2022年09月11日 (18:18)

真山亜子さんをスペシャルサポーター「第1号」に【ふるさと土岐市が委嘱】

土岐市は、土岐市駄知町出身の声優・
真山亜子さん(芸名・63歳・まやまあこ)を、
「ふるさと応援!ときげんきプロジェクト
スペシャルサポーター」に選んだ。
セラトピア土岐(土岐市土岐津町高山)で、
委嘱状交付式を開き、加藤淳司市長が、
真山亜子さんに『巨大な名刺』を手渡した。
01TN1_8932.jpg02TN1_8939.jpg03TN1_8947.jpg
04TN1_8962.jpg05TN1_8973.jpg06TN1_8996.jpg
土岐市は、土岐市にゆかりのある人たちから、
知識や経験を生かした支援を受けることで、
魅力あるまちづくりを推進していこうと、
令和2(2020)年に「土岐市ふるさと応援!
スペシャルサポーター設置要綱
」を規定。
真山亜子さんは、スペシャルサポーターの第1号で、
土岐市の主要事業の1つ、全世代健康寿命延伸事業
「ときげんきプロジェクト」について、
協力・活動してもらう。
07TN1_9003.jpg19-TN1_9106.jpg09TN1_9032.jpg
委嘱状交付式の終了後には、
土岐市地域医療協議会《加藤訓章会長
(土岐歯科医師会会長・くにあき)》による、
健康講演会「泣き笑いストーマ物語・
真山亜子の場合」を開催。
市民ら約70人が聴講した。
11TN1_9081.jpg12TN1_9075.jpg13TN1_9084.jpg
20-TN1_9087.jpg14TN1_9040.jpg15TN1_9007.jpg
登壇した真山亜子さんは、これまでに担当してきた、
アニメのキャラクターなどを紹介した後、
自身が抱えている難病「ベーチェット病」や、
「クローン病」についても説明。
平成14(2002)年には、
大腸と小腸を手術しており、
ストーマ(人工肛門・人工膀胱の総称)を造設した、
オストメイト」になった経緯や、
排せつ物をためる「パウチ」の仕組み、
それに伴う苦労話なども語った。
16TN1_9089.jpg17TN1_9092.jpg18TN1_9100.jpg
真山亜子さんは、
「スペシャルサポーターに、
委嘱していただいたので、
声優・語り部としての朗読や、
自分の病気についての話を、
土岐市の中学生や高校生にも、
聴いてもらいたい」と述べた。
※写真に写っているイラスト(絵・構成)は、
岡田潤さん (画家・児童文学作家)によるもの。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム