠・田中瑛登両選手がサッカーの全国大会へ【FCV可児U-15】

土岐市立西陵中学校の3年生、
玉樹昂誠選手(土岐市下石町在住・15歳・
たまきこうせい・センターバック・キャプテン)と、
田中瑛登選手(土岐市下石町在住・14歳・
たなかえいと・フォワード)が所属する、
サッカーのクラブチーム「FCV可児」が、
第37回日本クラブユースサッカー選手権
(U-15)大会

《帯広の森球技場など4会場(北海道)・
8月15日(月曜日)~
8月24日(水曜日)開催》に出場する。
01TN1_3113.jpg02TN1_3123.jpg03TN1_3130.jpg
玉樹昂誠選手・田中瑛登選手が、
母親・FCV可児の野村次郎代表と一緒に、
土岐市役所を訪れ、山田恭正教育長に、
全国大会へ向けた、意気込みを語った。
04TN1_3142_20220806015032445.jpg05TN1_3150.jpg06TN1_3159.jpg
玉樹昂誠選手・田中瑛登選手は、2人とも、
親がサッカーをやっており、4歳から始めた。
FCV可児は、可児市を中心に活動する、
総合型地域スポーツクラブFCV」の
サッカーチーム。
岐阜県大会で優勝し、東海大会では5位となり、
全国大会への出場を決めた。
FCV可児のU-15が、
全国大会へ出場するのは初めて。
07TN1_3166.jpg08TN1_3175.jpg09TN1_3190.jpg
玉樹昂誠選手は、
「キャプテンとして、チームを引っ張りたい。
試合中は、必ず苦しい時間があるので、
チームのメンタル面を支えたい」と述べ、
田中瑛登選手は、
「親・監督・コーチ・チームメイトに感謝し、
北海道では、自分の力を出し切りたい。
誰もが声を掛け合える明るいチーム。
全員で喜ぶためにも、点を取りたい」と語った。
web01-FCV-kani-2022-EPSON060.jpgweb02-FCV-kani-2022-EPSON061.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム