2022年08月06日 (15:37)

村瀬信吾さんと水野俊治さんが2人展【妻木町のスペース岳】

仏画師の村瀬信吾さん
(土岐市泉町久尻・69歳・しんご)と、
陶芸家の水野俊治さん
(加茂郡八百津町・69歳・としはる)による、
「二人展」が、昨日、8月5日(金曜日)から、
ギャラリースペース岳で始まった。
会期は8月14日(日曜日)まで。
01TN1_3042.jpg02TN1_3098.jpg
村瀬信吾さんの経歴や技法などは、
過去記事」を参照。
村瀬信吾さんはデジタル版画技法を用いた仏画、
15点を展示・販売。
「胎蔵曼荼羅」と「金剛界曼荼羅」の
両界曼陀羅(まんだら)」は、
計約1800体の仏を、1体ずつ描いている。
また、高野山の国宝「阿弥陀聖衆来迎図」や、
當麻寺の「浄土変相図」(当麻曼荼羅)のほか、
東寺の国宝「十二天屏風」は、
1体ずつ分けて、復元模写している。
03TN1_3109_202208061718248f4.jpg04TN1_3080.jpg
陶芸家の水野俊治さんは、愛知県常滑市の出身。
英知大学・仏文科を卒業後、
フランス語の通訳や翻訳などに従事した。
高校時代に窯業を学んでおり、再び焼きものの道へ。
平成4(1992)年に、
愛知県立窯業高等技術専門校を卒業すると、
同専門校の講師を勤めた。
平成9(1997)年には、八百津町に、
陶房「風姿」(ふうし)を開窯した。
会場では、炭化焼き締めなどの技法を用いた、
花器や食器、約120点を展示・販売している。
05TN1_3076.jpg06TN1_3092.jpg
同い年の村瀬信吾さんと水野俊治さんは、
中津川市内のギャラリーで知り合い、
昨年、長野県で、2人展を初開催。
今回で、2人展は2回目。
2人は「互いに違う作品なので、けんかせず、
相乗効果が生まれる。
平面作品と立体作品が調和する空間を、
楽しんでもらいたい」とか、
「互いの知り合いが来場してくれるので、
交友関係が広がる。
2人展ならではの良さを、
感じてほしい」などと語った。
07TN1_3094.jpg08TN1_3056.jpg
土岐市妻木町391─4/
8月11日(木曜日)は定休日/
営業時間は午前10時から午後5時まで/
TEL0572─57─3360/
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム