アマゾン-工具


2022年08月15日 (11:31)

土岐市遺族連合会がR4戦没者追悼式【戦没者1629人を慰霊】

本日、8月15日(月曜日)は、
77回目の「終戦記念日」。
土岐市遺族連合会(吉川時行会長)は、
「令和4(2022)年度・
平和祈念土岐市戦没者追悼式」を、
セラトピア土岐(土岐市土岐津町高山)の
大会議室(3階)で開いた。
01TN1_4343.jpg02TN1_4345_202208151228047b6.jpg03TN1_4352.jpg
土岐市には、市内8つの町ごとに、
戦没者の慰霊碑が建立されており、
以前は各町ごとに「慰霊祭」を営んでいた。
平成27(2015)年に、
戦後70年の節目を迎え、
遺族の高齢化が進んでいることなどから、
合同による追悼式を、初めて開催した。
04TN1_4368_20220815122804516.jpg05TN1_4366.jpg06TN1_4381.jpg
07TN1_4401.jpg08TN1_4413.jpg09TN1_4420.jpg
8町合同での追悼式は、今年で8年目。
会場では、土岐市から出征し、
太平洋戦争で犠牲となった、
1629人の戦没者を祭った。
来賓として、加藤淳司市長と、
水野哲男市議会議長を招いた。
10TN1_4426.jpg11TN1_4444.jpg12TN1_4451.jpg
戦没者追悼式には、
来賓・遺族ら約60人が参列。
新型コロナウイルス感染症対策のため、
国歌「君が代」は斉唱せず、
伴奏のみを会場に流した。
続いて、戦没者に黙とうをささげた。
13TN1_4457.jpg14TN1_4465.jpg15TN1_4477.jpg
16TN1_4482.jpg17TN1_4486.jpg18TN1_4491.jpg
土岐市遺族連合会の吉川時行会長
(下石町・82歳・よしかわときゆき)は、
「時代の流れは早く、終戦から77年を迎えた。
先の大戦において、土岐市では、
1629人の尊い命が祖国のためにささげられた。
このたびのロシアによる軍事侵攻は、
平和について、再認識をさせられた。
破壊尽くされるウクライナの国土や、
悲しみに暮れるウクライナの人々の映像を見ると、
私たちが体験した悲しみが、二重写しとなって、
胸に迫ってくる。
戦災孤児と言われる我々も高齢化し、
先の大戦が、一層風化する様相となってきた。
平和を願い、歴史を顧みながら、
戦争の惨禍を再び繰り返さないためにも、
戦争の悲惨さ・命の尊さを、
しっかりと次世代へ伝えていきたい」と、
追悼の言葉を述べた。
19TN1_4498.jpg20TN1_4502.jpg21TN1_4512.jpg
参列者全員で、白菊を献花し、
平和への思いを新たにした。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム