2022年09月17日 (18:25)

瑞浪芸術館で李朝陶磁と絵画展【坐忘さんの収集品と作品を】

「李朝陶磁と座忘絵画展~美への遍路~」が、
本日、9月17日(土曜日)から、
NPO瑞浪芸術館(瑞浪市稲津町)で始まった。
会期は9月25日(日曜日)まで。
01TN1_9729.jpg02TN1_9734.jpg
今展は、静岡県浜松市で、美術ギャラリー
「坐忘」(座忘・ざぼう)を営んでいる、
金本一夫さん(かねもとかずお)の
絵画作品と陶磁コレクションを展覧。
李朝陶磁とは、朝鮮半島にあった王朝
李氏朝鮮」(りしちょうせん)の時代
(1392年~1897年)に作られた、
陶磁器のこと。
03TN1_9791.jpg04TN1_9796_20220917193153060.jpg
会場には、『坐忘さん』こと、
金本一夫さんが収集してきた、
「三島徳利」や「粉引片口」、「白磁大壺」、
「白磁鉄彩筒型瓶」など、約40点を展示・販売。
また、坐忘さん(座忘)が描いた、
水彩による抽象画、約10点も飾っている。
05TN1_9784.jpg06TN1_9761.jpg
なお、瑞浪芸術館では明日、
9月18日(日曜日)午後2時から、
坐忘さんによる「ギャラリートーク」が行われる。
07web-2022-09-rityou-mizu.jpg
瑞浪市稲津町萩原1220─2/会期中無休/
入館料は一般が500円で、学生は300円/
開館時間は午前10時から午後5時まで/
TEL0572─66─2170/
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム