2022年08月30日 (16:13)

中京高校の軟式野球部が深紅の大優勝旗を母校に【11度目の全国制覇】

中京高校(瑞浪市土岐町・和田尚校長)の
軟式野球部(平中亮太監督)が、
「第67回全国高等学校軟式野球選手権大会」で、
3年ぶり11回目の優勝を果たした。
01TN1_6587.jpg02TN1_6605_202208301833278d2.jpg03TN1_6610.jpg
04TN1_6618.jpg05TN1_6623.jpg06TN1_6627.jpg
本日、8月30日(火曜日)には、
激闘を終えた選手らが、
深紅の大優勝旗を先頭に帰校。
瑞浪市の山田幸男教育長や、
中京高校野球後援会
(硬式野球部&軟式野球部)の
小栗久美子会長らが、お祝いに駆け付けた。
07TN1_6632.jpg08TN1_6637_2022083018341301c.jpg09TN1_6641.jpg
10TN1_6652.jpg11TN1_6658.jpg12TN1_6686.jpg
決勝戦は、昨日、8月29日(月曜日)に、
明石トーカロ球場(兵庫県明石市)で行われ、
東海代表の中京高校は、
大阪代表のあべの翔学高校
(大阪府大阪市阿倍野区)と激突。
4対3で、サヨナラ勝ちを収めた。
13TN1_6693_20220830183453015.jpg14TN1_6670.jpg15TN1_6703.jpg
16TN1_6710.jpg17TN1_6722.jpg18TN1_6727.jpg
中京高校の伊佐次快麻主将
(3年生・いさじかいま・捕手)は、
「昨年の夏の思い出から一年、
昨日の全国大会の決勝では、練習してきた成果を、
すべて出し切ることができました。
さよなら勝ちという形で、勝利を収めることでき、
とてもうれしかったです。
全国大会では楽に勝てる試合はありませんでした。
しかし、チーム一丸となり、優勝旗を、
瑞浪市や中京高校に持ち帰ることができました。
とても暑い中でしたが、
先生や応援3部の皆さんのおかげで、
優勝することができました。
本当にありがとうございました」と、
全国制覇(日本一)達成を報告した。
19TN1_6677.jpg20TN1_6735.jpg21TN1_6750.jpg
22TN1_6755.jpg23TN1_6767.jpg24TN1_6774.jpg
優勝11回は、単独で歴代最多となった
(優勝10回は、昨年の覇者・
作新学院高校と最多タイだった)。
中京高校(東海・岐阜県)の
全国大会での戦績は下記の通り。
【1回戦】比叡山高校(近畿・滋賀県)4対1
【準々決勝】上田西高校(北信越・長野県)5対0
【準決勝】三浦学苑高校(南関東・神奈川県)2対0
【決勝】あべの翔学高校(大阪・大阪府)4対3
25TN1_6796.jpg26TN1_6791.jpg27TN1_6804.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム