広告表示


2022年08月13日 (13:51)

中上良子のデザインをたどる【土岐市美濃陶磁歴史館で初の回顧展】

企画展「中上良子
陶磁器デザイナー・エマイユ作家として」が、
本日、8月13日(土曜日)から、
土岐市美濃陶磁歴史館(泉町久尻)で始まった。
会期は11月13日(日曜日)まで。
※敬称略。
01TN1_4235.jpg02TN1_4241.jpg03TN1_4316.jpg
陶磁器デザイナーで、
エマイユ(七宝)作家の故・中上良子
(1932─2005・なかがみよしこ)は、
現在の岐阜県高山市の出身。
画家の徳永富士子に洋画を学び、
岐阜県立高山高等学校を卒業すると、
「太洋陶園」(多治見市)に入社した。
太洋陶園で、絵付け作業に従事していた際、
陶磁器デザイナーの日根野作三
(1907─1984)に、芸術センスや、
絵画の才能を見いだされた。
04TN1_4265.jpg05TN1_4283.jpg06TN1_4290.jpg
日根野作三の紹介で、
土岐市下石町の「知山陶苑」へ移ると、
銅版転写のデザインに携わるようになった。
動植物や幾何学模様などをモチーフに、
繊細なデザインを考案すると、
銅板への彫りや腐食も、自分自身で行うことで、
線の強弱や手仕事感なども、表現していった。
07TN1_4251.jpg08TN1_4244.jpg09TN1_4255.jpg
陶磁器デザイナーとしての評価を得ると、
七宝のデザインも、求められるようになった。
図案を提供しているうちに、絵画的な七宝
「エマイユ」ならではの色彩に魅せられた。
エマイユ制作のすべてを手掛けるようになると、
陶磁器とエマイユを融合させるなど、
独自の世界を開いた。
10TN1_4321.jpg11TN1_4336.jpg12TN1_4278.jpg
日根野作三は、中上良子について、
「私は幾人かの女性デザイナーを見て来た。
女性は男性におとるものではないが、
陶ジキのDesignにおいて中上良子の様な
勝れた素質をもった女性は一人もなかった。
中上君は名声も欲しないし、
銭もうけにも淡白たる女性である。
下石(オロシ)の田舎に引こもって黙々と
自分の世界を開くことに自分の人生を
かけているのであろう」と評している。
web01-yoshiko-nakagami-EPSON074.jpgweb02-yoshiko-nakagami-EPSON075.jpgweb03-yoshiko-nakagami-EPSON065.jpgweb04-yoshiko-nakagami-EPSON067.jpg
問い合わせは、土岐市美濃陶磁歴史館
(TEL0572─55─1245)まで。
web05-yoshiko-nakagami-EPSON069.jpgweb06-yoshiko-nakagami-EPSON071.jpgweb07-yoshiko-nakagami-EPSON077.jpg
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告表示



広告表示