2022年09月02日 (22:41)

野生いのししからCSF(豚熱)《46》【土岐市で1頭が陽性】

岐阜県は、家畜伝染病「豚熱」《ぶたねつ・CSF・
旧名称=豚コレラ(とんこれら)》の発生に伴い、
野生いのしし(猪・イノシシ)の
感染確認検査(PCR検査)を実施。
令和4(2022)年
8月26日(金曜日)から、
9月1日(木曜日)までに、
判明した結果を発表した。
検査を実施した70頭中2頭に、
陽性判定が出た。
検査結果発見・捕獲場所発見・捕獲日発見状態性別成子の別体長体重検査日
①陽性土岐市曽木町地内8月26日調査約75センチ約20キロ8月30日
調査とは岐阜県と岐阜県猟友会が実施する、
「野生いのしし調査捕獲」によるもの。
ほか陽性1頭は、岐阜市打越地内。
web-2022-09-01-inoshishi-PCR.jpg
なお、岐阜県内で、
豚熱の感染(CSF陽性判定)が、
確認された野生イノシシは、現時点で、
合計1252頭(検査実施8707頭)となった。
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム