2022年08月21日 (15:57)

土岐市子ども会連合会が木工教室【全建総連土岐多治見総支部が協力】

地元の大工らが協力する、
「親子で楽しむ木工教室」が、
土岐市立泉西公民館のふれあいホール
(泉が丘町)で開かれた。
01TN1_5422.jpg02TN1_5428.jpg03TN1_5444.jpg
木材を使ったものづくりの楽しさを、
親子で体験してもらおうと、
28年前から毎年、この時期に行っており、
好評を博している。
※令和2(2020)年は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、中止。
04TN1_5456.jpg05TN1_5468.jpg06TN1_5487.jpg
以前は、土岐市教育委員会生涯学習課が、
主催していたが、
平成31/令和元(2019)年からは、
土岐市子ども会連合会(浅野友和会長)に変更。
主催者の変更に伴い、
「ホリデーがくえん・親子で楽しむ木工教室
というイベント名から、
「ホリデーがくえん」の部分を削除した。
07TN1_5498.jpg08TN1_5502.jpg09TN1_5508.jpg
また、例年は、セラトピア土岐の大ホール
(土岐市土岐津町高山)で催してきたが、
新型コロナウイルスワクチンの
集団接種会場になっており、昨年に引き続き、
今年も泉西公民館で開催した。
10TN1_5660.jpg11TN1_5667.jpg12TN1_5583.jpg
大工・塗装工・電気工事士などでつくる、
「全建総連土岐多治見総支部」
(藤田洋行総支部長)のメンバー、
10人が手伝った。
なお、平成28(2016)年9月に、
全建総連土岐総支部と、
全建総連多治見総支部は合併し、
「全建総連土岐多治見総支部」になった。
13TN1_5595.jpg14TN1_5628.jpg15TN1_5620.jpg
木工教室は人気が高いため、
昨年は希望者を抽選で絞った。
今年は「午前の部」と「午後の部」の
2部構成に変更したことで、
希望者全員が参加できた。
今年の木工教室には、
土岐市内の小学生と保護者、
2部合わせて、38組・85人が参加。
親子らは、既に材料がセットになっている、
「スパイスラック」・「ブックスタンド」・
「イス(踏み台)」の3種類から、
1つを選び、組み立てた。
16TN1_5623.jpg17TN1_5541.jpg18TN1_5545.jpg
以前は、旧全建総連土岐総支部が、
オリジナルのキットを用意していた。
平成27(2015)からは、加子母森林組合
モクモクセンター」(中津川市加子母)の
オリジナルのキットを購入している。
ちなみに、今年の1番人気も、
ブックスタンドだった。
19TN1_5598.jpg20TN1_5608.jpg21TN1_5573.jpg
今年は最初に、大工らが実演。
真っすぐに釘(くぎ)を入れる打ち方や、
真っすぐに切る鋸(のこぎり)のひき方などを教えた。
大工らは、子どもと一緒に鋸をひいたり、
電動ドリルを使って、穴あけを手伝ったりした。
22TN1_5547.jpg23TN1_5605.jpg24TN1_5637.jpg
夏休みの工作を、2時間弱で完成させるため、
子供よりも親の方が、真剣に取り組んでいた。
会場いっぱいに金づちの音が響く中、
完成した親子から、作品を持ち帰った。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム