2022年08月09日 (15:57)

ビームスの監修で瑞浪市の産品をブラッシュアップ【8事業者が参加】

瑞浪市は、衣服や雑貨などを扱う株式会社ビームス
(本社・東京都渋谷区、BEAMS)に、
自社製品のプロデュースを依頼したい、
瑞浪市内の事業者を募集。
製陶業や木工業、養蜂(ようほう)業、
農畜産物加工業など、8事業者が手を挙げた。
ビームスのバイヤーとプランナーが、
6月から8月まで、各月1日、事業者を訪問。
ビームスの助言による、既製品のブラッシュアップや、
新商品の開発などが、詰めの段階に入っている。
01TN1_3865.jpg02TN1_3868.jpg
瑞浪市は、セレクトショップを展開するビームスに、
瑞浪市の産品を監修してもらうことで、
産業の活性化を図ろうと、
「地場産品ブラッシュアップ事業」を実施。
近隣市では、美濃加茂市でも、
同様の事業が行われているが、
東濃5市では初めて。
03TN1_3870_20220809163525714.jpg04TN1_3877_20220809163525c43.jpg
ビームスが監修した瑞浪市の産品は、
9月28日(水曜日)から、
10月10日(月曜日)まで、
ラシック(LACHIC・名古屋市)で販売(予定)。
また、11月1日(火曜日)から、
12月31日(土曜日)までは、
ビームスのオンラインショップでも売る(予定)。
05TN1_3889.jpg06TN1_3879.jpg
本日は、ビームスのバイヤーとプランナーが、
4事業者を巡回(3回目)。
陶磁器の製造・販売業「株式会社深山」
(瑞浪市稲津町小里・みやま)では、
サンプルの出来を確認したり、セット商品の
色の組み合わせを決めたりした。
深山の担当者によると、ビームスからは、
これまでは単品で出していた、
ご飯茶わん・マグカップ・皿(プレート)を、
セットにして販売することや、植木鉢の底に、
穴を開けるといった、アドバイスを受けたという。

なお、瑞浪市は、11月1日(火曜日)から、
ブラッシュアップされた商品などを、
ふるさと納税の返礼品に加えるとのこと。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム